鎌倉殿の13人キャスト相関図!全出演者一覧と役柄を画像付きで豪華に紹介!

ドラマ

鎌倉殿の13人キャスト相関図!全出演者一覧と役柄を画像付きで豪華に紹介!

第61作目のNHK大河ドラマとなる「鎌倉殿の13人」のキャストが続々と紹介されてきました。

「新選組!」「真田丸」に続き3作目の大河ドラマの脚本を手掛けるのは、三谷幸喜さんです。

華やかな源平合戦や、その後の鎌倉幕府誕生を背景に、権力の座をめぐる男や女の駆け引きが繰り広げられます。

義兄でもある源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした二代執権・北条義時とはどんな男なのでしょうか。

野心とは無縁だった若者が、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか、どんなカードを切っていくのか、今まで知らなかったような舞台も見えてくるかもしれませんよ。

今回は、北条義時の生きざまや、彼に翻弄された周囲の人々を描きだしていく「鎌倉殿の13人」のキャスト相関図と豪華な登場人物を画像付きで紹介していきます。

 

鎌倉殿の13人キャスト相関図と登場人物を画像付きで豪華に紹介!

(C)NHK

まずは「鎌倉殿の13人」のキャスト相関図です。

平安末から鎌倉前期を舞台にして、源平合戦から鎌倉幕府が誕生する中で繰り広げられる権力の座をめぐる駆け引きを描いていきます。

勝利者となり北条得宗家の祖となった北条義時が主人公となる物語です。

「鎌倉殿の13人」の13人とは、源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した御家人たちを指しています。

 

鎌倉殿の13人【北条家】出演者全員の画像付き役柄一覧!

5日間にわたるキャスト発表は、突然のイベントのようで楽しかったですよね。

それでは、「鎌倉殿の13人」の豪華な出演者を画像付きで役柄も紹介していきましょう。

まずは【北条家】です。

 

北条義時役 小栗旬さん

主人公で鎌倉幕府の第2代執権・北条義時を演じるのは小栗旬さんです。

源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男をどのように演じていくのでしょうね。

野心とは無縁だった北条義時は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのかが描かれていくことでしょう。

 

北条政子役 小池栄子さん

 

主人公・北条義時の姉にして鎌倉幕府初代将軍・源頼朝の妻・北条政子は小池栄子さんになりましたよ。

小池栄子さんは、女将軍として君臨した北条政子を、女として、母として、強く愛に生き、「一途」と言う言葉がぴったりな最高のかっこいい女性だとコメントしています。

凛としたたたずまいの小池栄子さんの魅力的な北条政子が見られるのではないでしょうか。

こちらも楽しみの一つになりました。

 

北条宗時役 片岡愛之助さん

義時の兄・北条宗時、松平が平家の総帥・平清盛は片岡愛之助さんが演じます。

平家打倒を訴える熱き夢想家の北条宗時を、片岡愛之助さんは自分とは真逆の人間だと表現しています。

自分とは正反対の生き方をした武将を演じられることにワクワクしているという片岡愛之助さんの演技は、きっと目が離せないものになりますよ。

 

阿波局役 宮澤エマさん

義時の妹・阿波局(あわのつぼね)は、宮澤エマさんです。

伊豆の素朴な武家の妹として生まれ育った阿波局が、鎌倉幕府の政局を揺るがすほど影響力のある女性になったのは、混とんとした勢力争いの中を生き抜いていく北条家ならではのたくましさを持っていたからと想像しているようです。

三谷幸喜さんは思い切り明るく阿波局の人生を演じてほしいと言われているので、宮澤エマさんの笑顔で、強くて素敵な阿波局が見られることでしょうね。

 

北条時政役 坂東彌十郎さん

主人公・北条義時の父である北条時政を演じるのは坂東彌十郎さんです。

歌舞伎でも北条時政は登場しますが、坂東弥十郎さんは「歌舞伎での時政のイメージは全て消して、三谷さんと一緒にゼロから作り上げていきたい」とコメントしています。

権力とは無縁の田舎のいち豪族から、天下取りの大勝負に挑んでいくことになる北条時政をどのように表現していくのか楽しみです。

 

牧の方役 宮沢りえさん

義時にとっては継母にあたる北条時政の妻・牧の方役を演じるのは宮沢りえさんです。

都の出身で、夫の欲を煽り権力の座へ導いていく悪女というイメージですが、宮沢りえさん自身はあまり悪女を演じたことがありませんよね。

宮沢りえさんによってどんな悪女・牧の方が出来上がっていくのか気になりますね。

 

鎌倉殿の13人【源氏】出演者全員の画像付き役柄一覧!

【北条家】に続き、次は【源氏】の出演者を紹介していきます。

 

大姫役 南沙良さん

頼朝の愛娘・大姫(おおひめ)は、南沙良さんです。

南沙良さんは、これから演じていく中で自分の中に出来上がる大姫が、どのように仕上がるのか不安よりも期待の方が大きくなっているとコメントしています。

純朴な大姫が父の野望に巻き込まれていく様を、三谷幸喜さんの脚本と南沙良さんの演技でどのようになっていくのか楽しみですよ。

 

源行家役 杉本哲太さん

頼朝の叔父・源行家を演じるのは杉本哲太さんです。

源行家は源氏のプリンスたちを操る野心家であったため、敵も多かった人物です。

杉本哲太さんは、エネルギッシュにいろいろな欲望をにじませられたらとコメントしています。

 

源頼家役 金子大地さん

鎌倉幕府初代将軍・源頼朝の長男・源頼家は金子大地さんが演じます。

頼家は、頼朝と言う圧倒的な父を超えようと奮闘していく二代将軍です。

金子大地さんは「鎌倉幕府を背負う重圧は並々ならぬものですが、頼家の激しい生涯をどんな思いで生きたのか楽しみにしていただきたいです」とコメントしています。

 

阿野全成役 新納慎也さん

 

頼朝の異母弟・阿野全成(あのぜんじょう)役は、新納慎也さんです。

「悪禅師」といわれた全成を、どういった意味での「悪」なのか、その理由を奥深く演じられるよう頑張りますとコメントしています。

僧として北条の栄枯盛衰を見つめた阿野全成が、三谷さんによってどのように描かれていくのかとても気になりますよ。

 

源範頼役 迫田孝也さん

頼朝の異母弟・源範頼は迫田孝也さんが演じます。

愚直に源氏を支える努力の武将であります。

迫田孝也さんは「知る人ぞ知るにとどまっている源範頼を、この作品を通じて世の中がその魅力に気づくように真摯に演じたい」とコメントしています。

源平の合戦では大将を任されていた源範頼とはどんな人物だったのか、こちらも楽しみですよ。

 

源義経役 菅田将暉さん

源頼朝役(大泉洋さん)の弟で、稀代の軍略家として知られる源義経役を演じるのは菅田将暉さんです。

義経役に決まった菅田将暉さんは「『悲劇の武将』と言われ、ドラマチックに描かれることが多い人物ではあるけど、意外と創作されているエピソードも多く、実体がわからないところは演じる上で、興味深いと思っています」とコメントしています。

大河ドラマは「おんな城主直虎」以来2度目の出演ですが、「いつも歴史上の人物や実在の方を演じるときに心がけているのは、“血の通わせ方”“綺麗事で終わらせない”ということ。特に義経はきれいなイメージがあるので、生々しく、義経が生きていたんだと僕自身も実感しながら演じていきたいです」と意気込みを語っています。

新たな義経像が生まれそうで、期待してしまいます。

 

源頼朝役 大泉洋さん

大泉洋さんが演じるのは、征夷大将軍となり鎌倉幕府を開いた源頼朝役です。

源頼朝役が決まった大泉洋さんは「征夷大将軍であり鎌倉幕府を開いた英雄ではありますが、そこに至るまでの平家との因縁や弟義経との確執、妻雅子との物語など歴史の教科書では語られない頼朝を、素晴らしい共演者の皆々様とともに丁寧に演じていけたらと思っております」とコメントしています。

冷徹な政治家の一面と、実は浮気グセが絶えなかったとも言われる鎌倉殿を大泉さんがどう演じるか、今からワクワクします。

 

鎌倉殿の13人【平家】出演者全員の画像付き役柄一覧!

続いては【平家】の出演者を画像付きで役柄一覧を紹介していきます。

 

平清盛役 松平健さん

源氏の宿敵・平清盛を演じるのは、松平健さんです。

日本を支配する平家の総帥である、平清盛は700年続く武家政権の祖であります。

地下人から太政大臣まで上り詰め、貴族化していく姿は源氏への戒めの姿でもあるよです。

松平健さんは、平清盛の激しい生きざまを抑揚をつけてしっかりと演じたいとコメントしています。

 

平宗盛役 小泉孝太郎さん

清盛の三男にして後継者・平宗盛を演じるのは小泉孝太郎さんです。

偉大である清盛の後継者として二代目の苦悩と戦いますが、父親として家族への純粋な愛情を持っている宗盛です。

 

鎌倉殿の13人【坂東武士】出演者全員の画像付き役柄一覧!

【坂東武士】の出演者も画像付きで全員の役柄を紹介します。

 

比企能員役 佐藤二朗さん

タイトルにある“13人”の1人にして頼朝の側近・比企能員(ひきよしかず)役は、佐藤二朗さんです。

歴史の表舞台に立てなかった人物を演じることに対し、役者冥利に尽きるとコメントしている佐藤二朗さんがどのように演じるのか楽しみですよね。

北条と火花散る権力闘争を繰り広げたという比企能員は、歴史の裏側にどのような影響を与えていたのでしょうね。

 

畠山重忠役 中川大志さん

“武士の鑑”と言われた若手御家人筆頭・畠山重忠は、中川大志さんです。

知勇兼備で武士の鑑とも呼ばれた畠山重忠は、鎌倉幕府の誇る若武者です。

中川大志さんが戦で戦う姿は、想像しただけでもかっこいいですよね。

 

安達盛長役 野添義弘さん

“13人”の1人にして頼朝の愛すべき従者・安達盛長は、野添義弘さんです。

安達盛長は頼朝の流人時代から仕えてきた最古参の御家人ですが、13人の中でも郎党という異色の存在なんです。

頼朝の為に奔走して、人生を捧げて、頼朝が最も信頼していたため本音を語れた人物です。

野添義弘さんは、老練で寡黙ながらも面白みのある安達盛長を演じることが出来きれば、とコメントしていますよ。

野添義弘さんならではの愛すべき従者を楽しみにしています。

 

三浦義村役 山本耕史さん

義時の生涯の盟友・三浦義村を演じるのは山本耕史さんです。

「出来るだけ真っ白な状態で台本を読み、内側で感じたことを大切にしたい」コメントしています。

三浦義村が、山本耕史さんによってどんな人物になっていくのか楽しみですよね。

 

和田義盛役 横田栄司さん

“13人”の1人にして鎌倉幕府軍事長官・和田義盛を演じるのは横田栄司さんです。

和田義盛とは、気は優しくて力持ちで、みんなから愛される西郷さんみたいに真っすぐな男なんですね。

歴史上では、勇猛豪快な坂東武者代表として北条義時と最後まで張り合うことになる武将でありながら、抜けている所もあるいじられキャラを、横田栄司さんはどのように演じていくのでしょうね。

 

伊東祐親役 辻萬長さん

義時の祖父・伊東祐親(すけちか)は辻萬長さんです。

平家に仕え、反旗を翻す頼朝の命を狙う、伊豆国の大豪族です。

娘の八重が頼朝と密かに結ばれたことに激怒をし、2人の仲を引き裂きます。

頼朝を憎み、執拗に追い詰める執念の強さや激しさを持っている役どころです。

久々の大河ドラマということで、辻萬長さんはワクワクしているといいますが、ファンにとってもワクワクしそうなキャスティングですね。

 

土肥実平役 阿南健治さん

相模の豪族・土肥実平役は阿南健治さんです。

土肥実平は、質実剛健で謹厳な暮らしを頼朝から称賛され、実直に熱く仕えましたが、義経との関係で失脚もします。

戦の先頭に立ちたがったり、世話好きで色々と面倒見が良く様々な仲裁にも入り、「みんな仲良くしようよ」が口癖という強い思いの人物でもあります。

源氏に忠義に尽くす温泉郷の主である愛すべき老武者を演じる阿南健治さん、楽しみですね。

 

梶原景時役 中村獅童さん

中村獅童さんは、義経の監視役である梶原景時を演じます。

景時は、頼朝との不仲の原因を作ったと伝わる人物で、悲劇の武将とも言われています。

中村獅童さんは「三谷幸喜さんの脚本なので、ただの悪人というわけでは無いはず」とコメントしていて、諸説ある歴史背景とともに三谷幸喜さんが景時をどのように描いていくのか、楽しみですよね。

 

【幕府官僚】大江広元役 栗原英雄さん

“13人”の1人にして鎌倉幕府行政長官・大江広元を演じるのは栗原英雄さんです。

大江広元とは頼朝の腹心であり、草創期の幕府の中心的存在だったんですよ。

有力御家人の権力抗争から距離を取り、長きにわたって幕府に使えたという優れた政治手腕の持ち主であり、北条氏と協調しながら武家政権の確立に貢献した人物です。

栗原英雄さんは、大江広元を生き抜く力の数値がとてつもなく高い人物だと感じており、「型にとらわれず、人間的に時代を生き抜いた一人として存在出来るよう全力で挑戦します」とコメントしています。

 

三善康信役 小林隆さん

鎌倉幕府の司法長官(問注所執事)・三善康信役は小林隆さんが演じてくれます。

三善康信はおばが源頼朝の乳母であったという関係から、頼朝の平家打倒の挙兵に大きな役割を果たし、京都朝廷の宮人から鎌倉幕府草創期の政務を支える存在となるんですね。

三善康信は義時たちの運命を変える慌て者となっており、小林隆さんは「三善康信のドラマチックな人生を生きることが楽しみでなりません」とコメントしていますよ。

 

まとめ

鎌倉殿の13人キャスト相関図!全出演者一覧と登場人物の役柄を画像付きで豪華に紹介してきました。

物語本編はお家騒動のような展開で密室劇、ディスカッションドラマとなりそうですよね。

歴史上有名な大規模な戦いというよりは、謀略合戦みたいな側面になりそうなんですね。

三谷幸喜さんは役者個人の見せ場も多くなると言っていますので、この豪華な役者さんたちが演じる素晴らしい大河ドラマが早く始まってほしいものです。

放送は2022年ということでまだ先ですが、これから出てくるであろうサプライズ情報をワクワクしながら待っていましょうね。

-ドラマ

© 2020 動画ジャパン Powered by AFFINGER5