ボクの殺意が恋をした最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

ボクの殺意が恋をした

ボクの殺意が恋をした最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

「ボクの殺意が恋をした最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお届けしていきます。

新日曜ドラマ「ボクの殺意が恋をした」が、いよいよスタートしますね。

殺し屋・男虎柊(中川大志さん)がなんと殺しの標的に恋してしまうのですが、一体どんな結末が待っているのでしょうか?

ポイントは柊が殺し屋の仕事と恋のどちらをとるのか、そして過去を振り切れるかどうかですよね。

今回は気になる「ボクの殺意が恋をした」の最終回あらすじと、結末を考察していきます!

最終回後にはネタバレとあわせて感想もご紹介していきますので、最後までお付き合いよろしくお願いしますね。

 

ボクの殺意が恋をした最終回結末ネタバレあらすじ考察!

「ボクの殺意が恋をした」の最終回のあらすじを考察していきますね。

”間の悪い殺し屋”は仕事と恋のどちらをとるのでしょうか?

 

最終回あらすじ①

男虎柊(おのとらしゅう)は、自分とは血のつながりのない育ての親、“伝説の殺し屋”と呼ばれた人物に育てられました。

ある日、その“伝説の殺し屋”が何者かに殺されてしまいます。

自分の育ての親の仇を討つために、「殺し屋家業」を継ぎ、殺し屋になってその犯人に復讐することを誓いましたよ。

男虎柊は、身体能力とルックスは満点なのですが、殺しの才能は0点の落ちこぼれ殺し屋となりました。

やがて育ての親を殺害した犯人として、鳴宮美月(新木優子さん)が浮上し、男虎柊は彼女にターゲットを絞ります。

男虎柊は、鳴宮美月を復讐のため殺害することを目的に、あらゆる作戦を立てて殺害を試みるんです。

ですが自らの間の悪さが災いして、殺そうとしてもどうしても殺せません。

 

最終回あらすじ②

そうこうするうちに、男虎柊は、暗殺ターゲットの鳴宮美月に、あろうことか恋してしまったんですよ。

自分の目的とは裏腹に、鳴宮美月への想いはごまかすことができません。

男虎柊は、鳴宮美月を殺害することを諦めてしまいました。

やたらと周りをうろつく男虎柊に、鳴宮美月もはじめは戸惑いながらも、やがて男虎柊の想いに応じることになったんです。

嘘のつけない男虎柊は、鳴宮美月に近付いた本当の理由を告白しました。

男虎柊の告白にショックを受けますが、秘密がなくなったことで、二人の距離は縮まります。

殺害など、まったく身に覚えのない鳴宮美月は、自分が犯人に仕立てられたと考えるんです。

 

最終回あらすじ③

恋に落ちたふたりは、協力して犯人捜しをはじめます。

そしてふたりは、“伝説の殺し屋”殺しの犯人を突き止めました。

なんと育ての親だけでなく、自分を生んでくれた両親も、その犯人に殺害されたことが判明します。

復讐を誓う男虎柊は殺し屋としてその犯人を追いつめますが、鳴宮美月は必死に止めます。

鳴宮美月に制止され、男虎柊は、いくつもの思いが走馬灯のように蘇りました。

男虎柊は「復讐はまた次の復讐を呼ぶ」ということを身をもって知ることになりましたよね。

そこで男虎柊は鳴宮美月の思いに応え、自分が殺害するという復讐をやめ、警察に引き渡すことにします。

 

ボクの殺意が恋をした最終回結末ネタバレあらすじ感想も!

結末での注目ポイントは“伝説の殺し屋”の正体です。

真犯人は誰なのか、結末で分かるはずですので考察します。

「ボクの殺意が恋をした」のスタート前からたくさんの期待の声がありましたので、あわせて見て行きましょう。

 

真犯人考察!

ドラマの最後で、“伝説の殺し屋”の全貌が明らかになりますよ。

遡ること、数十年前のお話です。

実は男虎柊の本当の父親は、警察官でした。

警察官だった父親は“伝説の殺し屋”の捜査に当たっていましたが、その“伝説の殺し屋”自身が命を狙われていることを知ります。

その犯人は、自身の大切な人を“伝説の殺し屋”に殺されて、復讐するため殺害計画を練っていたんです。

“伝説の殺し屋”は、ドラマ最初から登場している意外な人物、もしくは最も身近な人物のひとりなのではないでしょうか!

 

真犯人の狙い

捜査の手が自分に伸びている事を知った犯人が、殺害計画を邪魔されることを恐れて、男虎柊の一家を殺害を企てました。

結果、両親だけが殺され男虎柊は生き残ってしまいました。

その事実を知った“伝説の殺し屋”が、自分のために犠牲になった男虎柊を不憫に思い、引き取り代わりに育てることにした事が分かります。

それから数十年間ずっと、犯人は“伝説の殺し屋”殺しのタイミングを見計らっていました。

たまたま通りかかった車にのっていた鳴宮美月が犯人になるように、ひき逃げ事件を仕向けたんです。

犯人は男虎柊が復讐のため、殺し屋となり、鳴宮美月を殺害することで、事件を闇に葬ることができると計算していたのでしょうね。

 

恋人になる?

事件が無事解決し、殺し屋とターゲットの関係でなくなったふたりは、あらたなスタートをはじめることを誓います。

鳴宮美月は、ふたりの新たに恋を始めるにあたって、“殺し屋稼業”を廃業して欲しいと頼みました。

男虎柊も、もともと殺し屋には向いていないと自分でも自覚していましたし、何より普通のふたりとして恋をしたかったので、鳴宮美月の頼みを受け入れます。

過去を振り切って、ふたりはどこにでもいるような恋人同士になるのではと考えましたよ。

「ボクの殺意が恋をした」の最終回後にあらすじと結末ネタバレを追記していきます!

 

感想は?


殺し屋とターゲットの恋の行方に、たくさんの注目が集まりそうですね。

「ボクの殺意が恋をした」の最終回後に感想を追記していきます!

 

まとめ

「ボクの殺意が恋をした最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお届けしてまいりました。

新日曜ドラマ「ボクの殺意が恋をした」の最終回の結末あらすじがどうなるのか、ネタバレ考察してみましたよ。

育ての親の仇をうつために殺し屋になった、男虎柊が、ターゲットの鳴宮美月に恋してしまい、目的と恋のはざまに揺れます。

やがて、鳴宮美月の潔白が証明され、真犯人が判明し、警察に逮捕されることで無事事件は解決しました。

男虎柊は、殺し屋になることをやめ、まっとうに生きることを誓います。

障害がなくなったことで、男虎柊は、新たに恋をスタートすべく、鳴宮美月との恋に専念するのかもしれませんね。

また、ドラマを心待ちにしているファンの方の声もご紹介しました。

ふたりの恋の模様に、多くの感想が寄せられそうですね。

「ボクの殺意が恋をした」の最終回後に結末ネタバレと感想を追記していきます!

-ボクの殺意が恋をした
-, , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5