レンアイ漫画家ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

レンアイ漫画家

レンアイ漫画家ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

「レンアイ漫画家ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお届けします!

ついに最終回を迎えたドラマ「レンアイ漫画家」ですが、結末までの展開に驚いた人も多いのではないでしょうか。

漫画を描けなくなった清一郎と行方知れずになったあいこが再会して、2人の関係は大きく変化していきました。

不器用で恋愛が苦手な清一郎が、とうとうあいこへの想いを打ち明けたシーンで涙した人も多かったでしょう。

「レンアイ漫画家」というタイトル、実は「恋愛」という意味ではありませんでした!

タイトルの意味も含めて、最終回のネタバレや結末を紹介していきます。

 

レンアイ漫画家ドラマ最終回ネタバレあらすじ!


「レンアイ漫画家」は漫画家・刈部清一郎(鈴木亮平さん)が、兄の葬式で出会った久遠あいこに、自分の仕事のネタのために恋愛をさせるというラブコメディです。

大人気少女漫画家である苅部清一郎は、「苅部まりあ」という女性のペンネームで活動し、正体を隠しながら執筆を続けていました。

ある日、弟の苅部純が事故で亡くなります。

葬式で出会った久遠あいこは純の元彼女で、残された弟の子供・苅部レンのことを心配していました。

レンと話しているのを見た清一郎は、あいこに「恋愛しろ!死ぬ気で恋愛してみないか?」と詰め寄ります。

実はあいこに疑似恋愛を持ちかけた清一郎自身は、ある原因で恋愛ができなくなっていました。

そのためあいこに清一郎の執筆のネタ作りのため、何人もの男性との疑似恋愛をさせていくのです。

そんな不思議な関係の清一郎とあいこは最終的にどうなったのでしょうか。

 

最終回あらすじ①

初めて恋愛を経験した清一郎は全く漫画を描けなくなり、ついには倒れてしまったのです。

清一郎が倒れたことに責任を感じたあいこは、刈部家から姿を消してしまいました。

あいこを失った喪失感の中、清一郎はなんとか原稿を描き上げて、原稿を2連続で落とすことだけは免れました。

しかし、渾身の力で描き上げた清一郎は、向後に再開未定の休載を申し出たのです。

それから1年経っても、あいこの行方は分からないまま。

清一郎はレンとの2人暮らしにも慣れていましたが、清一郎は見た目も性格も別人のように変わってしまいました。

その豹変ぶりには向後や可憐も驚きを隠せません。

清一郎は二階堂や早瀬にアドバイスを求めていたようですが、そこまで変わった理由は誰にも分からないままでした。

 

最終回あらすじ②

1年間行方しれずのあいこは、可憐の編集者として働いていました。

ある日、可憐から取材を頼まれて現場へ向かったあいこは、清一郎たちが行っている合コンに遭遇することに…。

1年ぶりに再会した清一郎にあいこは尋ねました。

「描かないんですか?漫画」

清一郎は「君には関係ない」とそっけない返事をします。

その言葉にイライラしたあいこは、お酒を飲みすぎて酔いつぶれてしまいます。

あいこは自分をおぶって帰り始めた清一郎に疑問をぶつけますが、結果的に言い合いとなり、久々の再会は最悪なまま終わってしまったのです。

 

最終回あらすじ③

翌朝、清一郎からレンへの置手紙があり、二階堂へ「レンを頼む」と書かれていました。

結果的にレンは可憐の家でお世話になることになります。

この時みんなが抱いた疑問は、なぜ清一郎がこの1年間パリピキャラを演じていたのか?

そこで何かに気が付いた向後は、あいこに「仕事依頼」の連絡をしたのです。

指示された場所にやってきたあいこの前に現れた依頼人は、船に乗った清一郎でした。

清一郎はこの1年間のことを、あいこに話し始めました。

そして、ついにあいこへの想いを口にしていくのです。

 

絵の伏線考察!

結末の前に、レンが目にしたあの絵について考えて行きたいと思います。

レンが目にした絵とは、レンの父で清一郎の弟・純の遺品の中から出てきた女性を描いたものです。

その絵はどうやら清一郎が書いていたようで、描かれている女性は学生時代のあいこではないかと話題になっていますよね。

おそらく清一郎は昔からあいこを知っていたのではないでしょうか。

実は淡い恋心を抱いていたものの、それを知らない純があいこと付き合い始めてしまった、という流れになりそうだと予想していましたが、あの描かれている女性があいこではない可能性が出てきました。


では誰なのか…それはレンの実母であり、弟の元嫁である美波です。

レンの前に美波が姿を現したことで、ついに清一郎の過去も明らかになりました。

 

原因判明!

清一郎が恋愛ができなくなった理由は、想いを寄せていた美波が弟と付き合い始め、結婚してしまったことでした。

これがきっかけで、清一郎にとって恋愛は”するもの”から”描くもの”となっていきました。

しかし、清一郎に思われていたことを知っていた美波は、弟の死後に再び現れて、「清一郎が恋愛をするなら自分だと思っていた」と話したのです。

こんな風に言われて、じゃあ付き合いましょうなんて言えないですよね。

逆に不信感が募って、清一郎はますます恋愛への苦手意識が増してしまったのではないかと思います。

 

レンアイ漫画家ドラマ最終回結末の考察!

最終回の結末は、ドラマオリジナルバージョンになりましたね。

気になる最終回のネタバレを見て行きましょう!

 

結末はハッピーエンド!


再会したあいこに、清一郎は1年間の苦悩を明かしました。

恋愛をしたせいで漫画が描けなくなり、休載にしても漫画のことが頭から離れなかった清一郎は、それを忘れるために没頭できる何かを探したのです。

その結果、現実と虚構の世界のバランスが取れるようになった清一郎でしたが、漫画は描けないままで、現実に生きる世界があるなら、描く意味はないとさえ思っていました。

その話から考えると、清一郎はパリピキャラでバランスを取っていたということになりますね。

しかし、あいこと再会した夜、描きたい気持ちに駆られた清一郎は、1ヵ月間島に籠って『銀天』の新章を描き上げていました。

これまでの思い出が全て詰まっている、最高の漫画が出来上がっていたのです。

清一郎はあいこにこう伝えます。

君に依頼したい。俺と恋愛してくれ、疑似恋愛じゃない、本当の。これからはキミと恋愛して、漫画も描いて、そういう人生を生きていきたい

清一郎に抱きついたあいこは「私もです。いつか刈部さんと恋愛できる日が来たら、漫画の邪魔をしない私でいたかったから」と返事をしました。

考えていた決め台詞をなかなか言えない清一郎でしたが、あいこに詰め寄られて、ついにその台詞を口にします。

「俺は。俺は君の、たった一人の人生の相方でいたい」

ラストではお互いに人生の相方を見つけたというハッピーエンドになりましたね!

そして、あいこのストーカーと化していた早瀬ですが、なんと可憐と結婚してしまいました。

2人の間に何があったのかも気になりますね。

 

タイトルは家族を意味していた!


清一郎とあいこの関係だけでなく、レンの成長や変化も見逃せないポイントでしたよね。

父の死の悲しみを清一郎に伝えられたレンは、少しずつ前向きになっていきました。

突然現れた母・美波から「一緒に暮らそう」と提案された時も、「あいこがいるから」と断っています。

清一郎だけでなくレンにとっても、あいこは大きな存在になっていたことが言葉や行動から伝わりましたよね。

さらに清一郎とレンは時にはケンカしながらも時間をかけて仲良くなっていき、最終回では親子のように一緒にいる事が当たり前の日々を過ごしていましたね。

実は「レンアイ漫画家」のタイトルの意味は「恋愛」ではないんです。


「レン+あいこ+漫画家」で「レンアイ漫画家」だったんですね!

これについて作者の山崎紗也夏さんは「ちょっと忘れた…」とおっしゃっているそうなのですが、これまで「レンアイ」がどうしてカタカナなのか不思議だった方も多い部分ですよね。

3人で築く新しい家族という意味と期待も込めて、「レンアイ漫画家」ということなのでしょう。

 

レンアイ漫画家ドラマ最終回の感想!

以前の予告で清一郎が泣いていたことから、バッドエンドになるの?と思っていた人もいましたよね。

その予想をいい意味で裏切り、ドラマ「レンアイ漫画家」は清一郎とあいこの気持ちが通じ合うハッピーエンドを迎えました。

涙が堪えられなかった人も多かったのではないでしょうか。

ドラマ「レンアイ漫画家」の最終回の感想を紹介していきましょう!

 

最終回の感想

ドラマ「レンアイ漫画家」がどんな最終回を迎えるのか、多くの人が気になっていましたよね。

ムズキュンといわれた不器用な清一郎とあいこの幸せな結末に、涙した人も多くいたようです。

最終回には最高だった!、幸せになってよかった!と、2人の想いが通じ合ったことを喜ぶ声がいくつも見られました。

レンアイ漫画家ロスになりそうだという声もあり、多くの人がこのドラマにハマっていたことが分かりますね。

これから清一郎、あいこ、レンの3人が幸せに過ごしていくことを願うばかりです。

 

まとめ


ムズキュンと言われた「レンアイ漫画家」も、ついに最終回を迎えましたね。

最終回のあらすじや結末は当初の予想とは違った展開になり、話の途中で戸惑った場面もありましたよね。

清一郎とあいこのハッキリしない関係に気を揉んだ人も多かったと思いますが、不器用な2人が自分の気持ちを伝えられて本当によかったです!

また漫画を描けるようになった清一郎を、これからあいことレンが支えていくことでしょう。

3人が家族になっていく様子を見れる機会があるといいですよね。

以上、「レンアイ漫画家ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお届けしました。

-レンアイ漫画家
-, , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5