大河への道映画キャスト相関図の豪華一覧を画像付きで紹介

大河への道

大河への道映画キャスト相関図の豪華一覧を画像付きで紹介

「大河への道映画キャスト相関図の豪華一覧を画像付きで紹介!」と題してお届けします。

2022年5月20日(金)に上映される、映画「大河への道」は、落語家・立川志の輔さんの「伊能忠敬物語―大河への道―」という創作落語が元です。

「伊能忠敬」を主役にした大河ドラマの開発プロジェクトの最中に、「日本史上はじめて日本地図を作ったのは、伊能忠敬ではない」という、新事実が明らかになったとしたら?

映画では、そんな架空のストーリーを元にした現代から江戸時代までを巡る感動のミステリー物語です。

今回は、映画「大河への道」の相関図や豪華なキャスト一覧を、画像付きで紹介していきます!

 

大河への道映画キャスト相関図の豪華一覧を画像付きで紹介

映画「大河への道」では、現代と江戸時代の二つの時代が舞台となります。

それぞれの時代の登場人物をキャストの方が一人二役で演じるのも見どころになっていますよ。

江戸時代のストーリーは、日本史上はじめてとなる「日本地図の誕生」に隠された感動物語です。

そして現代のストーリーでは、「大河ドラマ制作の裏側」の大変さが喜劇として描かれるんです。

二つの時代を行き来する、一つの映画で二度楽しめる贅沢な映画になりそうですよね!

 

中井貴一


主演の中井貴一さんは江戸時代の伊能忠敬を演じるのではないでしょうか。

伊能忠敬といえば「はじめて日本地図を作った」と知られていますよね。

日本地図を作るために、地球一周分の距離を歩いたとされる忠敬。

しかし実際は、地図完成の3年前に伊能忠敬は亡くなっていたという衝撃の事実が明らかになります。

一体、忠敬にはどんな秘密が隠されているのでしょうか。

そんな中井貴一さんは現代では、伊能忠敬の真実を暴いていくような役になるかもしれませんね。

 

松山ケンイチ

松山ケンイチさんは、江戸時代に亡くなった伊能忠敬に代わって日本地図を作る人物を演じるのではないでしょうか。

映画で描かれる現代では、真実を暴いていく技術者のような役割なのではないかと思います。

クールな演技も熱い演技も出来る松山ケンイチさんですので、一人二役でどんな役を演じるのか楽しみですね。

 

北川景子

北川景子さんは、江戸時代の伊能忠敬の妻、もしくは松山ケンイチさんが演じる役の妻なのではないでしょうか。

ドラマのキャストの写真を見ると、現代では”秘書”の様なポジションを演じる雰囲気が出ていますよね。

知的なイメージの北川景子さんですので、謎を解き明かすヒントを見つける役になるかも知れません。

映画「大河への道」キャスト相関図は分かり次第追記していきます!

 

まとめ

「大河への道映画キャスト相関図の豪華一覧を画像付きで紹介」と題してまとめてきました!

「大河への道」へ出演される、豪華なキャスト陣をご紹介してまいりましたよ。

一人二だったり現代と江戸時代が同時に展開するストーリーなので、少し複雑ですよね。

キャストは画像付きの一覧で見ると分かりやすいので、相関図も合わせてチェックして映画を見る前の参考にしてくださいね。

映画「大河への道」」のキャスト相関図や、キャストの詳細は分かり次第追記していきます!

-大河への道

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5