YOSHIKI子供時代の憧れキッスのエピソードに涙!紅白2019

YOSHIKI

YOSHIKI子供時代の辛い生い立ちに号泣!幼少期にKISSを夢見た父親とのエピソードとは?

YOSHIKIが子供時代の憧れだったキッスとの出会いエピソードが号泣ものです!

YOSHIKIさんがKISS(キッス)に出会ったわずか10歳の子供時代に、人生で最も大きな辛い出来事がYOSHIKIさんを襲います。

一体何がKISS(キッス)とYOSHIKIさんを結びつけたのでしょうか。

KISSのメンバーとYOSHIKIさんとの実際の出会いから現在に至るまでの付き合いにフォーカスを当てて謎を解明していきます。

紅白歌合戦2019でYOSHIKIとKISS(キッス)夢の共演を果たし、名曲「Rock and Roll All Nite」を見守る世界の視聴者が、感動の涙を流す圧巻ステージにはどんな秘密が隠されているのでしょうか。

ファンの声も紹介していきましょう!

 

YOSHIKI子供時代の辛い生い立ちに号泣!幼少期にKISSを夢見た父親とのエピソードとは?


YOSHIKIさんの人生にとって、KISS(キッス)の存在はなくてはならないものです。

「キッスのおかげで今の僕がいる」と断言するYOSHIKIさんからのオファーで、今回の2019年紅白歌合戦で夢の共演が叶いました。

YOSHIKIさんがそれほど思い入れの深いキッスと出会ったきっかけはなんだったのでしょうか。

まだ小学生だったYOSHIKIさんは、着物の呉服屋という歴史のある由緒正しい家庭に育ち、音楽の英才教育を与えてくれる両親の影響で、将来はクラシックのピアニストになるんだろうなと自覚していたと言います。

幸せな毎日の中で、最愛の父親がある日他界してしまい、その姿を学校帰りに見たことで「なぜ助けることができなかったんだ!」とYOSHIKIさんは自分を責め失意のどん底に落ちてしまいます。

まだ10歳の少年だったYOSHIKIさんが辛く悲しい思いの渦に涙する日々で、ひと筋の光を与えてくれたのが、当時世界を圧巻していたKISS(キッス)の音楽だったのです。

 

YOSHIKI子供時代にKISSとの衝撃的な出会いでロックに目覚める


YOSHIKIさんは2016年のインタビューでこう語っています。

毎月クラシックのアルバムを買い与えてくれた父親が他界した時、事故でも病でもなかったことで、僕の中の全てが変化してしまいました。

心の中にわき上がる父や周囲への怒り、自分を責めることへの苦しみ、父が突然去ってしまったことへの悲しみ...。

そんな中、いつも父と訪れていたレコード店でふと見つけたのがキッスのアルバム「ラヴ・ガン」だったんです。

ビジュアル系バンドの元祖といってもいいレベルのビジュアルに大きなショックを受けて、音楽を聴いてさらなる衝撃を受け、僕の人生の再起とも呼べる歯車が回り始めました。

YOSHIKIさんが母親に頼み込んで連れて行ってもらったキッスの武道館コンサートでは、母親は着物を着て、10歳のYOSHIKIさんは5歳の弟の手をひいて武道館を訪れます。

母親はコンサートの前に寿司を買い、さて、武道館で何が始まるのかしら?といった具合だったのだとか。

ミラーボールが回り始めて花火が打ちあがると、YOSHIKIさんはこれだ!と叫び大興奮し始めるのです。

心の中で叫んでいた苦しみや悲しみを、叫んで吐き出していいんだ!ということを知り、ロックの素晴らしさに目覚めたんです。

キッスやロックミュージックに出会ったことで、僕は人生が救われたというところがあるんです。

 

YOSHIKIがキッスに初対面を果たした奇跡のきっかけとは


YOSHIKIがキッスに実際に対面するという夢が叶ったのは、どんな場面だったのでしょうか。

時は1994年、キッスが制作するトリビュートアルバム「KISS MY ASS」にYOSHIKIが「Black Diamond」をプロデュースして参加したことでした。

それから友達付き合いをするようになったキッスのメンバーとYOSHIKIは、YOSHIKI CHANNELにキッスがたびたび出演したり、XJAPAN制作のドキュメンタリー映画「We Are X」にジーンが出演するなど、コラボレーションを果たしているんです。

2019年12月現在キッスが開催している最後のワールドツアー【END OF THE ROAD WORLD TOUR】の東京ドーム公演では、YOSHIKIがサプライズゲストとして呼ばれ、アンコールに登場しています。

ポールスタンレーが「今夜は俺達にとってスペシャルな日なんだ。親友であり、日本を代表するロックスターのYOSHIKIが一緒に演奏を披露してくれるんだ!」と興奮気味にYOSHIKIを紹介すると、キッスの名曲バラード「Beth」のピアノ演奏をYOSHIKIが奏で、エリック・シンガーの歌声が東京ドームに響き渡りました。

「YOSHIKIはNO1!ありがとございます!」とポールスタンレーが叫び、抱擁を交わすシーンは感動もので観客は大きな歓声で包まれました。

YOSHIKISSことYOSHIKIさんとKISS(キッス)の夢の共演がステージで再び叶う、紅白歌合戦2019は全米でも中継されるなど、世界で注目されているのです。

 

YOSHIKI子供時代の憧れキッスと紅白2019で伝説バンド結成

紅白歌合戦2019でYOSHIKIさんとKISSが披露するのは、KISSの世界的名曲「Rock and Roll All Nite」です。

まさにYOSHIKIさんがロックに目覚め、XJAPANを結成した原点とも言われるこの曲の演奏を、世界中の視聴者が見守っているのです。

全世界で1億枚のアルバムを売り上げるという爆発的人気を誇るKISSは、現在最後のワールドツアーを行っている最中なので、日本でステージに立つのはこれが最後だとも言われています。

そんな記念すべきステージで共演するという大き過ぎるアメリカンドリームを私たちに魅せてくれるYOSHIKIさんから目が離せません。

曲の始まりではKISSのポールスタンレーがこう挨拶しました。

「こんばんは、日本!このステージに立つことができて光栄に思うよ。今日は友達のYOSHIKIと演奏するんだ。Rock and Roll All Nite!」

YOSHIKIさんは演奏の初めでピアノを披露し、曲が始まるとキッスのエリック・シンガーとのダブルドラム体制に移行!

曲の最後にはポールスタンレーがギターを叩きつけて壊し、圧巻のステージを披露しました。

 

演奏後のファンの反応は?


-YOSHIKI

© 2020 動画ジャパン Powered by AFFINGER5