恋せぬふたりドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

恋せぬふたり

恋せぬふたりドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

「恋せぬふたりドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお届けしてまいります。

ドラマ「恋せぬふたり」は、恋愛感情を持たないふたりの男女の同居生活から始まる、ラブではないコメディーです。

恋人でも、夫婦でも、家族でもない、アロマンティック・アセクシュアルのふたりの結末はどうなるのでしょうか。

今回はドラマ「恋せぬふたり」の最終回のあらすじと結末をネタバレ考察していきます。

ドラマに対する感想もご紹介していきますので、あわせてチェックしてくださいね。

 

恋せぬふたりドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!


ドラマ「恋せぬふたり」は、他人に対し恋愛感情を抱かない男女の物語です。

咲子(岸井ゆきのさん)は、“恋するのが普通であるという常識”に違和感を感じ戸惑いながら生活していました。

そんな咲子の気持ちを知っているかのように、店員・高橋(高橋一生さん)から「恋しない人間もいる」と言われます。

咲子と高橋はある時、ひょんなことがきっかけで同居生活を始めることになりますよ。

周囲から理解されづらいふたりが最終回にはどうなるのかあらすじを見ていきましょう。

 

最終回あらすじ①

適齢期になると、結婚して子供を持つことが当たり前だと思っている咲子の母親は、その価値観を咲子に押し付けます。

咲子は母親に親友とのルームシェアを口実に実家を出ましたが、実際は親友が元カレと仲直りしたことで、咲子の計画は白紙に戻りました。

今更実家に戻る気にもなれず、同じ価値観を持つ高橋との同居を始めます。

その事実を両親に隠していましたがバレてしまいました。

さらに両親だけでなく、会社の上司や同僚にも高橋との同居生活がバレてしまい咲子は悩みます。

高橋は、誰かにとってのあたりまえが、別の誰かにとってはあたりまえでないことを前提に、自分に正直に生きるように咲子にアドバイスしました。

周囲に本当の自分を理解してもらいたい咲子は、自分がアロマンティック・アセクシュアルであることをカミングアウトします。

しかし咲子の告白は、周囲に理解されません。

 

最終回あらすじ②

母親や友人からは、とりあえず見合いすることを勧められました。

周囲からの圧力により咲子は仕方なくお見合いをします。

お見合い相手は咲子を気に入りますが、咲子はやはり結婚への違和感を感じました。

咲子は、お見合い相手に正直に自分が“恋愛感情が持てない”ということを告白し、断ります。

それを聞いたお見合い相手は、咲子に腹を立て悪い噂を流しました。

そして噂はすぐご近所さんにも知られることとなります。

恋人でもない異性と一緒に住むということで、咲子は好奇の目にさらされました。

せっかく仲良くなった商店街の店員さんや、同じマンションの住民からも、どこか自分が特別視されているように感じます。

お見合い相手にカミングアウトしたことを聞いた咲子の母親は激怒し、咲子と高橋が同居する部屋を訪れ、ふたりと話をしました。

 

最終回あらすじ③

咲子の母親はどうしてもふたりの生き方や価値観を理解してあげることができません。

恋愛感情の持てない同士、咲子と高橋に結婚を勧めます。

世間体だけを考えた発言に失望した咲子はしばらく親とは冷却期間を取ることに決めました。

しかし客観的に見て、親の願いや心配も痛いほど咲子にはわかっているのです。

そこで理解してくれない周囲に嘆くのではなく、自分たちを分かってもらえるように、形で示していくことに決めました。

ドラマ「恋せぬふたり」の最終回のあらすじは分かり次第追記していきます。

 

恋せぬふたりドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

周囲は咲子たちの生き方に理解を示すのでしょうか。

また、お互い恋愛感情を持たないふたりですが、同居するうちに恋心が芽生えるような展開があるのでしょうか。

結末を考察していきます!

 

結末考察

咲子と高橋は、自分たちが生きやすい社会になるように、堂々と生きることを決めました。

そしてふたりは自分たちと同じような立場の人達を集め、定期的に交流会を定期的に開きます。

セクシュアリティが全く同じでなくても、日常生活での違和感や周囲からの孤独感を共有することでお互いが楽になっていきました。

愚痴を言い合うことでストレス解消にもなります。

そんな環境下にいることで、今まで感じていた違和感は薄れ、咲子は堂々とアロマンティック・アセクシュアルとして生活します。

そして、堂々と「恋愛や結婚が普通だとしても、私にはまったく必要がない」と主張することができるようになりました。

咲子は自分がここまで堂々と生きれるようになった恩人である高橋をリスペクトします。

そこで、性別を越えたパートナーとしてこれからも一緒に生きていきたいと高橋に提案しました。

高橋も咲子には自分を包み隠さないでいられる日常に幸せを感じていました。

パートナーとして協力して生きていけば、経済的なことや将来への不安も軽減され安心して生きていけます。

ふたりは恋愛関係にはならず、お互いが生きやすくするため、咲子と高橋はあくまでも「パートナー」としてこれからも生活していくと考察してみました。

自分たちのような生きづらさを感じている人たちにアドバイスするような立場となり、周囲からも少しずつ理解されていくのかもしれません。

そして生き生きと生活している咲子を見て、両親も歩み寄り和解するという結末になるのはないでしょうか。

ドラマ「恋せぬふたり」の結末は分かり次第追記していきます。

 

感想は?

ドラマのスタートを心待ちにしている声がたくさん聞こえてきましたよ。

ラブではないふたりの物語がどう描かれるのか想像が膨らみますね。

ドラマ「恋せぬふたり」の感想は入り次第追記していきます。

 

まとめ

「恋せぬふたりドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお届けしてまいりました。

恋愛感情を持たない同士の同居生活を描いたドラマ「恋せぬふたり」。

日本ではまだまだ理解されないことが多く、生き難さを感じることが多いという現状も描かれるのではないでしょうか。

そんなドラマ「恋せぬふたり」の最終回のあらすじと結末をネタバレ考察してまいりましたがいかがでしたしょうか。

あまり取扱いのない内容だけに注目度も高く、多くの感想が寄せられそうですね。

ドラマ「恋せぬふたり」の最終回のあらすじと結末、感想は入り次第追記していきます。

-恋せぬふたり

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5