嵐活動休止本当の理由の悲しい裏事情!解散しない説やファンの反応を解説

嵐活動休止本当の理由の悲しい裏事情!解散しない説やファンの反応を解説

2020年も後半を過ぎ、国民的アイドルグループ「嵐」が活動休止をするまで半年を切ってしまいましたね。

嵐の活動休止が発表された当時は、日本中が衝撃を受け、ファンの中には”悲しい、やだ!”と号泣してしまう方もいたのではないでしょうか。

大人気だっただけに、5人での歌やバラエティーでの姿が見られなくなるのは悲しいし寂しいと思う人も多いはず。

嵐が事実上解散しないのか、嵐活動休止本当の理由や裏事情は何なのか、タッキーとの確執が原因?と色々気になっている方もいるはず。

そこで、今回は2020年12月31日を最後に活動休止に入る嵐の

・嵐活動休止本当の理由、裏事情

・嵐活動休止の発表タイミングの理由

・”やだ、寂しい”と号泣するファンの反応

・事実上解散しないのか

について、まとめたいと思います。

 

嵐活動休止本当の理由の悲しい裏事情とは?

人気アイドルグループ嵐の活動休止発表には2019年、年明け早々、衝撃を受けた方も多かったと思います。

そんな衝撃の嵐の活動休止ですが、嵐が活動休止に至った原因がタッキーなのでは⁈という噂が一部であるようです。

その噂がたった理由は…

①タッキーと嵐の確執

②タッキーと櫻井翔の不仲説

といったものです。

一つ目の「タッキーと嵐の確執」は、Jr.時代から甘く完璧なルックスで絶大な人気を誇っていたタッキーよりも先に嵐がメジャーデビューをしたことにより、確執が生じたと言われているようです。

しかし、この嵐のデビューについて、2016年7月14日放送の「櫻井・有吉THE夜会」内のタッキー&櫻井翔サシ飲み企画で、タッキーは、

「嵐のデビューが決まった瞬間に、滝沢が入ってなかったって色々言われたんだけど、ジャニーさんに"YOUはまださせられないから"って言われてて。だから、嵐のデビューについても聞いてたから衝撃もなく、ただ、良かったなって。だから、みんなで思いっきり送り出そうぜ!って話も皆として」

とも発言しており、デビューに関する確執はなかったように思われます。

また、二つ目の「タッキーと櫻井翔の不仲説」についても同企画内で櫻井さんが、

「ファンの人が"仲悪いんじゃないか"って思っていたのも理解できる。本当は、たまたまグループが違うから話さなかっただけでなく、ちょっとタッキーのことを斜めに見てたと思う」

「(Jr.時代のタッキーの活躍を見て)戦ってもな…これ努力する意味あんのかなって思っていた」

また、タッキーさんも、

「俺は、松潤とか相葉ちゃん、にの達のグループになって、彼らといる時間が多くなって。」

という当時の関係や胸の内を明かしています。

確執とまではいかなくても、競争の激しいJr.時代のモヤモヤが2人の距離を少し遠くしていたのは事実のようです。

しかし、「不仲」ということでは決してなく、接点がなかっただけとも発言しており、このサシ飲み企画でわだかまりが取れたのではないでしょうか?

また、最近では「不仲説」がネタとしていじられることも多く、風間俊介さんにいじられたり、夜会やVS嵐でも再度取り上げられたりしていて今では笑い話となっているようです。

なので、嵐の活動休止とタッキーには因果関係はないと思われます!

 

嵐活動休止本当の理由裏にファンの反応は?

活動休止について、ファンとしては様々思うところがあるようですが、確執や不仲はなかったと考えているようです。

というのも、ファンの間では大野智さんが以前から嵐を辞めたいと思っていたことが有名だったようです。

そのため、活動休止は5人で話し合った結果であり、外部からの圧力なり不仲が原因ではないことが予想できるからです。

また、ファンの間でも櫻井&タッキーの不仲説は今や「ビジネス不仲」とネタにされており、微笑ましいやり取りのようです。

なので、人気絶頂の嵐の活動休止に何か裏があるのではと勘繰った人たちによる噂なのかなと思います。

 

嵐活動休止本当の理由裏は解散しない?ファンの反応は?

活動休止と発表されて、やはり考えてしまうのが「解散」ですよね。

ファンにとってこのワードほど怖いものはないでしょう。

実際、活動休止期間は明確にされておらず、KAT-TUNのように短期間の活動休止(充電期間)とも思えないのでファンとしては冷や冷やですよね。

メンバーの年齢を考えると再始動ってあるのか…と不安になるのもわかります。

嵐として出演していた冠番組もなくなるし、ファンクラブも2021年以降の存続を検討…とまるで解散するかのような扱いに動揺が隠せないファンも多いようです。

しかし、これまでの嵐のファンや関係各所に対する気遣いを見ると、再始動をする気がないのに「活動休止」という言葉は選ばないでのはないかと思います。

また、2019年の24時間TV内で、相葉雅紀さんが

僕は、休止と書いてパワーアップと読むと思っている。 パワーアップした僕らは、応援してくれるファンのために、メンバー1人1人が愛している嵐のために、近い将来、絶対グループ活動しよう。 でもその前に、この5人で絶対にトップになろう。 ほんとにほんとに嵐でよかった。

という手紙を読み上げました。

この「休止と書いてパワーアップと読む」という言葉に、ファンの間では再始動を信じて応援し続ける!という方も多いようです。

この言葉通り、パワーアップした5人が「嵐」として、テレビなどで活躍している姿を見られることを願っています!

 

嵐活動休止ファンの反応は?

ファンの方々も”解散しないよね…?”と思う中、嵐5人の言葉を信じて待つという方が多いようです。

会見でも、「解散」という言葉を報道陣が出すと、「解散ではないです」と松本潤さんがはっきり否定をしているので、解散はないと信じたいですね!

 

嵐活動休止の発表タイミングの理由は?

2019年1月27日に発表された嵐の活動休止。

なぜこの日付、このタイミングだったのかと疑問に思った方もいるでしょう。

これもいろいろな視点からみると巧妙に定められたタイミングだったことがわかります。

①嵐のドームツアー申込前日

活動休止前にファンに直接感謝を伝えられるコンサート。

そして、そのチケットの申し込み開始が1月28日と活動休止会見の翌日。

もし申し込み後であれば、ファンとしては納得のいかないものだったかもしれないので、ファンのことを思っての発表タイミングだったと思います。

②発表したのが活動休止2年前

活動休止で嵐5人での冠番組やCMが終了するのは確実ですよね。

そうなると、テレビ局は新番組を制作しなければならなくなりますが、活動休止の約2年前に発表することで、準備や調整に支障をきたすことに配慮したと考えられます。

人気グループで、持っている契約が多いからこそ、そして何より番組制作などの大変さを知っているからこそできる配慮だと思います。

③King&Princeの主演部隊の千秋楽後

実は会見当日、東京・日比谷の帝国劇場では、King&Princeの主演舞台の千秋楽があり、閉幕は午後4時過ぎ。

会見時間は午後5時からだったので、本番中に発表をしてしまうと、King&Princeの晴れ舞台を乱すことになるかもしれないという配慮があったのではと言われています。

このように、ファンやテレビ局、後輩などの関係各所への配慮をした上での、2019年1月27日17時の会見だったということがわかりますよね。

ファンや関係者への気遣いや、周囲の人やこの環境を大切に思っていることがこの会見や5人の言葉に込められているように感じます。

だからこそ、誰もが彼らの魅力に惹きつけられ、再始動してほしいと願うグループですよね!

 

まとめ

「嵐活動休止本当の理由の悲しい裏事情!解散しない説やファンの反応」と題して解説してきました。

2020年12月31日をもって活動休止に入る嵐。

レギュラー番組も多く、毎日と言ってもいいほど5人の姿を見てきたので、その姿をしばらく見られなくなると思うと寂しくもあり、ファンなら号泣必至ですよね。

そんな衝撃的な活動休止の原因はタッキーでなく、そんな噂がでた理由も単なる周囲の勘繰りだったのかなと思います。

しかし、その裏の理由はなんなのか、タッキーが原因なのでは⁈という噂が立つことからも、世間から多くの注目が集まっていることがわかりますよね。

事実上解散なのではと囁かれること自体、嵐ファンはやだ、悲しいと思うでしょうし、絶対に解散しないと願っている方ばかりだと思います。

しばらく5人そろった姿を見ることができないことはファンの反応は寂しいという声が圧倒的でした。

けれど、活動休止をやだ、悲しいとマイナスに捉えるのではなく、大好きな彼らの魅力がさらに磨き上げられ、新しい一面を見ることができるかもと期待している方もいるようです。

事実上解散という噂を払拭し、さらにパワーアップした嵐の再出発の日を楽しみに、この2020年後半を全力で応援しましょう!

-
-, ,

© 2020 動画ジャパン Powered by AFFINGER5