悩み解決!あなたに喜ばれる最新の役立つ情報を

エンタメジャパン

アンサングシンデレラ原作者と漫画あらすじは?ドラマ化で登場人物やストーリー違いはどこ?

アンサングシンデレラ

アンサングシンデレラあらすじ原作単行本との違いは?漫画結末とドラマ成功予想も解説!

投稿日:

原作者荒井ママレさんの漫画「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」がドラマ化で、漫画の登場人物やあらすじに注目が集まっています!

原作本の漫画で登場するキャラクターやあらすじは、ドラマの中でどう描かれるのか、ストーリーを忠実にドラマ化して欲しいものの、違いはどこに現れるのかが気になりますよね。

原作者の荒井ママレさんは2018年7月から月刊コミックゼノンで「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」の連載を開始しており、薬剤師という職業にスポットを当てた珍しい漫画作品であることから、当初から大きな注目を浴びてきました。

2020年4月にドラマ化されるストーリーの中では、主役の葵みどりを石原さとみさんが演じることでさらにファンの期待がヒートアップしています!

ドラマ化アンサングシンデレラの原作本、漫画ファンの期待を裏切らないあらすじやストーリー展開を見せてくれるのか、登場人物のキャラクターがどこまで忠実に表現されるのか。

ネタバレも少し入れながら、原作者の想いや感想、ファンの反応や評判、原作漫画との違いを検証していきたいと思います!

 

あらすじ原作単行本との違いは?


漫画のあらすじとドラマの違いの前に、まずは原作者の荒井ママレさんを紹介します!

荒井ママレさんプロフィール
作家名 荒井ママレ(アライママレ)
性別 女性
漫画家デビュー 2009年
受賞歴 デビュー作「死神のわけまえ」で第63回新人コミック大賞に入選
漫画連載歴 「月刊!スピリッツ」「月刊コミックゼノン※アンサングシンデレラ」
他漫画作品 さよならリボン
所属創作漫画同人サークル そよそよワールド🎀ティアG38a
アンサングシンデレラ漫画情報
単行本出版社 徳間書店
連載レーベル ゼノンコミックス
医療原案 富野浩充
最新刊 アンサングシンデレラ3巻 2019年9月発売
次号発売予定 最新刊4巻は2020年4月20日頃

漫画「死神のわけまえ」で新人コミック大賞を受賞したことにより、華々しいデビューを飾ったようですね!

荒井ママレさんは「そよそよワールドティアG38a」という同人誌サークルを漫画家たまいずみさんと立ち上げており、ここでも前作漫画が発売されているようです。

この同人誌サークルの知名度はかなり低く、現在連載中のアンサングシンデレラがドラマ化されたことで、話題を集めていくことが予想されますね。

 

荒井ママレドラマ化の感想は?

アンサングシンデレラの漫画作品プロジェクトを立ち上げる時に、多くの薬剤師さんに協力いただいて取材をお願いしたんです。

そんな時、決まって皆さんがおっしゃるのは「薬剤師が主役で大丈夫なんですか....?」というセリフでした。

医療を舞台にした作品は沢山ありますが、薬剤師にフォーカスを当てたものがほとんど無いんです。

日々の生活の中で私たちが支えられている「薬剤師」という職業が実は必死に働いていて、縁の下の力持ちとしての大きな存在意義をすくいあげることによって、生まれた漫画作品でした。

ドラマ化されるということで、漫画とはひと味違うドラマ化ならではの「アンサングシンデレラ」が視聴できることを、1人の視聴者としてとても嬉しく楽しみに思います!

 

原作本の漫画あらすじとドラマの違いは?

まず、原作本のあらすじ&登場人物のキャラクターの大きな違いとして、主人公葵みどりの職業キャリアがあげられます!

漫画では入社2年目の薬剤師となっていますが、ドラマでは8年目のキャリアを持ち、新人を引っ張っていくキャラクターなんです。

漫画ではガムシャラに突っ走るキャラクターですが、石原さとみさんが「がむしゃらなだけでなく、優しい気持ちが強さにつながることを感じてほしい」とコメントしていることから、ドラマでもこの葵みどりのキャラクターを活かしつつ、強さと優しさを表現していく少し大人びた設定になるのかもしれませんね。

とはいえ、漫画では1巻目から患者の古賀とトラブルを起こしていますから、ドラマ1話でも何かが起こりそうです笑。

漫画タイトルアンサングシンデレラの「アンサング」とは、英語でunsungと綴り、「褒められない」「讃えられない」という意味があり、薬剤師はほぼ賞賛されることのない職業で1人1人がシンデレラのような立ち位置であることを表現しているようですね。

対してドラマのタイトルは「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」で、サブタイトルには「薬剤師が出す心の処方箋」という意味が込められているようですよ。

石原さとみさんの「優しさや強さを表現したい」というコメントが、ここでリンクしてきますね!

ここからあらすじを紹介していきましょう!

 

漫画結末とドラマ成功予想を解説!

葵みどりは、薬剤師の仕事って患者さんに薬を出すことや管理することで、AIロボットが発達してきたら必要なくなるんじゃないの?と自分の存在意義を見いだせない毎日を送っている。

その割には責任感が重く、医師が処方ミスをした時の尻ぬぐい(確認)をしなきゃいけないのに、電話するとウザがられて怒られることもある。

将来を不安視する中で、憧れであり心の支えとなっている存在が、上司の瀬野。

明るいキャラクターで仕事もできて、医師や看護師からの信頼を集めるまさに頼れる存在で後輩のフォローもしてくれる。

葵みどりは思ったら突っ走るタイプのキャラクターで、仕事に真摯に向き合う姿勢が評価されつつも、患者に対して心配する気持ちや職場での立ち回りでトラブルになることも。

医師の中でも評価の分かれる葵みどりだが、患者にとってうっとおしいと思われることをやってのけ、結果的に信頼を勝ち取ることで、次第に愛される存在へと成長していく。

しかし、医療現場で医師や患者、薬剤師仲間とのトラブルは多く発生し、そのたびに走り回る葵みどりがどんな風に変わっていくのか、誰も想像ができない。

漫画ではドタバタと走り回る葵みどりを、石原さとみさんがどんな風に演じてくれるのか、楽しみですね。

石原さとみさんは色っぽい女性ですが、実は男っぽいサバサバした面があり、女性からもかなり好かれるキャラクターですよね。

そんな面が、葵みどりのキャラクターにピッタリとはまっていくのかもしれませんね!

「内面の強さ=やさしさ」だということを表現したいと語る石原さとみさんの演技力に注目が集まります!

漫画の結末はまだ連載中なので出ていませんが、私的には続編を期待させる終わり方をするんじゃないかな?と思われます。

なぜなら漫画はまだ3巻までしか発売されておらず、ドラマの放映時期と同じ4月頃に4巻が発売。

まだまだストーリーが続いていくことが予想されることに加えて、「薬剤師」にスポットを当てたドラマが今まで日本中でも無かったことから、大きな話題性を呼ぶことは間違いないと思われるからです。

アンサングシンデレラのドラマ化が成功するかどうかは、続編が期待されるほどの演技力を出演者が魅せてくれるかどうかという点や、原作本の漫画の役柄設定やストーリー展開を、ファンにがっかりさせない作品に作り上げられるかどうかにかかっていると思います!

 

アンサングシンデレラあらすじ原作単行本との違いは?漫画結末とドラマ成功予想も解説!まとめ


漫画原作本のアンサングシンデレラがドラマ化し「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」として、あらすじや結末にどう違いが出てくるのか、ドラマが成功するのか?の予想についてまとめてきました!

漫画原作者の荒井ママレさんは、ドラマ化した作品に違いが出ることを想定しつつ、あらすじやキャラクター設定の違いについても視聴者として楽しみたいとコメントしていますね。

主人公の葵みどり役で主演を務める石原さとみさんの演技力に不安は感じられず、むしろキャラクターにどうはまっていくのか、という点で漫画ファンの反応やドラマファンの評価が分かれていきそうですね!

漫画の最新刊4巻はドラマ放映時期の4月下旬に発売されることが予定されていますので、新たなストーリー展開も予想しつつ、原作本のあらすじとドラマ化されたストーリー展開や結末がどう違いをみせるのか、どんな風にリンクしていくのか、期待値は大きいです!

-アンサングシンデレラ

Copyright© エンタメジャパン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.