どうする家康キャスト相関図の豪華一覧を役柄と画像付きで紹介!

どうする家康

どうする家康キャスト相関図の豪華一覧を役柄と画像付きで紹介!

松本潤さん主演の2023年大河ドラマ「どうする家康」キャストの一覧をご紹介します!

毎年豪華な顔ぶれが話題になる大河ドラマですが、「どうする家康」はあの松本潤さんが主演とあって一団と注目度が上がっています。

さらに坂口健太郎さんが追加キャストとして発表された事でさらに話題になっていますよ!

そこで、気になる全キャストの役柄と相関図を画像付きで見てみましょう。

「どうする家康キャスト相関図の豪華一覧を役柄と画像付きで紹介!」と題してまとめます!

 

どうする家康キャスト相関図の豪華一覧を画像付きで紹介!

出典:悠誘高野山 http://www.koya.org/koyasan-tips/tips3.html

「どうする家康」は令和版の新しい家康としての物語として描かれていて、誰もが楽しめるエンターテインメントな大河ドラマだと言われているんですよ。

新しい家康なら戦国武将も新しいタイプのキャスティングになりそうですね。

それでは、気になるキャストと役柄を紹介していきます!

 

松本潤 徳川家康役

主人公の徳川家康を演じるのは、松本潤さんです。

岡崎城主の子として産まれますが、幼いころに今川家へ人質に出されたり、母親と離れ離れになったりと少年時代は孤独なんです。

ある日、織田信長と運命的な出会いがあって孤独な少年だった家康に変化がおき、父のかつての家臣たちと岡崎城を取り戻し一国一城の主になるんです。

でもそれからが大変で、沢山の強敵が現れピンチの連続です。

決して諦めず答えを見つけ、持ち前の才能を生かし固い絆で結ばれた家臣たちと共に挑み勝利していきます。

 

坂口健太郎


朝ドラで大注目を集めた坂口健太郎さんが、今度は大河でどんな演技を見せてくれるのでしょうね。

石田三成役、本多忠勝役を希望する声が出ていますよ!

「令和版」と考えると、織田信長役の可能性もあるかもしれません。

配役は分かり次第追記します。

 

松平広忠役

引用:戦国ヒストリー https://sengoku-his.com/552

家康の父親です。

三河の国・岡崎城主長康の子として産まれ、幼いころに城を侵略され逃げますが家臣たちと今川家の助けで奪還し城主になります。

境遇が似ているところが親子ですよね。

最後は家臣に刺されて24歳で亡くなったようです。

 

於大の方役

引用:伝統、阿久比町http://www.town.agui.lg.jp/contents_detail.php?co=&frmId=789

家康の母親です。

尾張国・緒川城主の水野忠政の娘として生まれ14歳で広忠と政略結婚させられます。

家康が3歳の時に離縁され生き別れになりますが、再婚後に家康との連絡を再開しています。

離縁のきっかけの今川家をいつまでも恨んだり、しつこい性格だったようです。

最期は天下人となった家康の近くに呼び寄せられ、家康に看取られ75年の生涯を閉じました。

 

織田信長役

引用:刀剣ワールドhttps://www.touken-world.jp/tips/18155/

織田信長は、若いころ『うつけもの』と呼ばれました。

歯向かった相手には容赦をしなかったので『鳴かぬなら殺してしまえホトトギス』の冷酷非道な句が、信長の代名詞のようになっていますね。

信長と家康は兄弟のように思いあう関係だったと言われています。

親の代から敵同士の家柄でありながら、同盟を結び信長が自害するまで20年間、織田・徳川連合軍として戦っていきます。

この20年間、信長との関係に迷ったことや酷い戦などもあり「どうする?」の連続だったでしょうね。

それでもたったの一度も、家康は信長を裏切らなかったそうですよ。

 

今川義元役

引用:刀剣ワールドhttps://www.touken-world.jp/tips/34750/

今川義元は情けない武将と言われる一方で、武田家・北条家と三国同盟を結んだりと政治的手腕もあった容量の良い人だったようです。

竹千代(家康)を人質に取った張本人でもあります。

義元は桶狭間で織田信長軍に奇襲され、あっけなく敗退します。

今川家は息子の代になり弱くなったので、ここでやっと家康は自由になります。

 

武田信玄役

引用:刀剣ワールドhttps://www.touken-world.jp/tips/7482/

武田信玄は戦略家で統率力にも優れたとても強い武将で、人を大切にする人物だったようです。

信玄が欲を出したことで、信玄とは永遠の敵対関係になってしまいます。

三方ヶ原の戦いでは家康の自尊心をくすぐり誘い出して圧勝したり、最期まで勝てない相手として君臨しました。

 

明智光秀役

引用:刀剣ワールドhttps://www.touken-world.jp/tips/7344/

明智光秀は冷静沈着で武術に長けていて密会を好む性格だったと言われています。

信長の忠臣なのに本能寺の変をおこした、裏切り者として知られていますね。

家康とは、信長のしんがりを一緒に務め戦う仲間でした。

家康が天下を治めていた時にそばにいたと言われています。

 

豊臣秀吉役

引用:刀剣ワールドhttps://www.touken-world.jp/tips/9731/

豊臣秀吉(羽柴秀吉)は人たらしで愛嬌がよく、器も大きい性格だったとされていますね。

農民から関白に大出世して、天下まで取ってしまった人物として有名です。

秀吉と家康は、信長のしんがりを務め戦う仲間でしたが、信長の死後に急に勢いを増してきた秀吉が目障りになります。

家康は信長の跡取りの信雄と組み秀吉に戦を仕掛け優勢でしたが、秀吉が信雄と和睦してしまうんです。

争う理由をなくしたうえに執拗に縁談を持ち掛けられるので、秀吉が関白に任命されたことをきっかけに家康は秀吉に臣従することになります。

戦えば脅威の存在だった家康と、争うよりも懐柔することを選んだのですね。

秀吉は天下人になりますが、関ヶ原の合戦で家康に負けてしまいました。

家康と秀吉の場面では、「どうする秀吉」も出てきたら面白そうですね。

 

石田三成役

引用:刀剣ワールドhttps://www.touken-world.jp/tips/41112/

石田三成は、とにかくまじめで真っすぐな性格すぎてあまり人望がなかったようです。

家康とは好敵手の豊臣秀吉の重要な家臣で、関ヶ原合戦では戦がうまくないのに主導者だったりします。

 

真田昌幸役

引用:刀剣ワールドhttps://www.touken-world.jp/tips/36824/

相手を観察し冷静に判断して裏をかける知略に優れた性格で、家康のことを何度も振り回したのが真田昌幸です。

真田家は代々武田家に仕えていて、昌幸は信玄を崇拝していたと言われています。

真田家を一番に考えて行動した将でした。

武田家が衰退後は、織田家、徳川家に仕えましたが、徳川家から不当な扱いをされたので最後は豊臣家に仕えます。

 

小早川秀秋役

引用:刀剣ワールドhttps://www.touken-world.jp/tips/35768/

秀吉の養子になり後継者として扱われましたが、秀頼が生まれた事で養子に出されます。

その後も秀吉からはあらぬ疑いをかけられ殺されそうになったり、初めての戦で朝鮮に行かされたり酷い目にあわされます。

家康には密かに恩恵を受けるなどお世話になったので、関ヶ原の合戦ではタイミングの良いところで徳川側に寝返り、家康を勝利へ導きました。

ドラマ「どうする家康」では秀秋と家康の面白い絡みがありそうですね。

 

吉川広家役

引用:F1999-021-000-559-00000001.jpg吉川広家 - Wikipedia

吉川広家もうつけものと嘆かれていたそうです。

理由は行儀が悪かったり、所領を増やしたくて勝手に養子に出ようとした事だと言われています。

広家は、自分の仕える毛利家を守る事に奔走します。

毛利輝元は関ヶ原の合戦で豊臣家を選んだことで、三成に総隊長にされてしまいます。

徳川家と内通して『形だけで兵は動かさないから毛利家を守って!』と契約を結ぶんですよ。

出兵要請に「今弁当食べてるから無理!」と言ったのだそうです。

 

豊臣秀頼役

引用:刀剣ワールドhttps://www.touken-world.jp/tips/38343/

豊臣秀頼は、秀吉が50代になってから嫡男として生まれたので、両親から溺愛されます。

190㎝と長身だったため、実の息子ではないのでは?と疑われたそうです。

大阪城で秀頼と接見した家康が、その容姿に恐れて戦を仕掛けたともいわれているんです。

「どうする家康」での家康との出会いの瞬間に注目ですね!

キャストが発表され次第、最新情報を追記していきます!

 

まとめ

今回は、「どうする家康キャスト相関図の豪華一覧を役柄と画像付きで紹介!」をお送りしてきましたがいかがだったでしょうか?

「どうする家康」に登場しそうな、徳川家康と共に戦国の世を生きた武将たちを画像付きで紹介しました。

歴史に疎くても楽しめるドラマになる予感がして楽しみですね。

「どうする家康キャスト相関図豪華一覧と役柄を画像付きで紹介!」に最後までお付き合いありがとうございました!

-どうする家康
-,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5