死との約束ドラマ感想はつまらない面白い?評判を調査!

死との約束

死との約束ドラマ感想はつまらない面白い?評判を調査!

「死との約束ドラマ感想はつまらない面白い?評判を調査!」と題してお送りします!

三谷幸喜✕アガサ・クリスティ✕野村萬斎シリーズ第3弾ドラマの評判をリサーチしますよ。

シリーズ第2弾は、「最高に面白い!もう一度見たい!」とアンコールの声があがっていました。

3年ぶりのシリーズ復活なので待望のファンも多いのではないかと思いますが、ドラマ「死との約束」の感想が気になります。

つまらないのでしょうか、はたまた面白いのでしょうか、ドラマ「死との約束」感想調査します!

 

死との約束ドラマ感想は面白い?評判を調査!

アガサ・クリスティーの世界観そのまま残したうえで、前作とは全く違うトリックになっているシリーズ第3弾『死との約束』。

その評判が気になりますね。

実際の感想の声は「面白い」と「つまらない」ではどちらの方が多いのでしょうか?

また、それぞれの感想の理由についても徹底調査しました!

 

面白い評判


「死との約束」はキャラクター性、本格的な推理全体を通して「面白い」という声がたくさんありました!

「面白い!」の一言だけの感想も沢山あり、本当に面白いドラマなんだと痛感しました。

面白いというのとは少し違うかもしれませんが、ドラマの時代設定が30年代だったということもあり、髪型や服装への感想が多くありました。

レトロな自動車や傘、帽子に煙草まで全てが可愛いく見えますよね。

中には、その衣装での場面が映った瞬間に吹き出してしまったという声も沢山上がっていましたよ。


「死との約束」が一番面白かったという声まで上がっていましたよ!

それでは、気になる「面白い」の理由を見ていきましょう。

 

謎解き推理の感想

三谷幸喜✕アガサ・クリスティ✕野村萬斎シリーズには謎解き部分のファンも多いですよね。

やはりここが「面白い」という声が出ていましたのでご紹介します。


さすがの推理力で素晴らしい、動機から解決までの部分が気持ち良く描かれてて面白かったなどの声がありました。

名探偵の謎解きは注目の部分である事は、感想・評判からよく分かりましたね!

シリーズのファンにとっては期待が感想を左右する部分もありますよね。

では「つまらない」にはどんな声があり、その理由はどんなものなのでしょうか?

 

死との約束ドラマ感想はつまらない評判も?

三谷幸喜✕アガサ・クリスティ✕野村萬斎シリーズには圧倒的にファンが多いのですが、意外と「つまらない」という声が上がっていました。

「つまらない」の声にはシリーズ通しての声もありましたよ。

 

つまらない評判

シリーズ第三弾になりますが、何度見ても名探偵勝呂の演技が苦手という感想があがっていました。

漫画のキャラクターの声に聞こえて残念という感想もありました。

その他にもこのような声が見つかりました。

舞台背景が日本になるとイメージに合わないという感想もありました。

やはりアガサ・クリスティの作品のリメイクになるので、海外のイメージが強いということですね。

つまらない理由を調査してみましたが、面白い理由と同じ推理に対してもありましたよ。

 

謎解き推理の感想

躊躇なく犯人を言い当てるのに、逮捕するのではなく逃げ道を与えるところがスッキリしないという事のようです。

2作続けて犯人が死んでしまう結末は悲しい

なぜ犯人を自殺に追い込んだのか、勝呂ならどんな人でも命には変わらないって思ってるはず

加えて、犯人は捕まって終わるのがセオリー、2連続で死ぬことを許したことが残念過ぎたのですね。

謎解きはドラマ最大の見せ場であり、ファンが多い理由のひとつでもあるはずです。

見どころとしているファンも多いので、見終わってからも考えさせられるくらい見応えのあるドラマになっていますね!

 

まとめ

「死との約束」の評判・感想を調査してきましたが、やはり大半の人が「面白い」と感じる作品だと分かりましたね。

「全体的には面白いのに、ここだけちょっと…」というような感想はありましたが、つまらないだけの感想はほとんど見られませんでした。

アガサ・クリスティーの作品を描いた物の中で、このシリーズは殺人が起きるまでのキャラクター設定、そして謎解きまで全部面白いという声が目立ちましたよ。

その中で両極端な感想に共通した『謎解き』には、興味をそそられますよね。

全話見ているファンの方はもちろん、次回作に期待したくなったのではないでしょうか?

「死との約束ドラマ感想はつまらない面白い?評判を調査!」と題してお送りしました!

-死との約束
-,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5