らせんの迷宮ドラマ最終回結末ネタバレ!感想つまらない面白い?

らせんの迷宮

らせんの迷宮ドラマ最終回結末ネタバレ!感想つまらない面白い?

「らせんの迷宮ドラマ最終回結末ネタバレ!感想つまらない面白い?」と題してお届けします!

話題のドラマ「らせんの迷宮」が、最終回を迎えましたね。

実は槇村は生きていて、ある研究を成功させようと企てていた事が発覚しています。

最終回の結末では、最強コンビとして神保と安堂が共に難解な騒動に立ち向かう姿も描かれていました!

気になる「らせんの迷宮」の最終回のネタバレと共に、面白い、つまらないといった感想も集めてご紹介します。

 

らせんの迷宮ドラマ最終回結末ネタバレ!

最終回では、静原教授が娘・沙也香(朝倉あきさん)を手にかけたのが槇村であることを知って復讐し、逃走したと思われていました。

神保のもとに逃走中の静原教授からメールが送られてきます。

そこには研究を完成させたいから神保に協力して欲しいという旨が記されていました。

その研究というのも世界を終わらせてしまうようなものだったのです。

 

最終回あらすじ①

逃走していると思われた静原教授の正体は、実は槇村だったのです。

そして亡くなったはずの槇村の遺体が実は静原教授のものであることが判明しました。

過去に行った骨髄移植によりDNAが変化し、槇村の遺体であると思われていたのです。

真相を知った警察は槇村の行方を追っていました。

神保は警察よりも先にメールを送っている人物が、静原教授ではなく槇村であることに気付いていました。

そして研究というのも過去に槇村によって命を奪われた沙也香のクローンを作り出すというものだったのです。

クローンを作り出すということは世界を終わらせてしまう恐れがあり、神保は反対していました。

 

最終回あらすじ②

槇村は、安堂の娘である瑞希を連れ去ります。

瑞希を渡す交換条件に、研究の手伝いをすることを神保に要求してきたのです。

瑞希を救うため神保は、研究室にあった沙也香のDNAを取りに行くようにと槇村に言われるがままに動きます。

そこに何も知らない安堂がやってきて、神保の裏切りの行動に驚きを隠せずにいました。

しかし神保はこっそり槇村に気付かれぬよう安堂にサインを残し、それに気づいた安堂が危機一髪で駆けつけます。

瑞希も無事に救出され、槇村を捕獲することに成功したのです。

 

最終回の結末は?

クローンを作り出そうとするほどに沙也香を大切に思ってた槇村が何故、沙也香を手にかけてしまったのか明らかになります。

アメリカの研究室から声がかかった沙也香は、アメリカに行くことを槇村に打ち明けました。

しかし沙也香に恋心を寄せていた槇村は、反対します。

沙也香は、神保は喜んでくれたのに反対する槇村が理解できませんでした。

そんな話を聞いた槇村は、神保と沙也香が恋仲であると勘違いし、腹を立てます。

口論になり、沙也香を振り払ってしまい、打ちどころが悪く沙也香は亡くなってしまいました。

神保は、もし沙也香のクローンを作り出せたとして、見た目は同じでも中身はまったくの別人格であり沙也香ではないと諭していましたね。

無事に騒動を解決した安堂と神保は、更なる難解な騒動に最強コンビで立ち向かっていくという所で終わりを迎えます。

2人がどんなコンビネーションで推理し、解決していくのか今後が気になりますよね。

 

らせんの迷宮ドラマ最終回結末感想つまらない面白い?

「らせんの迷宮」の最終回後には、どんな声が寄せられているのか見ていきましょう!

 

感想

最終回を迎えた「らせんの迷宮」を惜しむ声が多くありましたね。

シーズン2を期待する声も多く、また安堂と神保のバディを観れる日がくるのが楽しみですね!

 

まとめ

あっという間に最終回を迎えてしまった「らせんの迷宮」のネタバレと面白い、つまらないといった感想をご紹介してきました。

まさかの亡くなったはずの人物が犯人であることに驚いた方も多いのではないでしょうか。

DNAでこれまで数々の騒動を解決するたびに安堂と神保の絆も強く固いものへと変化していました!

最終回の結末には、その絆で見事犯人を捕まえられましたよね。

「らせんの迷宮」を惜しむ声も多いのでまた安堂神保ペア復活を心待ちにしたいものです!

「らせんの迷宮ドラマ最終回結末ネタバレ!感想つまらない面白い?」というテーマでお届けしました。

-らせんの迷宮

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5