SixTONESとSnowMan格差の違いで関係性は不仲?身長一覧の比較も!

SixTONES

SixTONESとSnowManメンバー仲良し不仲どっち?格差違いで関係性は?

2020年にデビューを飾ったSixTONESとSnowManのメンバー。

ジャニーズJr.のグループの中でも人気を博している彼らのデビュー日がいつでどんな格差の違いがあったのか、関係性は不仲なのか仲良しどっちなのか、知りたいという方も多いはず。

また、SixTONESとSnowManのメンバーの平均身長一覧や誕生日一覧も気になるところですよね。

そこで今回は、そんなSixTONESとSnowManのこちらの情報をお届けします!

・格差の違い、関係性は不仲なのか仲良しどっちなのか

・レーベルの違いの理由

・デビュー日や裏エピソード

メンバーの平均身長と誕生日一覧もあわせて紹介していきますので、個性的なSixTONESとSnowManの違いも参考にしてくださいね!

 

SixTONESとSnowManメンバーの平均身長と誕生日一覧比較!

2015年に、髙地優吾・京本大我・田中樹・松村北斗・ジェシー・森本慎太郎の6人で結成されたSixTONES(ストーンズ)。

ジャニーズJr.の中でもファンが多く、ジャニーズJr.としてのライブだけでなく、ユニット単独で公演をするほど人気な彼ら。

そして、同じくジャニーズJr.内のユニットであるSnowManとの同時デビューというジャニーズ史上初の2グループ同時デビューの発表でさらに脚光を浴びています。

そんなSixTONESとSnowManのデビュー日は、2020年1月22日(水)のことでした

SixTONESには、X JAPANのYOSHIKIさんから楽曲提供された「Imitation Rain」

SnowManはJazzin' parkの栗原暁さん作詞、HIKARI作曲された「D.D.」でデビューを飾り、CDが同日販売となりました。

 

SixTONESとSnowManのメンバー誕生日一覧

デビューが待ち遠しい彼らですが、SixTONESについてまだよく知らない方や同時デビューのSnowManも気になるという方のために簡単にSixTONESやSnowManについてまとめてみました。

 

<SixTONESの生年月日や出身地>

名前 生年月日 身長 出身地 メンバーカラー
ジェシー 1996年6月11日 184㎝ 東京都
森本慎太郎 1997年7月15日 174㎝ 神奈川県
松村北斗 1995年6月18日 176㎝ 静岡県
田中樹 1995年6月15日 175㎝ 千葉県
京本大我 1994年12月3日 174㎝ 東京都 ピンク
髙地優吾 1994年3月8日 175㎝ 神奈川県 黄色

このグループで特筆すべき点は何と言っても、「高身長」でしょう!

平均身長176.5㎝とジャニーズでは珍しい高身長グループです。

背が高い彼らがダイナミックに踊る姿は圧巻の一言で、引き込まれるものがあります。

また、2012年にドラマ「私立バカレア高校」での共演をきっかけに仲良くなり、それ以降6人でグループ結成を夢みていたそうなので、仲の良さも彼らの魅力の一つだと思います。

SnowManは2018年まではSixTONESと同じ6人グループでしたが、2019年に3人が加入し9人グループとなっています。

 

<SnowManの生年月日や出身地>

名前 生年月日 身長 出身地 メンバーカラー
岩本 照(ひかる) 1993年5月17日 182㎝ 埼玉県
深澤 辰哉 1992年5月5日 175㎝ 東京都
渡辺 翔太 1992年11月5日 172㎝ 東京都
阿部 亮平 1993年11月27日 178㎝ 千葉県
宮舘 涼太 1993年3月25日 173㎝ 東京都
佐久間 大介 1992年7月5日 168㎝ 東京都 ピンク
向井 康二 1994年6月21日 175㎝ 大阪府 オレンジ
目黒 蓮 1997年2月16日 184㎝ 東京都
ラウール 2003年6月27日 180㎝ 東京都

SnowManも平均身長がかなり高く、176.3㎝とSixTONESと同じく高身長グループです。

また、同年代のSixTONESに比べ、新加入したメンバーにより年齢差が出たSnowManですが、年上メンバーが年下メンバーにいじられたりして和気あいあいとしている姿は見ていて微笑ましく、こちらも仲の良さが魅力の一つです。

 

SixTONESとSnowManのレーベル違いの理由は?

同時デビューとなったSixTONESとSnowManですが、それぞれレコード会社は違います。

SixTONESはソニーミュージックレーベルズ

SnowManはエイベックス・エンタテインメントからデビューとなっています。

SixTONESがソニーミュージックの理由は、海外展開に強いレコード会社なので、海外進出を本格的に目指すストーンズにとって必須条件だからだとファンの間で言われています。

ストーンズもスノーマンも、デビュー時のレコード会社探しでは、各社がこぞってオファーを出したそうですよ。

また、レコード会社によってCDの特典内容等が違うようで、ファンとしてはレコード会社は無視できないものです。

デビューシングルに関しては、SixTONESメインかSnowManメインかという違いはありますが、特典内容は同じなのでここでも”同時デビューのライバル・仲間”ということが強調されているように感じますね。

 

SixTONESとSnowManメンバー仲良し不仲どっち?格差違いで関係性は?

SixTONESとSnowManのメンバーが同時デビューについてそれぞれの思いを会見で語られました。

SixTONESメンバーコメント

深澤:もちろんデビューするからには、SixTONESもSnowManも今までにない、新たな歴史を刻めるグループになりたいなとそれぞれ思っていた。

松村:個々がものすごくこだわりを持ってパフォーマンスしているので、それが集まったときの勢いとか爆発力みたいなものはSnowManに勝ちたいなって思いながら必死に努力している。

ジェシー:デビューはひとつの通過点で、行き止まりだった道がようやく歩けるようになったなという気持ち。とにかく今、たくさんのデビュー組がいるなかで同じ土俵に立てたことをとても嬉しく思う。周りにもたくさんのライバルたちがいるので、負けないように発信していけたらいいなと思う。

SnowManメンバーコメント

岩本:嬉しい気持ちもあったけど、SixTONESと長年切磋琢磨して色々な経験をさせてもらったからか、なんか、身が引き締まるというか…これから戦いが始まるぞという気持ちの方が嬉しさより強かった。

ジャニーズの中でも初同時デビューってことで、ジャニーさんがくださった「初」っていうものをSixTONESとSnow Manで切磋琢磨しながら、これからたくさんの「初」を奪いに飛び立っていって、ジャニーさんや滝沢くんに恩返ししていきたいと思う。

SixTONESとSnowManの関係性ですが、大変グループ間でも仲が良く、結成してからともに切磋琢磨してきた仲間なのですね。

決して不仲の雰囲気は感じられず、2つのグループでありながらも”仲間”ということをお互い意識されていることが伝わってきて、2グループとも応援したくなりますよね!

 

まとめ

SixTONESとSnowManのレコード会社の違いや、身長・誕生日一覧のプロフィールをまとめてきました!

SixTONESとSnowManのメンバーの関係性は切磋琢磨してきた仲間で不仲ではないこと、を知ってさらに彼らの魅力が伝わったかと思います。

レコード会社は違えど、同時デビューを果たした仲間でありライバルであるSnowManもSixTONESファンとしては無視できない存在ですよね。

メンバーがコメントをしているように、いつまでもお互い切磋琢磨し合い、新生ジャニーズを代表するようなグループになってくれたらと思います。

そしてどのように原石を磨き上げていくのか、ライブ配信やツアーなどを通してどんな化学反応を起こすのか楽しみにこれからの彼らの門出を祝いましょう!

-SixTONES
-, , , ,

© 2020 動画ジャパン Powered by AFFINGER5