ドライブマイカー映画ネタバレあらすじ結末!原作との違いラストどうなる?

最新NEWS

ドライブマイカー映画ネタバレあらすじ結末!原作との違いラストどうなる?

「ドライブマイカー映画ネタバレあらすじ結末!原作との違いラストどうなる?」と題してお届けします。

村上春樹さんの短編小説「ドライブ・マイ・カー」が待望の映画化です!

人気俳優である西島秀俊さんが主演ということで注目が集まっています。

そんな話題の作品「ドライブ・マイ・カー」のネタバレとあらすじを紹介していきます。

原作とは違ったラストや衝撃の結末が待っているかもしれませんよ。

 

ドライブマイカー映画ネタバレあらすじ結末!原作との違いラストどうなる?

「ドライブ・マイ・カー」の映画と原作のあらすじをみていきましょう!

以前に読んだことのある方は復習として、読んだことない方は予習として参考にしてくださいね。

 

原作あらすじ

舞台俳優兼演出家の家福悠介は、ある日接触事故を起こしてしまいました。

緑内障の影響で視力に問題がある事、違反してしまった事で免許停止になってしまったのです。

家福は自分の愛車、黄色のサーブ900コンバーティブルを運転してくれる運転手を探していました。

サーブは12年乗り続けてきました。

黄色いボディカラーは、新車で購入した際に生前の妻が選んだものです。

家福は俳優をしており、週に6日も舞台に出演していました。

車内でセリフの練習をするためにも、どうしても車で移動したかったのです。

事務所からも「視力の再検査でよい結果が出るまでは運転してはいけない」と強く言い渡されてしまいました。

知人に運転の腕は確かだと紹介してきたのは、20代の女性・渡利みさきです。

みさきの運転するサーブの助手席で、家福は亡くなった妻を思い出すことが多くなりました。

家福の妻は、家福の2歳年下の美しい女優・家福音です。

初めて会ったときから亡くなるまで、家福は音のことを心から愛していました。

そんな音には隠された秘密があったのです。

 

映画あらすじ

舞台俳優であり、演出家もある家福悠介(西島秀俊さん)が映画でも主人公です。

家福は、脚本家の妻・家福 音(霧島れいか)と満ち足りた日々を送っていた。

しかし、妻はある秘密を残したまま突然この世からいなくなってしまったのです。

2年後、演劇祭で演出を任されることになった家福は、愛車のサーブで広島へと向かいます。

そこで出会ったのは、寡黙な専属ドライバーみさき(三浦透子さん)でした。

喪失感を抱えたまま生きる家福は、みさきと過ごすなかで、それまで目を背けていたあることに気づかされていくという物語です。

 

家福が気づいたのは妻の本心?

気になるのは、妻・音がなぜ他の男性と寝たのかということですよね。

原作ではそこまでの詳細な理由は明かされていませんでした。

しかし映画「ドライブ・マイ・カー」では、音の本心が描かれているのではないでしょうか。

音と家福は、自身の子どもを亡くしており悲しみに暮れる日々がありました。

家福は精神的にも強くダメージを受けていたのかもしれませんね。

そんな家福の姿を見ていた音は、自身が癌であることを知り、家福がまた苦しみ病んでしまうのではと心配しました。

そこで後腐れのない映画の出演者と関係を持ち、いっそ家福が自分(音)の事を恨み、悲しまないようにと思っていたのではないでしょうか。

やがて家福は後に、音の日記などを発見するのではないでしょうか。

そこには、家福に対する謝罪などが綴られているかもしれませんね。

普通「かふく」と聞くと「禍福は糾える縄のごとしの」「禍福」を思い浮かべる方も多いですよね。

幸福の中に不幸の種があり、不幸の中に幸福の種があるというようにも取れます。

幸せがすぐさま不幸に変わり、不幸がやがては幸せになることもあるだろうという意味ですね。

不幸だと思っていたが音の行動は、「どんなやり方であれ自分を想っての行動であった」と少しは救われるのかもしれません。

 

ドライブマイカー映画ネタバレあらすじ結末!原作との違いラストどうなる?

「ドライブ・マイ・カー」、結末はどうなるか気になりますよね。

原作と映画のラストの違いはあるのでしょうか。

 

原作の結末

原作では、音は4人の男と寝ていました。

いずれも映画で共演する俳優で、映画の製作期間だけ関係が続くだけのものでした。

家福は妻と男との関係を知り苦しみましたが、その事実を見て見ぬふりをする苦痛も伴っていました。

なぜ妻は他の男と寝たのか、彼らに何を求めていたのか、何が自分に足りなかったのか。

妻が子宮癌を患いあっという間に亡くなるまでの間に、何度も問いただしたい衝動に駆られました。

しかし結局何一つ聞くこともできないまま、音は家福の前からいなくなってしまったのです。

24年前に家福と妻との間には3日間だけ生きた子どもがいて、妻がほかの男と関係を持つようになったのは、子どもを亡くした後だったと気付いたのです。

家福とみさきは次第にいろんな話をするようになりました。

友達は作らないのかと尋ねるみさきに、家福は「最後に友達を作ったのは10年前で、その男は僕の奥さんと寝ていた。」という話を始めました。

音が亡くなってから家福は、その高槻という男性に会い「妻の思い出話をしたい」と飲みの席に誘いました。

誘った動機は、音がなぜその男と寝なくてはならなかったのかを知りたかったからでした。

高槻は家福の妻のことを本当に好きだったようでした。

半年くらいあちこちを飲み歩くという付き合いが続きましたが、ある日ぱたりと会うのをやめたと言います。

高槻から電話がかかってきても、それさえも家福は無視していました。

それでもなぜ妻が高槻に心惹かれ抱かれることになったのか、未だにとげのようなものは心に刺さったままです。

みさきは「奥さんは本当は、その人に心なんて惹かれてなかった。だから寝たんです。女の人にはそういうところがあるんです。」と言いました。

と原作ではここまでの結末ですが、この後どうなったのかは”自身の想像に任せる”というのが村上春樹さん特有の終わり方ですよね。

 

映画の結末は原作と違う?

原作では結末という所まで描かれていませんでしたよね。

家福は結局、妻の音が隠していた秘密を受け入れる事ができるのでしょうか。

また、「他の女性との幸せを掴み第二の人生を歩む」という結末もあるのか気になりますよね。

映画「ドライブ・マイ・カー」では、原作で終わってしまったその先が見られるのではないでしょうか。

 

まとめ

「ドライブマイカー映画ネタバレあらすじ結末!原作との違いラストどうなる?」というテーマでお届けしました。

原作である「ドライブ・マイ・カー」のあらすじをネタバレ含めて紹介してきましたが、いかかでしょうか。

原作を読んだ方も、映画での結末がどうなるのか違いが楽しみですよね。

監督・脚本をつとめる濱口竜介さんは風刺が効いた社会派作品に大きく影響を受けたそうです。

これまで手掛けた作品も、男女関係が重いイメージのものが多かったようで、映画「ドライブ・マイ・カー」でも、重たい内容になっているかもしれませんね。

映画「ドライブ・マイ・カー」で、どんなラストが描かれているのか楽しみですね!

情報入り次第、追記します。

-最新NEWS

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5