アンラッキーガールドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

アンラッキーガール!

アンラッキーガールドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

福原遥さんが体当たりで”不運すぎる女性”を演じるドラマ「アンラッキーガール!」最終回のあらすじ、結末をネタバレ考察します!

一体どんなアンラッキーに見舞われるのか、アンラッキーをどう抜け出していくのかなど気になる点ばかりですね。

ドラマでは、有名占い師・シウマさん監修のもと徹底した不運要素が織り込まれています。

最終回の結末ラストでは、金運ゼロ・男運ゼロ・仕事運ゼロの主人公たちは幸運を手に入れることができるのかに注目ですよ。

「アンラッキーガールドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお送りします!

最終回までに感想がどう変わって行くかもチェックしてくださいね!

 

アンラッキーガールドラマ最終回結末ネタバレあらすじ考察!

ドラマ「アンラッキーガール」は、ツイてない女性3人がトラブルに見舞われながらも、幸せを掴もうと奮闘するコメディドラマです。

コメディドラマというだけあって、つい笑ってしまったり、そこまで不運が続く?と思える展開になっていますよね。

第8回は初回に起こった騒動で奪われたお金の行方に、幸、香、樹の3人と香の元カレの卓海が巻き込まれました。

香は卓海は全体に関与していないと信じ続け、再び卓海と一緒にいる道を選んでいました。

そして、指宿は3人に大凶日がやってくると伝え、3人はそれぞれに心構えをする様子が見られました。

いよいよ訪れる大凶日のアンラッキーを、3人はどう乗り越えていくのでしょうか。

災難続きの幸たち3人がラッキーガール・沙菜と出会って、ラッキーに変わっていく姿を見せてほしいですね!

 

最終回あらすじ①

ツイてないと感じる日々を送る福良幸、朝倉香、綾波樹の3人は、指宿恵徳に紹介されたツイている二石紗菜(長井短さん)と出会いました。

しかし、沙菜自身は自分が幸せだとは思っていませんでした。

「ツイている人は幸せ」だと考えていた3人は、ツイている=幸せではないと気付き始めます。

特に紗菜と意気投合した幸は、それを強く感じていました。

その事に気付いた3人は、本当の幸せとは何か考え始めます。

同時に、幸たちと知り合った紗菜も、自分の幸せについて考え始めるのです。

幸たちが自分の幸せについて考えることこそ、指宿が望んでいた結果でした。

自分と違う考えの人に出会うことで、それまでの考え方や見方が変わることを実感して欲しかったのかもしれません。

ラッキー、アンラッキーは運だけではないということにも、気付いてほしかったのでしょうね。

大凶日もなんとか乗り越えた3人は、少しずつ前向きな考え方に変わっていきました。

 

最終回あらすじ②

あらゆる運がゼロだと思っていた幸は、物事のとらえ方を変えればラッキーになるんだと気付きます。

「自分の不運は誰かの幸運」というラッキー相対性理論を持っている幸だからこそ、気付けたのかもしれませんね。

今までトラブルに巻き込まれても怪我をしなかったのは、健康運がいいからだと思うようになります。

また、秀忠に宣言した通り、今の場所で運をあげていく方法を考えていきました。

卓海と再び付き合い始めた香は、男運も対人運も自分次第なのだと気付き始めます。

「多くの人と出会っている対人運は悪くない、だったら自分を変えよう」と努力を始めました。

その結果、それまで以上の信頼を得ることが出来たのでした。

仕事運ゼロだと考えていた無職の樹は、自分が楽しいと思える仕事だからこそやりがいになるんだという結論に行き着ます。

自分が楽しいと思える仕事を見つけるため、色々なことにチャレンジしていきました。

 

最終回あらすじ③

周りからはラッキーだと言われるのに幸せだと思えなかった紗菜は、どんなこともとらえ方で変わると気付きます。

また、幸と紗菜は一緒にいることでそれぞれが気付くことも増えました。

人と比べなければラッキーかアンラッキーかは気にならないと気付いた幸。

自分が幸せだと思えることが大事なのだと考え始めた沙菜。

さらには幸たちの意識が変わったことで、周りの人たちの運もアップするという変化にもつながっていったのです。

困った時にはこれまでに出会った人たちが救いの手を差し伸べてくれるなど、これまでの出会いがつながりとなっていました。

幸たちの幸せそうな笑顔に満足した指宿恵徳は、幸たちの変化をもとに新たなアンラッキーガールを救おうと考えていました。

ツイてないと話していた3人は自分はツイてる人だと言えるようになり、無事にアンラッキーガールからの卒業を果たしたのです!

「アンラッキーガール」の最終回後、ネタバレあらすじは追記します!

 

アンラッキーガールドラマ最終回結末ネタバレあらすじ感想も!

ドラマ「アンラッキーガール」は女性3人のツイてないを中心にしたオリジナルコメディドラマです。

謎の男・指宿恵徳に翻弄されていたツイてない女性たちは、それぞれの幸せをどのように見つけ、掴みんでいくのでしょうか。

最終回の結末考察とともに、感想も紹介していきますよ。

 

結末考察!

最終回では謎の男・指宿恵徳が初めから3人がツイてない訳ではない、と気付いていたことが判明するのではないでしょうか。

自分でツイてないと思い込んだり、人と比べて不幸だと考えていることに気付かせたかったのでしょう。

もちろん成功も失敗も運とは絡んではいるものの、本人の気持ちによって変わることも多いですよね。

ツイてないと考えていた3人は、ラッキーな紗菜との出会いで状況を大きく変えることになりました。

そして指宿はアンラッキーガール3人だけでなく、ツイていても幸せだと思えなかった紗菜までもを救ったのです。

それぞれが見つけた”幸せ”とは何か、自分は何を”幸せ”だと考えるのかも明らかになるでしょう。

また、突然登場した幸の父・重流も、それまでの考えや行動を変えていくかもしれません。

や幸の母との復縁や樹と再婚へ…という展開があるかもしれませんね。

アンラッキーガールの3人、そして沙菜がどれだけの変化を見せるのかが、最終回の楽しみなポイントになりそうです!

 

感想は?

はちゃめちゃな展開が面白いという声があがっていました。

香が卓海とヨリを戻したことを世転んでいる人もいますね。

アンラッキーガールの3人が少しずつ不運をコントロールしているという声もあがっていて、少しずつでも確実に変化してきているようです。

不運なことに巻き込まれても、幸たちがポジティブに考えているから変わってきているのかもしれませんね!

感想は「アンラッキーガール」の最終回後に追記します!

 

まとめ

「アンラッキーガールドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」はいかがでしたか?

ドラマ「アンラッキーガール」の最終回のネタバレあらすじと結末を考察してみました。

ツイてない女性3人のアンラッキーに驚かされる反面、色々と考えさせられることもあるドラマになっています。

最終的にアンラッキーガールからラッキーガールになれるのか、そして彼女たちがどんな幸せを見つけていくのかを、自分なりに考えてみても面白いですね。

話が進むごとに感想がどう変化していくのかも楽しみですね!

「アンラッキーガール」最終回後、あらすじネタバレ、感想を追記します!

-アンラッキーガール!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5