やめすこあらすじネタバレ3話感想|藤ヶ谷太輔と奈緒がキスシーン?実家で衝撃の展開とは?

やめるときも、すこやかなるときも

やめすこあらすじネタバレ感想3話|壱晴と桜子がキスシーン?実家で衝撃の展開とは?

やめすこあらすじネタバレの3話感想と題して、藤ヶ谷太輔と奈緒のキスシーン&実家で起こる衝撃のストーリー展開を考察していきます!

やめるときも、すこやかなるときも2話の放送では、桜子の実家で父親勝己と鉢合わせてしまった壱晴でしたが、家族との関係だけでなく、3話で桜子との間に急展開が生まれるんです。

やめすこ3話予告にある藤ヶ谷太輔さんが奈緒さんを抱きしめてキスシーン...!?というあらすじネタバレには、キスマイファンや奈緒さんファンも思わずドキドキさせられてしまいます!

2人の関係はどこまで発展していくのか、やめすこ3話の感想を、2話のあらすじ展開をおさらいしながら考察してみます。

桜子役と壱晴役でW主演となる奈緒さんとキスマイの藤ヶ谷太輔さんが、役柄のキャラクターになり切ったキスシーンは、3話の見どころとなること間違いなしです!

 

やめすこあらすじネタバレ感想3話|壱晴と桜子がキスシーン?実家で衝撃の展開とは?


まずはやめるときも、すこやかなるときもの3話予告からいってみましょう!

ーー僕では、ダメでしょうか?と戸惑いながら聞く壱晴。

泣きそうな顔で絞り出すような声で、「全然、ダメじゃないです。。!」と答える桜子。

壱晴と手をつないで幸せそうに歩きだす2人。

嬉しさでいっぱいの桜子でしたがそれもつかの間、友達の彩芽に報告すると、「何その急展開!?」とビックリされてしまい、その流れで「まだ好きって言われてないの?」という話題になり、急に不安を感じてきてしまいます。

そんな中で、小料理屋のマスターである柳葉優太(五関晃一 )から「好きな人ができたってことだよな?」と聞かれるも、答えられない壱晴。

不安が隠せない桜子は、壱晴の家で2人きりになると勇気をふりしぼって「男性経験が無い」と、突然の告白!

壱晴は、「桜子のペースでゆっくり進めよう」と桜子を抱きしめます。

「桜子のことがもっと知りたい」とつぶやき、桜子を抱き寄せる壱晴、驚く桜子。

壱晴は桜子の首筋に手を回し、2人の距離が近づきます。

壱晴と桜子の間で起こる衝撃の展開とは?

そんな中で壱晴の実家へ一緒に行った桜子は、部屋で見てはいけない過去の写真を見てしまいます。

2人の関係はどうなっていくのか!?

 

やめすこ3話の見どころはここ!


なんといっても気になるのは、キスマイの藤ヶ谷太輔くんと奈緒さんのキスシーンが見れるのか?というところです!

キスマイファンにとっては画面で叫んでしまいそうなくらい、奈緒さんとの顔の距離が近いんですよね!

もう少しで唇と唇が触れ合うという至近距離と、桜子の首筋からほほに当たる壱晴の大きな手が、視聴者を興奮させてしまいそうです!笑

男性経験が無いという桜子が恋愛下手なのは、交際相手がいたにも関わらず押しが強くて重いことが原因だったようですが、壱晴が相手となるとそうもいかないようなのがまた面白いところです。

そして、小料理屋で柳葉の質問に答えられなかった壱晴の本当の心がどこにあるのか、本当に2人の心が通い合っているのか、気になってしまいます。

美人で可愛いのに、実は純粋でウブという、男性の理想をまさに描いたキャラの「桜子」ですが、声をかけてきた壱晴の家について行ってしまうなどちょっと脇の甘いところがあり、壱晴に振り回されないか勝手に心配してしまいます。

壱晴の実家で見てしまった衝撃の写真は何だったんでしょうか。

「結婚式のスピーチお願いね」と彩芽に話して浮かれていた桜子でしたが、2人の間に摩擦が生まれてしまうのか。

2話で父親の勝己から怒鳴られてしまった桜子の、複雑な家庭環境を思わせる背景にも何かが隠されていそうです。

キスマイの藤ヶ谷太輔くんは「ドラマも楽しみにしてくれているし、家族が一番大切な存在です」と明かし、やめすこの中でも大きなテーマとなる「家族愛」についてぜひ見て、何かを感じてほしいとコメントされていますよ!

ストーリーを追うごとに明らかになっていくキャスト達の生き様や過去に注目です!

 

2話のストーリーをおさらい!

ではやめるときも、すこやかなるときものネタバレ3話感想と考察に入る前に、2話のストーリーをおさらいしていきましょう!

やめるときも、すこやかなるときもは、人を想う愛情と残酷な現実の間で心が揺れ動く、「好き」という気持ちだけでは一筋縄にいかない壱晴と桜子のラブストーリー。

真面目な姿勢でまっすぐに仕事に取り組む壱晴は、師匠の作品を超えるものを作りたいともがき、逆に仕事では自立しているものの恋愛面ではうまくいかない桜子は、惹かれあいながらお互いに打ち明けられない秘密があります。

藤ヶ谷太輔さん演じる壱晴は、奈緒さんが演じる桜子の父親勝己が暴れ出した時、ついに「交際宣言」。

「今はまだ、おつきあいしていません。でも、そのつもりでいます。」

一瞬からかわれた?と感じた桜子でしたが、「本当に本橋さんとおつきあいしたいと考えています」とハッキリ宣言した壱晴に心を突き動かされ、受け入れます。

声が出なくなってしまった壱晴を心配して、家具工房に来た桜子に、壱晴の師匠である佐藤哲(火野正平)が話しかけます。

壱晴が戻り声が出るようになったとひと安心した桜子は、一緒にお昼ご飯を食べることに。

壱晴が10年も前からこの症状に悩まされていたことを知り、いてもたってもいられず「よかったら家にいらっしゃいませんか?」と衝動的に誘ってしまう桜子。

緊張する桜子でしたが、桜子の自宅へ一緒に行った壱晴は、桜子の愛用する机をじっくりと撫でます。

壱晴は桜子にピッタリ合うイスを作ってあげたいと思っているのです。

そんな壱晴を見て、「もっとこの人を知りたい」という気持ちが増していく桜子。

その一方で、家具工房の師匠である哲先生は、壱晴の様子を心配して「誰かに支えてもらえ」と言い放ちます。

桜子の実家で父親の勝己と鉢合わせをしてしまった壱晴。

桜子の父親との間で、思わぬトラブルが勃発してしまいます。

 

やめすこあらすじネタバレと3話感想・考察

やめすこドラマ3話が放送後に執筆していきます!

やめすこ1話のあらすじ感想と考察!ワンナイトを過ごし再会した2人の関係は?

やめすこ2話のあらすじ感想と考察!壱晴が桜子父親に匂わせ発言で急接近?

 

やめすこあらすじネタバレ感想3話|壱晴と桜子がキスシーン?実家で衝撃の展開とは?まとめ

やめすこあらすじネタバレ3話感想と題して、藤ヶ谷太輔さんと奈緒さんのキスシーン&実家での衝撃の展開についてまとめてきました!

奥手な桜子役を演じる奈緒さんと、心に闇を抱えた壱晴役を演じるキスマイ藤ヶ谷太輔さんが急接近していく姿は、新たなやめすこファンを激増させてしまうほど衝撃的な展開でした!

今まで好きという気持ちだけで進んできた桜子と壱晴でしたが、壱晴のトラウマや桜子の家族に隠された闇などの過去が暴かれていく中で、2人の関係性に変化が生まれてくるストーリーから目が離せません!

シンドラ「やめるときも、すこやかなるときも」で抱きしめ合ったりキスシーンへ急展開していく3話の桜子と壱晴を見ると、早くも4話のあらすじネタバレが気になり過ぎて見逃しは厳禁ですね(゚∀゚)

2人の間に生まれた摩擦をどう乗り越えていくのか、壱晴の心の奥にある傷が何なのか、桜子は壱晴の心を開くことができるのか。

やめすこ3話の感想と4話のあらすじ考察を楽しみながら、次の展開を待ちましょう!

-やめるときも、すこやかなるときも

© 2020 動画ジャパン Powered by AFFINGER5