わたどうドラマ5話ネタバレあらすじ考察と感想!七桜と椿は兄弟で妊娠?

私たちはどうかしている

わたどうドラマ5話ネタバレあらすじ考察と感想!七桜と椿は兄弟で妊娠?

「わたどうドラマ5話ネタバレあらすじ考察と感想!七桜と椿は兄弟で妊娠?」と題してお届けします。

ドラマ「私たちはどうかしている」 通称「わたどう」5話で、椿の子を妊娠したかもしれない七桜のネタバレが気になりますよね。

夫婦になるなら何の問題もないはずの妊娠ですが、5話ではふたりの関係すら揺るがす大きな秘密が暴かれます。

七桜と椿は異母兄弟で妊娠してしまったのか?

光月庵の行方、そして後継者としての椿の立場、七桜の決意とは?

この記事では、わたどう5話のあらすじを紹介して行きます!

 

わたどうドラマ5話ネタバレあらすじ考察と感想

横浜流星さん演じる椿からのプロポーズを受け入れた、浜辺美波さん演じる七桜。

日本屈指の旅館・長谷屋の三女である長谷栞との結婚式を中止にしてまで貫こうとするふたりですが、そこには様々な障害が。

ふたりの結婚に納得がいかない今日子の妨害はまだまだ続きます。

いまだ納得いかない椿の母・今日子は、得意客にお茶を出すよう言いつけわざと恥をかかせたりといやがらせをします。

同じような話題で盛り上がれる城島に誘われた事で再び椿の関係には溝が…

しかしそれも今日子の策略だった事がわかります。

ウソを重ねてしまった七桜と椿の関係はさらに進展する事になりましたが、罪悪感は増す一方。

結婚式の準備は着々と進む中で七桜のからだにある変化が…?

5話はさらなる波乱の展開になりましたよ。

 

わたどう5話の感想

5話もハラハラドキドキの展開でしたね!

ストーリー展開でいちばん重要なのはやはりあの”手紙”でしょうか。

蛍の舞う庭で、椿の口からしっかりと七桜への想いが聞けたのも良かったですね。

何かを画策して乗り込んできた栞…

今日子に軽くけん制されていましたが、このまま引き下がるとは思えません。

茶会『夕ざりの茶事』に隠された秘密が気になります!

 

わたどうドラマ5話ツイッター反応

さっそくわたどう5話のツイッターでの反応を見てみましょう!

椿と七桜の庭でのシーンに注目が集まっていました!

そしてなんと今日子にも同情の声がけっこう上がっているようですね。

 

わたどうドラマ5話ネタバレあらすじ考察と感想!七桜と椿は兄弟で妊娠?

激しさを増す女将・今日子のいやがらせ。

それに反して七桜と椿はついに結ばれる事になります。

ところが喜んでばかりもいられません。

5話ではあるとんでもないものが発見されたんです!

 

わたどうドラマ5話あらすじ

これまで七桜の母を演じていた夕子の小料理屋に現れた今日子。

店にやって来た客をあっという間に他の店へと連れて行ってしまう夕子。

そのあまりに異常な圧力に夕子は七桜と関わる事をやめようと決意し、今日子が持って来た結婚式の招待状を握りつぶします。

一方妊娠検査薬を使った七桜は、椿への想いから正体を隠している後ろめたさを感じていました。

結婚式の準備は進みます。

招待状を出すために椿に実家の住所を聞かれ、さらにウソを重ねる事になる七桜。

お母さんは体が弱い、遠くに住んでいる…と思わず言ってしまいました。

今日子は「すぐ近くに住んでいるのに」とここぞとばかりに問い詰める今日子、椿は挨拶に行くと言い出します。

結局椿とともに小料理屋を訪ねる事になってしまった七桜は、頭を下げて出席を頼んでくれた椿の姿に全てを打ち明ける決意をします。

翌日、蛍の舞う庭で指に止まった蛍が指輪みたいだと言う七桜と、そんな七桜にしっかりと気持ちを伝える椿。

「お前が好きだ」

そう言うと蛍の舞う中でふたりは口づけします。

七桜は勇気を振り絞りますが、ここでも割って入った今日子に遮られ七桜は真実を打ち明ける事ができません。

さらに翌日、毎年恒例の茶会『夕ざりの茶事』を一週間前倒した事でふたりの結婚式を認めたかのように見える大旦那。

体調を崩した事で「桜の作ったお菓子が食べたい」と言って、椿が作ったものを突き返していた過去を思い出していました。

見合いの席で「七桜の母親は人殺し」というウワサを聞いてしまった栞は、結婚式の日取りが決まったと聞きある決意をします。

その頃、城島の部屋に遊びに行く事になった七桜は、懐かしい母との記憶が詰まった部屋の押し入れであるものを見つけました。

それは押し入れの天井裏に隠された道具箱。

中に入っていた手紙に書かれていたのは、ふたりの関係を揺るがすあるとんでもない事実でした!

大旦那は遺言書で「すべて椿に譲る」としながらも「正当な血をひく者が現れればそちらに譲る」という内容を付け加えていた事がわかり、今日子はこれに猛反発します。

茶会当日、光月庵では何が起こるのでしょうか?

 

わたどうドラマ5話ネタバレ①七桜の父親の正体

七桜の妊娠疑惑という衝撃的な展開となったわたどう5話。

実は検査薬は陽性で、それを見た時に素直に嬉しかったと夕子に話す七桜は、母がこの結婚を望んでくれないのでは…という葛藤とも戦っていた事が分かります。

それでも全て打ち明けよう、と決意させたのはやはり椿への想いがあるからこそ。

そんな七桜が懐かしい部屋で見つけた道具箱から出てきた「七桜へ」と書かれた封筒…

入っていたのは「DNA父子鑑定報告書」

そこに書かれていたのは「高月樹は、子、大倉七桜の生物学上の父である可能性 99.99999996%」という内容でした。

つまり、椿の父が七桜の本当の父親だという事です。

さらに道具箱からは椿の父・樹からの手紙が何通も見つかります。

「愛している、今も変わらず」「いつか一緒になろう」そんな言葉が並んだ手紙の数々…

幼少期からずっと父親の事を聞いてはいけないような気がしていたという七桜は、樹と百合子の写真も発見してしまうんです。

あまりの事に動揺し咄嗟にお腹の赤ちゃんの事を想う七桜でしたが、同時に椿が大旦那の孫でない事実も知ってしまいます。

つまり、光月庵の正当な後継者は七桜であって椿ではないという事です。

子供の事は隠せない、でも正体は明かせない…

苦しめたくない、という一心で七桜は悩んだすえ椿の元を去る決意をします。

 

わたどうドラマ5話ネタバレ②椿の記憶

鑑定書を手に動揺する七桜の前に急に現れた大旦那の口からさらに衝撃の事実が語られます。

それは、「光月庵を継げるの正当な血を引く者」として「桜という女の子を探している」という事。

さらに椿にも探すよう話してあると言うんです。

その事から、おそらく椿は自分が父親の本当の子ではないと気付いてしまい、”桜”が現れたら全て失ってしまう事を悟ったのではないかと考える七桜。

ふと、口にしたお菓子の味に覚えがあるような気がすると大旦那が言いました。

そのリアクションがめずらしく、椿は以前にもこんな大旦那の姿を見た気がすると記憶をさかのぼり15年前の事が頭をよぎります。

今日作ったのは七桜…

15年前に作ったのは桜でした。

ついに椿が「七桜が桜なのでは?」という疑問を持ってしまいます。

 

わたどうドラマ5話ネタバレ③栞からの噂話

急に椿を訪ねて来たのは栞でした。

理由は夕ざりの茶事に出たいという事だけではありません。

「七桜の母親は人殺しだというウワサを聞いた」

それをわざわざ伝えに来たんです。

栞の言葉に、さらに椿の頭のなかで全てがつながってしまいます。

信じたい気持ちが揺らぎそうな椿…

前日今日子に遮られた七桜の話を聞こうとしますが、七桜はごまかしてしまいました。

その様子に不安にかられた椿は七桜を抱きしめます。

七桜も椿を想い、一刻も早く事件の真相を突き詰めたいと考えます。

 

わたどうドラマ5話ネタバレ④夕ざりの茶事に隠された秘密

七桜は多喜川の元を訪ねました。

15年前の出来事を聞いていた多喜川は、自分が当時光月庵から足が遠のいていた事を後悔していた事が分かります。

事件の真相を突き止めるべく、七桜は当時の事件現場を調べようと考えますが、頑丈に閉ざされています。

外からはもちろん廊下からの通路も閉じたのは大旦那でした。

ただし、一年に一回『夕ざりの茶事』の日にのみ開かれると聞きます。

茶会のあと、部屋で一杯だけお茶を飲み亡き息子を忍んでいる様子だと聞きますが、”事件現場”である以上どうしても入りたい七桜。

茶会当日を待ちわびます。

 

わたどうドラマ5話の展開

わたどう5話のストーリー展開についてまとめて行きます!

ドラマ5話ではこんな出来事がありましたよ。

・小料理屋をつきとめ圧力をかける今日子

・七桜の妊娠確定と、さらに強くなる椿への想い

・七桜が椿に真実を打ち明ける決意をする

・蛍舞う庭での椿の告白

・光月庵の正当な後継者が椿ではなく七桜である事が判明

・椿の記憶と事実が結び付き、七桜=桜では?と勘づいてしまう

・七桜は光月庵を去る決意をする

原作ネタバレと比較してみましょう!

 

わたどう原作5話ネタバレ

公式あらすじから原作6巻の見どころをピックアップしました!

ネタバレも含みますので注意してくださいね!

・体調が悪い七桜は妊娠を疑う

・椿の気持ちを想像しては翻弄される自分に、好きだと改めて実感

・催事を邪魔する女将についに反撃!

・結婚式準備と椿のプロポーズ

・母の部屋で隠し扉を見つける七桜

・衝撃の事実を知ってしまった七桜は去る決意をする

怒涛ですね!

「原作に忠実」というのがわたどうの評価としてよく聞かれますが、ドラマ5話も原作に沿った内容となりました。

原作を知っているファンとしては「だからこそドキドキする!」という声が多いようですよ。

 

まとめ

「わたどうドラマ5話ネタバレあらすじ考察と感想!七桜と椿は兄弟で妊娠?」と題して5話のストーリー展開についてまとめて来ました!

ハラハラドキドキの展開が続く「わたどう」。

七桜の妊娠というおめでたい出来事がありました!

ストーリー展開ももちろんですが、女性陣の迫真の演技に今回も震えました。

七桜を陥れようと企む栞…部屋でひとりてるてる坊主の首をハサミで切る女将…怖かったですね。

5話では発見された手紙により「椿の父親が七桜の父親?」「ふたりは兄妹?」という流れになるのかと思ったら、まさかの椿は血がつながっていないと言う衝撃の事実が分かりました。

椿と七桜が兄妹でないのなら結婚は問題ない…ともいかない七桜の気持ち。

なぜなら”桜”の存在が椿の居場所を脅かす事に気づいてしまったからなんですね。

光月庵の正当な後継者である事を七桜が知ると同時に、様々な出来事と過去の記憶から”七桜”と”桜”がつながりつつある椿。

さらに大旦那の遺言書により、ふたりの関係はさらなる波乱に巻き込まれそうです。

ストーリー展開としては重要だったのは”ふたりの運命を揺るがす手紙の内容”ですが、5話は七桜の妊娠疑惑や蛍のシーン、大旦那の画策や相変わらずの女将のいやがらせなど見どころが盛りだくさんでしたね。

新たな秘密が分かりそうな『夕ざりの茶事』が気になります!

-私たちはどうかしている
-, , , ,

© 2020 動画ジャパン Powered by AFFINGER5