悩み解決!あなたに喜ばれる最新の役立つ情報を

エンタメジャパン

アンサングシンデレラあらすじネタバレ2話|薬の味は飲み方で変わる?

アンサングシンデレラ

アンサングシンデレラ2話あらすじネタバレ|孤立した親子の救世主になれる?

投稿日:

石原さとみさん主演ドラマ、アンサングシンデレラ2話「薬の味は飲み方で変わる?」あらすじとドラマの登場人物から予想されるキャスト陣、ストーリー展開や感想をネタバレありで考察していきます!

子供の薬の飲み方について考えさせられる2話「薬の味は飲み方で変わる?」は、子役や母親山口役などの登場人物を中心にストーリー展開されていきます。

大人は特に気にした事もない薬の味ですが、小さな子供にとっては死活問題!

それは子供に薬を飲ませたいお母さんにとっても同じです。

2話では、小さな子供に多い病気にかかってしまった息子に薬を飲ませるために試行錯誤する、母親山口役や子役などの出演者が登場するため、早くもキャストを予想する声が聞かれます。

石原さとみさん演じる葵みどりの薬剤師としての知識の深さ、そして普段頼ると言うことができないお母さんにとっての病児保育の現実とは?

アンサングシンデレラ2話のあらすじと感想をネタバレ考察しますので、原作を読んだ方もそうでない方も一緒に出演者を予想してみましょう!

 

アンサングシンデレラあらすじネタバレ2話|薬の味は飲み方で変わる?

病院薬剤師8年目の葵みどりが奮闘するお仕事ドラマ「アンサングシンデレラ」が放送前にしてたくさんの注目を集めていますね。

日本で初めてとなる病院薬剤師が中心となったストーリー展開には、原作であるコミックのファンだけでなく、薬剤師や医師などの医療関係者からも期待の声があがっています。

主演をつとめる石原さとみさんはどのような葵みどりを演じるのでしょうか。

気になる2話をネタバレ考察します!

まずは1話のあらすじから、おさらいしていきましょう。

 

1話のあらすじをおさらい!

1話は病院薬剤師、葵みどりの「薬剤師って本当に必要?」と言う自身の存在意義に疑問を持つところから始まりました。

怪我をして入院していた植木職人の古賀につい入れ込んで周囲を振り回すものの、葵みどりのおかげで怪我意外の不調の原因を突き止める事ができ、一件落着。

振り回された医師たちも葵みどりの信念に動かされ、少しずつ認めるようになっていく様子が垣間見える…

アンサングシンデレラ1話はそんなストーリー展開でした!

 

2話の見どころはどこ?

見どころはずばり、知識と経験に裏打ちされた葵みどりの言葉が、看病に追い込まれてしまった母と息子を救う瞬間!

病気になった経験は誰にでもあるものですが、小さな子供の場合は親にとって厳しい現実が立ちふさがる事も…

病院で医師からの「もうちょっと頑張ってみて」の言葉に頑張ってないように見えるのかと思ってしまったり、自分が大変なときに限ってSNSを覗いてしまって周囲の余裕ある生活がやたらと目についてしまったり、疲れている時に限って!と言う経験って誰にでもありますよね。

特に小さな子供の看病を経験した事がある人なら、2話は他人事とは思えないはず。

仕事と病児の間で追い込まれた母親が、葵みどりの言葉に救われてまた子供と笑顔になれる瞬間にも注目してほしいです!

 

アンサングシンデレラあらすじネタバレ2話の感想と考察

2話で登場するのは、肺炎と診断されてしまった礼央くんとその母親山口。

冒頭で効き酒ならぬ「効き薬」を披露して、同僚からはドン引きされ上司からは余計な時間をかけないようにと念押しされたばかりの葵みどりが薬局で対応します。

お母さんは抱える仕事の調整や家事との合間でギリギリ看病している状態。

ワーキングマザーやワンオペ育児経験者には、共感のあまり一緒になって胃がキリキリしてしまいそうですよね。

礼央くんに薬を飲んでもらいたくて、風邪の時に飲めたはず…とオレンジジュースにまぜて出すも、にがい!と泣かれて困り果ててしまいます。

職場の風当たりも決してやさしいものではなく、そんなとき見てしまった友人たちのSNSと自身の状況を比較してさらに追い込まれてしまうお母さん。

ネットで調べた情報をもとに試行錯誤するも飲んでくれず、抗生剤の変更を求めた医師には「もうちょっと頑張ってみてください!」と言われてしまいます。

頑張っている人に「頑張って」という言葉が追い打ちをかけてしまう事ってありますよね。

体調が悪い礼央くんの抱っこ!の声にもだんだんと笑顔で対応できなくなって来てしまったお母さんに声をかける葵みどり。

「ジュースに混ぜたりいろいろ試したけど薬を飲んでくれなくて…」そんな言葉に休憩中の上司に調剤の仕事をかわってもらって服薬指導にはいります。

実際に礼央くんが処方されたのと同じ薬の味を試してみて、はじめて気持ちが分かるお母さんの「にっが…!!」の表情に礼央くんにもやっと笑顔が戻ります。

なんとこの薬、甘くコーティングされているのですが、酸味の強いものと合わせるとそのコーティングが溶けて本来の苦い味が出てしまうのだとか!

葵みどりが礼央くんに話しかける「おくすりは礼央くんの味方」「私たちはお医者さんじゃないけどおくすりの専門家だから、頼ってくれたら嬉しいな」と言う言葉に思わず涙を浮かべるお母さんが、やっと前向きになれる…と言うのが2話のあらすじです。

冒頭で目隠ししていても薬の名前を言い当てていた葵みどり、普段から薬の味や飲み合わせの相性などを追及している経験があるからこそ、この親子は救われたと言えますね。

そしてこの葵みどりの活躍には、実は調剤を代わった上司の瀬野がこっそり小児科の先生に服薬指導依頼書の手配を頼んでいた…と言う背景があったんです。

葵みどりもそうですが、上司の瀬野の人気が上昇しそうな2話のあらすじでした!

 

2話のドラマのストーリー展開予想と考察は?

好きなコミック原作のドラマを期待しながら見てみたら「ドラマ化されたらなんだか話が違う…」と思った経験はありませんか?

アンサングシンデレラは原作のファンも多いため、薬剤師の仕事をより周知してもらうために業務内容や存在意義を掘り下げた内容になる事は間違いないのでは?と予想されます。

例えば、一日に全国で処理される処方箋およそ220万枚のなかで、薬剤師が医師の処方に対して疑義照会をかける件数は6万枚を超えること、そしてそのうち約70%が処方変更になっていることが1話の最後やコミックの帯に書かれています。

これは一般の人からはとても予想がつかない数字ですよね。

この事から分かるように、ひろく知られていないながらも医師と対等に渡り合える知識がなければ仕事が成り立ちませんし、薬に関するプロとしての知識を患者へ分かるように伝える力も同時に必要となります。

フジテレビが「新・医療ドラマ」と紹介しているように、今まで取り上げられてきた医師や看護師に比べて病院薬剤師についてはあまりにも知らない事が多いと思いませんか?

もしかしたら、原作にはない病院薬剤師の現実やヒューマンドラマも取り上げられるかもしれませんね。

1話では葵みどりの暴走しがちな性格について取り上げられていましたが、2話は病院に縁の深い、親子との話。

薬剤師の知識の深さを教えてくれるエピソードやその背景、葵みどりのプライベートについても触れる部分があるかもしれません!

気になるキャストに関してはこのような声が上がっているようです。

アンサングシンデレラの子供に薬飲ませる回、共感しかない…子供3、4歳くらいかな?いま子役と言えば見たいのはEテレのきらりちゃんだけど、大きすぎか笑

アンサングシンデレラのキャスト、まだ石原さとみしか発表になってないけど水上あさみか山口紗弥加は出演するに違いないと思っている←

薬が飲めないぐらいの年齢と言う事で、小学生前の子役が登場する事になりそうです。

そうなると、母親役の年齢設定は20代後半から30代前半くらいでしょうか。

あなたはどう予想しますか?

アンサングシンデレラ挿入歌!感動シーンの歌手と曲名予想は?

 

視聴者の感想や考察は?

※ドラマ放映後に執筆します!

 

アンサングシンデレラあらすじネタバレ2話|薬の味は飲み方で変わる?

アンサングシンデレラ2話「薬の味は飲み方で変わる?」あらすじネタバレと感想、そしてドラマのストーリー展開と出演者の考察をして来ました!

原作のあらすじと登場人物から、どんなキャストが思い浮かびましたか?

石原さとみさん演じる葵みどりが薬の飲み方を通して「頼ってもいい」と言うメッセージを伝える母親山口役は誰になるのか、そして子役は?

出演者の発表が待ち遠しいですね!

原作を読んで「共感した」と言う感想が目立つ2話は、病気の子供に薬を飲ませると言う育児中の方にはとても身近なストーリー展開ですので、登場人物の母親山口役や子役に自身を重ねて見る方も多いはず。

葵みどりのひたむきな姿勢とメッセージに救われる方もいるのではないでしょうか。

石原さとみさん主演ドラマ、アンサングシンデレラ2話「薬の飲み方で味は変わる?」のネタバレを含めキャストの考察もして来ましたが、ネット上での出演者予想はますます過熱して行きそうです!

アンサングシンデレラ3話ネタバレ考察!瀬野の知られざる過去とは?

-アンサングシンデレラ

Copyright© エンタメジャパン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.