日本沈没ドラマ2021最終回のその後ネタバレ!結末ラスト予想も!

日本沈没

日本沈没ドラマ2021最終回のその後ネタバレ!結末ラスト予想も!

ついにスタートした2021年のドラマ「日本沈没ー希望のひとー」ではこれまでとまったく違った結末ラストが予想されますよ。

時代設定や主人公がオリジナルである事から最終回あらすじがこれまでとどのように違うのか考察してみました。

第1回では、日本沈没を訴える博士と否定し続ける環境省、そこに疑問を感じている天海の複雑な想いが絡み合いました。

日本の一部は沈没してしまうのかどうかとその後の様子、「希望のひと」とは誰の事なのかに注目ですよ。

「日本沈没ドラマ2021最終回のその後ネタバレ!結末ラスト予想も!」と題してお届けします!

 

日本沈没ドラマ2021最終回のその後ネタバレ!


ドラマ「日本沈没ー希望のひとー」で、これまでの日本沈没との大きな違いをまとめると次のようになります。

  • 主人公・天海啓示(小栗旬さん)がオリジナル
  • 時代設定が近未来
  • 沈没するのは関東
  • COMS計画と日本未来推進会議

まず主人公がこれまでのどの作品にもいない人物である事、「2023年の東京」という近未来が舞台となっている事が大きな違いですよね。

さらに今作では、日本ではなく関東が沈没するという設定です。

重要なキーワードとして登場する「COMS<コムス>」とは、汚染物質を液体にして海底地層の隙間に貯めて行こうという、総理が推進する新システムの事ですよ。

環境問題を重視する総理が、これに加え発足させたのが「日本未来推進会議」です。

「日本沈没ー希望のひとー」では、各省庁から集められた優秀な若手官僚らが「関東沈没」に立ち向かいます。

それではこれらが最終回の結末とどのように結びつくのか、さっそく考察して行きましょう!

 

最終回あらすじ①

「日本未来推進会議」を発足し日本を環境先進国として進めようとしていた東山総理は、これまでにないほどの高い支持率を得ていました。

ところが、COMSにより関東が沈没するという説が提唱された事でピンチに陥ります。

ネットに記事を投稿したのは田所雄介というひとりの人物でした。

田所も田所で、元東大教授でありながら研究に没頭するあまり経費を着服した事で大学を追われた過去を持っている事も明らかになります。

また、田所の関東沈没説は不動産詐欺に加担しているというリークもあり、政府は戦う姿勢を見せていました。

しかし、世良は沈没説を否定するためにデータ改ざんをしている様子がみられるなど、不都合な事実は隠そうとしてしまいます。

天海は少しずつその動きに疑問を持つようになり、沈没説を信じ始めるのです。

国民は誰を信じていいのか分かりません。

最初の関東沈没説ではまだ小さかった混乱も、時間の経過とともに様々な災害が誘発され次第に大きくなります。

日本の中心である関東の沈没は、もはや日本中がパニックになるほどの大問題に発展していました。

 

最終回あらすじ②

関東エリアは、1都6県でなんと4300万人もの人が住んでいます。

日本の人口が1億2600万人ですので、約34%の日本人が沈没してしまうという事になるのです。

沈没が間近に迫った4300万人の人々の発言や行動の変化も描かれることになると思います。

最終回ではまず「信頼できるリーダー」が誰なのかという点に注目です。

これまで国民が支持して来た東山総理は、ここへ来て「Dプランズ」という企業との癒着が発覚するなど、失墜するような出来事が発覚してしまうかもしれません。

「Dプランズ」は環境ビジネスで稼いでいる企業で、記者の椎名が環境省との癒着をスクープしようと狙っていた企業です。

「日本未来推進会議」のメンバーは、これまで総理大臣をはじめ政界のドンや大物政治家のもと動いて来ました。

ところが、古い考えや確執にこだわる体制に嫌気がさした若手官僚たちは自分たちが先陣をきって日本を引っ張って行く事で「信頼できるリーダー」となって行くのかもしれません。

世良の活動を支援してきた天海は世良や総理の考え方や動きに疑問を持っていますので、天海を筆頭に関東を守る動きが出てくるかもしれませんね。

誰が天海に賛同し、ついていくのかも注目になりそうですね。

 

最終回あらすじ③

国民に対して「日本未来推進会議」が働きかける裏では、田所が奮闘し続けるのではないでしょうか。

はじめは誰にも信じてもらえず、1人動いていた田所にも天海をはじめとする味方が増えているかもしれませんね。

田所は、関東の沈没を早くから予言し、警鐘を鳴らし続けて来ました。

一方で自身の投稿によってパニックが広がってしまった事に関しては少し責任を感じるような一面もあるのかもしれません。

沈没の原因とされるのは、大地震や火山の噴火になると予想されます。

これらの自然災害に対して、被害を最小限に食い止める方法を考え、一人でも多くの国民を救える方法を田所は模索していきます。

田所は、地震の原因となっている海底プレートを破壊し、地震の被害を抑える方法を考えます。

そんな田所の案を実現する為に、天海を中心とした日本未来推進会議メンバー達も協力しあい、奮闘していく事になるでしょう。

 

日本沈没ドラマ2021最終回のその後ネタバレ!結末ラスト予想も!


最後まで希望を捨てずに、日本や日本国民を守ろうとする人々の戦いもいよいよ結末を迎えます。

沈没という状況を前にして、関東圏外、あるいは海外といった場所への移住を決断する人もいます。

また、沈むと分かっていても、愛する故郷を離れずに、最後まで運命を共にすることを決断する人もいるでしょう。

様々な決断をした日本の国民もまた、未曾有の大災害という危機に直面しつつも、生きるという希望を捨てずに奮闘し、戦い続けてきました。

そして沈没を迎えた後には、国民一丸となって協力し、明るい未来に希望を持ち歩んでいく姿が見られるはずです。

天海と妻である香織の仲も修復され、再び家族で笑顔で過ごせるようになっていることでしょう。

 

結末考察!最終回のその後は?

「日本沈没」と言えば、「それで結末のその後どうなるの?」という声がよく聞かれますよね。

未曾有の大災害の発生後、日本はどのように復興の道を辿っていくのか、気になるのはやはり「その後」です。

サブタイトルにもなっている「希望のひと」がポイントになりそうですよね。

「希望のひと」とは一体誰をさしているのでしょうか?

まず考えられるのは、日本や日本国民を守る為に奮闘する日本未来推進会議メンバーである主人公・天海啓示です。

沈没するという警鐘を鳴らし続ける田所雄介が「希望のひと」となることも考えられますね。

また、沈没という危機に直面した日本国民もまた、生き残るという強い希望を持ち続ける「希望のひと」たちになるのではないでしょうか。

こういった希望のひとを中心にして、最終回では災害後の日本の復興が描かれそうですね。

家族をはじめとする、大切な人と過ごせる時間の尊さにも、気づかせてくれるような内容になるのではないでしょうか。

今の私たちにも希望をもたらせてくれるような、そんな結末ラストを期待しています。

沈没と聞くとネガティブなイメージを持ってしまいがちですが、「希望のひと」という言葉にはネガティブなイメージはまったく感じられず、明るい未来が想像できますよね。

 

まとめ

「日本沈没ドラマ2021最終回のその後ネタバレ!結末ラスト予想も!」と題してお届けしました!

最終回、政府や「日本未来推進会議」そして沈没の警鐘を鳴らす田所は、沈みゆく関東と日本国民を守ることができるのでしょうか?

希望をテーマにしているドラマですので、最終回では令和の時代にふさわしい明るい希望を持ったラストが描かれることと思います。

互いを陥れたり、不都合なことから目を逸らすのではなく、だれもが協力し合っていけるような結末が観られると良いですね。

2021年版のSF作品というのも、どのようにドラマで表現されるのかという点も気になる所です!

以上、「日本沈没ドラマ2021最終回のその後ネタバレ!結末ラスト予想も!」でした!

日本沈没ドラマ2021無料動画見逃し!再放送いつからで全何回?
日本沈没ドラマ2021再放送いつから?全何話までかも解説!

「日本沈没ドラマ2021再放送いつから?全何話までかも解説!」と題してお届けします。 「日本沈没ー希望のひとー」が、2021年10月10日(日)から放送開始しました! 第3話放送は10月24日(日)で ...

続きを見る

-日本沈没
-, ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5