泣くな研修医ドラマ1話ネタバレ!感想はつまらない面白い?

泣くな研修医

泣くな研修医ドラマ1話ネタバレ!感想はつまらない面白い?

「泣くな研修医ドラマ1話ネタバレ!感想はつまらない面白い?」と題してお届けします。

すでに話題になっているドラマ「泣くな研修医」の1話「同期って仲間ですか?」のネタバレをご紹介していきます!

1話には”手洗いダンス”への注目と、さっそく「リアル」という声が集まっていますよね。

感想は面白い、つまらないどちらの方が多かったのでしょうか?

「泣くな研修医」実写版が気になっている方は必見ですよ!

 

泣くな研修医ドラマ1話ネタバレ!

「泣くな研修医」では雨野隆治(白濱亜嵐さん)が研修医として牛ノ町総合病院で働く事になりました。

5歳のころ、幼くして雨野隆治は兄・裕一を亡くした経験があります。

近くにいたのに兄を助ける事ができず、大好きな兄が苦しむ姿になにもできなかったことにショックを隠せませんでした。

そしてそのショックから隆治は兄がなぜ死んだのか真相を両親に聞く事もできません。

しかし”医師になり兄のように亡くなってしまう人を無くしたい”という熱い思いから医師を目指します。

貧乏な家庭だった隆治は塾にいけるような環境ではなく医師になるために自分で努力し成績は学年で上位でした。

そして何度も苦労をしながら医大へと進むのです。

病院勤務の中でたくさんの葛藤や自分の不甲斐を痛感しながらも自分の目標にむかって奮闘するドラマです。

凄腕医師ではなく、不甲斐ない自身に打ちのめされながらも一所懸命前を向く姿に思わず見入ってしまいそうですよね。

”泣くな研修医”というタイトルなだけに白濱亜嵐さんが涙してしまう姿も多いのでしょうか。

白濱亜嵐さん初の医師ということもあり、医療的な専門用語なども見聞きすることも初めてのことなんだそうです!

ではそんな亜嵐さんが務める「泣くな研修医」の1話のあらすじをさっそく紹介していきますね。

 

1話あらすじ

冒頭ではさっそく急患に対応する隆治の様子が分かります。

「鏑木(かぶらぎ)」という名前が読めなかったり、点滴と採血を頼める看護師を捕まえられなかったり、病名を判断できなかったり…

そこへやって来た先輩医師・佐藤玲(木南晴夏さん)が一瞬で診断します。

何もできなかった隆治ですが、同期には自分がバシッと対応したと嘘をついてしまいます。

佐藤医師に手厳しく叱責された隆治、今度は同期の中園くるみ(恒松祐里さん)にもドライヤーを勝手に使った事がバレ、こっぴどく言われてしまいました。

 

虫垂炎の女子高生

ある女子高校生が腹痛で病院を訪れて来ました。

「アッペ(虫垂炎)では?」と考える隆治。

佐藤医師は妊娠している事を女の子に確認し、うなずくのを確認した隆治は驚きます。

他の医師の手が空いていなかった事で、なんと隆治は初めてのオペを担当できる事になります。

一方、同期の川村蒼(野村周平さん)と滝谷すばる(柄本時生さん)は患者の前でケンカをしてしまいました。

話を聞いた隆治は自分への嫉妬のせいだと完全に勘違いしています。

意気込んで初手術に向かった隆治でしたが、いざ!というところで「ハイそこまで」と佐藤医師に代わられてしまいます。

実は岩井医師(高橋和也さん)による「岩井スペシャル?どっきり?」だったと言われ一気に落胆してしまいます。

さすがの隆治も同期に自分がただ見てただけだと話すのでした。

 

勤務開始でさっそく涙?

ドラマの1話では、「自分の無力さに打ちひしがれる隆治」というよりは、自信過剰で前向きな姿が印象的でしたね。

「泣くな」というような展開はまだありませんでした。

第1話の最後には、同期のメンバーがオペさせてもらえなかった隆治の残念な気持ちに同調してくれて結束が深まったようでしたね。

これから、休みも少なく早朝から深夜までへとへとになるまで隆治は働きます。

そして周りが辞めたり転職していく中で必死に研修医として必死に留まり忍耐強く勉強します。

しかし怒られるよりも隆治にとって辛いのは、目の前に傷ついた患者や時に救えない命を前に、自分の無力さを痛感することなのです。

どうして命を救えないんだ、やっと医師になったのに研修医で自分はなにもできないのです。

毎日次から次へと押し寄せる数々の患者さんは待ってはくれませんよね。

夢にみていた“医師”という職業への強い思いと決意を見失わず、熱い思いで患者さんに向きあっていきます。

 

次回予告

隆治の当直の日に高速道路で交通事故で遭った3人の家族が搬送されてきます。

父親は無傷だったが、母親は骨折し重症、5歳の息子の拓磨は腸管脱出し危険な状態です。

手術は無事成功するが血圧や呼吸の安定せず、口からチューブを抜くことが出来なかったのです。

予断を許さない状況で集中治療室で治療を受けることに。

拓磨の担当医になった隆治は研修医だが自分には何ができるのか考えます。

ほぼ病院に泊まり込み状態になりながらも真摯に拓磨に向き合い傍で寄り添いました。

隆治は拓磨を亡くなった兄・裕一と重ねてしまうのです。

第2回目では隆治が研修医として初めて担当した5歳の男児の拓磨の話がでてくるのではないでしょうか。

 

泣くな研修医ドラマ1話の感想はつまらない面白い?

「泣くな研修医」といえば作者である中山祐次郎さんの実体験をもとにリアルに描かれた医療の現場の現実が見れるドラマですよね。

研修医の無力さを描きながらも仲間たちと奮闘するドラマ「泣くな研修医」は面白そうとしか思えませんよね。

つまらないといった声もあるのかネット上の声も集めてきました!

 

感想

ドラマ「泣くな研修医」第1話には、医療関係者や同じ研修医の立場だと思われる方からの感想がたくさん上がっています。

自身と重ねて思わず泣けてしまったり励まされたりと、早くも影響を与えるドラマになりそうな事が分かりました!

また白濱亜嵐さんが起用されたというのが若い世代からも支持を集めているみたいですね。

そして「泣くな研修医」を読んだことのある方も楽しみにされていた実写ドラマですので、今後の展開からも目が離せませんね。

 

まとめ

「泣くな研修医ドラマ1話ネタバレ!感想はつまらない面白い?」はいかがでしたでしょうか。

1話には医療関係者の方以外からも「リアル」という声が上がっていましたよ。

また実は白濱亜嵐さんは身内に外科医と看護師さんがいるそうで、現場の人の話を聞いてドラマで活かしたいと意気込んでいたそうです!

どんな医師の姿を見せてくれるのか今後も楽しみですよね。

また”世の中の医療現場で働く医療従事者や若い世代へのエールになれば”と白濱亜嵐さんの熱い思いが込められているんですよ。

次回以降の展開にも注目です!

-泣くな研修医
-, ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5