アキラとあきら映画公開日いつから?ムビチケ前売り券発売日も紹介

アキラとあきら

アキラとあきら映画公開日いつから?ムビチケ前売り券発売日も紹介

アキラとあきら映画公開日いつから?ムビチケ前売り券発売日も紹介

 

アキラとあきら映画公開日いつから?ムビチケ前売り券発売日も紹介

池井戸潤氏が執筆した小説は2017年に書籍化され、同年にはWOWOWで連続ドラマ化。第34回ATP賞のテレビグランプリを獲得するなど高い評価を得た。今回の映画化発表に際し、ティザービジュアルも初披露。バンカーらしい清潔感あふれるスーツ姿の竹内、横浜が放つ鋭い眼差しが印章的で、宿命に抗い過酷な運命に立ち向かう男たちの生き様を予感させる仕上がりだ。

メガバンク「産業中央銀行」で新入社員の山崎瑛(やまざき・アキラ/竹内涼真さん)と階堂彬(かいどう・あきら/横浜流星さん)は、同期の中で図抜けて優秀だが、性格は正反対。父の経営する工場の倒産、夜逃げを経験したため、人を救うバンカーになるという大志を抱く瑛と、老舗海運会社の御曹司に生まれ冷めた目で仕事に取り組む彬は、ライバルとして日々しのぎを削っていた。しかし、ある案件で理想と信念を押し通した瑛は左遷されてしまう。一方、順調に出世した彬の前にも血縁というしがらみが立ちはだかり、階堂家グループは倒産危機に陥る。グループ全社員とその家族4800人の人生がかかった危機的状況のなか、瑛と彬の人生が再び交差する。

瑛(竹内さん)は、どんな融資先にも全力でぶつかる、ひたむきで人情味あふれる銀行員。池井戸作品は、3作目となる。並々ならぬ思いを抱いて臨んだようで「大きな壁にぶち当たり、苦しんで、時にぶつかり合って奮闘するリアルな姿を表現することにこだわり、現場で三木監督や流星くんと話し合いながら、気持ちを込めました」とコメントを寄せている。

一方、冷静沈着で頭脳明晰な銀行員だが、老舗海運会社・東海郵船の御曹司でありながら親族との軋轢や足の引っ張り合いに嫌気がさし、自ら跡継ぎの座から退いた彬(横浜さん)。池井戸作品は初となるが、「竹内くんとは見つめ合う場面が多く、『照れるね』と笑いながらも熱く意見を交わし合い、2人の関係性を作っていきました」と明かし、充実していたことをうかがわせた。引用: 映画.com (eiga.com)

 

アキラとあきら映画公開日いつから?ムビチケ前売り券発売日も紹介

 

まとめ

アキラとあきら映画公開日いつから?ムビチケ前売り券発売日も紹介

-アキラとあきら

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5