ある男映画公開日いつから?ムビチケ前売り券発売日も紹介

ある男

ある男映画公開日いつから?ムビチケ前売り券発売日も紹介

ある男映画公開日いつから?ムビチケ前売り券発売日も紹介

 

ある男映画公開日いつから?ムビチケ前売り券発売日も紹介

芥川賞作家・平野啓一郎氏のベストセラー小説『ある男』の映画化が決定した。2018年に平野氏により発表された、「愛」と「過去」をめぐる感動ヒューマンミステリー。常に「現代」を直視し、その最先端で思考し続けてきた著者の小説家デビュー20年目の到達点となる作品だ。

メガホンを取るのは、多くの賞を受賞し、国内外で高い評価を得る石川慶氏。脚本は、数々の話題作を手掛けてきた向井康介氏が担当する。

弁護士の城戸(妻夫木聡さん)は、かつての依頼者である里枝(安藤サクラさん)から里枝の亡くなった夫・大祐(窪田正孝さん)の身元調査という奇妙な相談を受ける。里枝は離婚を経験後、子供を連れて故郷に戻り、やがて大祐と再婚。新たに生まれた子供と4人で幸せな家庭を築いていたが、ある日突然、夫の大祐が不慮の事故で命を落としてしまう。

悲しみに暮れる中、大祐の法要の日、長年疎遠になっていた大祐の兄・恭一が訪れ、遺影を見て「これ、大祐じゃないです」と言い放つ。愛したはずの夫「大祐」は、まったくの別人だったのだ…。城戸は、“ある男”の正体を追う中で様々な人物と出会い、衝撃の事実に近づいていくと、いつしか城戸の中にも他人として生きた男への複雑な思いが生まれていく―。

妻夫木さんは石川監督とは本作で3度目のタッグとなる。妻夫木さんは、「人生に正解はない。かといって間違いもない。どんな答えであってもいいと思う。だから恐れずに向き合って欲しい。観てくださった方にとって、この作品が人生の道標のような存在になるのであれば僕は幸せです」とコメントした。安藤さんは「石川監督のもと、たくさん笑ってたくさん泣いて、苦しみながらも楽しく、あ~わたしは現場が好きだ!と再確認しました」と語った。

そして、窪田さんは、安藤さんについて「とても刺激的で、芝居のやりがい、その答えをどこまでも追求していきたい衝動に駆られました」という窪田は、「『ある男』が、観て頂く方々にどんな感情を残すのか、今から楽しみでなりません」とメッセージを寄せた。

引用:(crank-in.net)

 

ある男映画公開日いつから?ムビチケ前売り券発売日も紹介

 

まとめ

ある男映画公開日いつから?ムビチケ前売り券発売日も紹介

 

-ある男

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5