カノキレ日本最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

彼女はキレイだった

カノキレ日本最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

「カノキレ日本最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお届けします!

ドラマ「彼女はキレイだった」がついに最終回を迎えましたね。

謎の作家や副社長候補は誰だとみなさんは考察していましたか?

そしてモストの廃刊の危機はどうなったのか、愛と宗介の初恋の行方も気になりますね。

最終回を迎えたカノキレですが、韓国版の最終回の展開と一緒に日本版の結末ラストを比較していきますよ!

「彼女はキレイだった」の日本リメイク版、最終回のあらすじや感想をご紹介していきますよ!

 

カノキレ日本最終回結末ネタバレあらすじ考察!


まずは、元の話である韓国版「彼女はキレイだった」の最終回からご紹介しますね。

結論から言うと、ラストで主人公の女の子キム・ヘジンと、初恋の相手チ・ソンジュンの間にはなんと女の子が産まれています!

結婚するまで「1年待つ」と誓い合い、指輪を渡してそれぞれの道を進みながら1年後に約束を果たすという韓国ドラマらしい展開です。

ママにそっくりなくるくるパーマと、そばかすがチャームポイントのふたりの娘。

手をつなぐ幸せすぎる光景がラストになっているんですよ。


モストの新編集長にはなんとソンジュンが就任し、ララ編集長は15歳下のイケメンと結婚!という幸せが続きます。

気持ちのいいハッピーエンドになっていますね。

それでは、日本版カノキレの最終回のあらすじを見ていきましょう!

 

最終回あらすじ①

モストは大人気歌手の独占インタビューが決まっていましたが、インタビュー相手に不正が発覚してしまい、その企画はお蔵入りに…。

宗介は謎に包まれていた覆面作家・楠瀬凛にインタビューを依頼しますが、良い返事は得られないままでした。

そして、モスト最新刊の印刷開始を迎えた日、楠瀬凛からインタビューを受けるという返事が宗介に届きました。

指定された場所で宗介を待っていた楠瀬凛の正体は、編集部員の樋口だったのです。

楠瀬凛の正体は、多くの方が予想していた通り樋口でしたね!

 

最終回あらすじ②

「目標部数をクリアできなければ、モストは廃刊」という通達がなされましたが、宗介が黙っていた事で一度反発が起こります。

ただ、それを乗り越えた事で編集部員たちの結束は強くなるんです。

話題の”謎の作家”のインタビュー記事の掲載が決まりましたが、結局インタビューが取れないまま原稿締切日を迎えてしまいます。

最終号になるかもしれないモストの印刷が始まってしまいました…

しかし、発売日に店頭に並んだモストにはなぜか”謎の作家”のインタビュー記事が掲載されているんです!

 

最終回あらすじ③

宗介の決断を知った樋口がインタビューの依頼を受けて、覆面作家・楠瀬凛として宗介の前に現れたのでした。

楠瀬凛のインタビューを掲載したモスト最新号はライバル誌の売上を上回り、廃刊を回避することができました。

編集部のメンバーは楠瀬凛の正体に驚きを隠せないものの、存続が決まったことを喜んでいましたね。

しかし、モストの存続を見届けた樋口は、メール一通を残して編集部を去っていったのです。

 

最終回あらすじ④

愛には夢を追うチャンスが巡ってきましたが、愛は決めかねていましたね。

一方、宗介はすぐにでもニューヨークに戻って欲しいという連絡が入りました。

ニューヨークに戻ることを決めた宗介でしたが、愛には言い出せないまま。

なかなか決められない愛は、偶然再会した樋口から「人生を楽しめ!」というひと言を送られていましたね。

 

カノキレ日本最終回結末ネタバレあらすじ感想も!

楠瀬凛のインタビューの掲載によって、モストの存続が決まりました。

喜んだのもつかの間、宗介はニューヨークのビジネス誌への異動が決まってしまったのです。

宗介はこの危機をどう乗り越えたのか、愛との関係はどうなったのか結末を見ていきましょう!

 

結末は?

宗介はニューヨークのビジネス誌へ異動が決まり、それを知った愛は宗介についていく決意をしていました。

しかし、絵本作家への夢を諦めきれないことを伝えた愛は、なんと宗介に逆プロポーズをしたのでした。

そして、愛と宗介はそれぞれの道を進むことを決めました。

編集部を去った樋口は、海外に滞在して執筆活動を続けていました。

2年後に出版された樋口の新刊の最後には「最高の親友 ジャクソンへ捧ぐ」というメッセージがあり、それを見た愛は笑っていましたよね。

それぞれ選んだ場所で2年間を過ごした後、宗介はモストの編集長として日本に戻ってきます。

その後、無事に結婚した愛と宗介の間には、愛と同じくせ毛のかわいい女の子が生まれていました。

娘は愛が書いた絵本を持っていて、愛の夢が叶ったことも分かりましたね。

日本版の最終回は韓国版とほぼ同じで、愛と宗介が幸せな家庭を築くというハッピーエンドを迎えました!

 

感想は?

ハッピーエンドで終わって良かったという声が多くあり、満足度の高い最終回だったことが分かりますね!

樋口が素敵だったという声は変わらず上がっていて、愛が絵本作家の道を決意した言葉が心に響いたという声もありました。

すでに”かのキレロス”になっているという人が多いのも、人気ドラマの証ですね。

カノキレ日本再放送予定!全何話のいつまでかも解説!

 

まとめ

「彼女はキレイだった」の日本版リメイクの最終回のあらすじや結末の考察を紹介してきましたがいかがでしょうか。

韓国版でもハッピーエンドで終わったように、日本版カノキレもハッピーエンドで締めくくられましたね!

最終回の感想も紹介しましたが、これから”かのキレロス”が増えてくるのではないかと思います。

「カノキレ日本最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」というテーマでお届けしました!

カノキレ日本再放送予定!全何話のいつまでかも解説!
カノキレ日本再放送予定!全何話のいつまでかも解説!

「カノキレ日本再放送予定!全何話のいつまでかも解説!」と題してお届けします。 フジテレビと関西テレビ火曜21時枠で放送中の「日本版かのきれ」最後の放送は9月14日の第10話でした。 全何話で何回なのか ...

続きを見る

-彼女はキレイだった
-, ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5