TOKYOMERキャスト相関図の豪華一覧を画像付きで紹介!

TOKYOMER

TOKYOMERキャスト相関図の豪華一覧を画像付きで紹介!

「TOKYOMERキャスト相関図の豪華一覧を画像付きで紹介!」と題してお届けします。

日曜劇場「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」追加キャストとして登場したのは、日曜劇場出演は14年ぶり3作目となる稲森いずみさん、そして日曜劇場初出演の城田優さんです!

喜多見を巡るふたりの動きに注目ですよ。

ついに終わりを迎える直前で、まさかの人物が亡くなる展開もありました。

MERチームと厚生労働省の戦いや、MERメンバー内の役割など相関図で確認していきましょう。

キャストの画像付き一覧と役柄を見ながらドラマをより楽しんでくださいね!

 

TOKYOMERキャスト相関図の豪華一覧を画像付きで紹介!

引用:TBS公式 https://www.tbs.co.jp/TokyoMER_tbs/chart/

都知事の号令で「TOKYO MER」という救命救急のプロフェッショナルチームが新設されました。

このメンバーがドラマ「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」の主人公たちです。

“MER”とは、モバイル・エマージェンシー・ルームの略称で、最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車輌(ERカー)を使い医療が必要な現場に駆け付けます。

危険極まりない重大事故・災害・事件の現場でも、負傷者にいち早く救命処置を施すことがMERの使命で、MERに課されたミッションは、“一人も死者を出さないこと”なのです。

そんな危険を冒しても人を救う熱い現場にはどんなキャスト陣が登場するのでしょうか。

さっそく役柄なども併せて見ていきましょう!

 

鈴木亮平 喜多見幸太役

主人公の喜多見幸太役を務めるのは、初の日曜劇場主演を務める鈴木亮平さんです。

命懸けで救命にあたるMERチームのリーダーという存在でありながら、「待っているだけじゃ、救えない命がある」という強い信念を持つスーパー救命救急医として登場します。

喜多見幸太は、患者が搬送されてくるのを待っているのではなく、自ら事故や災害の現場に駆けつけ、いち早く命を救おうと奮闘していきます。

オペ室を完備した最新鋭の“ERカー”は、救命救急士にとっても「理想の医療」と称賛されているんですよね。

鈴木亮平さんにとっても注目してほしい点でしょうね!

そんな真っすぐな喜多見幸太にも、実は隠された過去があるようです。

どんな過去を持っているのか明らかになるのが楽しみですね。

 

賀来賢人 音羽尚役

賀来賢人さんは、音羽尚役を演じます。

音羽尚は、厚生労働省の官僚でありながら医師でもある医系技官として登場します。

若手エリート官僚として厚生労働大臣の意を受け、「TOKYO MER」に正式認可を与えないために派遣された、いわばスパイ的な存在です。

何よりも患者の命を優先して突っ走る喜多見幸太と冷静沈着でクールな音羽尚という対照的な二人でした。

命懸けで救命にあたる自分とは対称的な存在であるMERチームのリーダー・喜多見に反発する音羽尚。

しかし、実は音羽尚は「より多くの命を救うため、官僚として理想の医療を実現する」という熱い夢を持っていたのです。

そんな2人がいつしか共鳴し、最高のバディとしてひたむきに命に向きあう姿も注目の見どころとなっています!

以前に共演経験のある2人なので息もピッタリあうかもしれませんね!

数多くのコメディ作品からシリアスな役柄をこなしてきた賀来賢人さんですが、「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」では、自身初の医師役に挑戦します。

本格的な医療シーンが見どころの「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」において、専門的で高度なオペシーンに挑む姿にも注目です。

 

中条あやみ 弦巻比奈役

中条あやみさんが、弦巻比奈役を演じます。

比奈は、循環器外科の研修中でしたが、MERチームを兼務するよう命じられた研修医です。

心臓外科医を目指す彼女は「万全の医療体制のもとで患者とじっくり向き合う」ことが医師の仕事だと信じていました。

それに反する瞬間的な判断ばかりが求められる救命救急にモチベーションを見出せずにいたのです。

命を救うためとはいえ危険を顧みず現場でオペを強行する喜多見のやり方に反発します。

喜多見のオペ技術や素早い決断力、そして患者のために自らの命を懸けて事故現場に飛び込んでいく姿勢を目の当たりにしていきました。

影響を受け次第に心が揺らいでいく様子にも注目です。

CanCam (キャンキャン)[本/雑誌] 2021年8月号 【表紙】 中条あやみ (雑誌) / 小学館

 

菜々緒 蔵前夏梅役

蔵前夏梅役を演じるのは菜々緒さんです。

蔵前夏梅はクールに見えて、熱い使命感を持つ看護師で、MERの一員として困難な救命活動に果敢に挑みます。

救命救急医療に精通した凄腕の看護師です。

喜多見の頼れる右腕として、一刻を争う救命現場に必要不可欠な存在となっています。

命を守るため、時には危険を冒し、時には自分の意見を主張しますが、一人娘を育てるシングルマザーとしての一面もあります。

娘・桃花役の北平妃璃愛ちゃんとはそっくりだと話題になりましたね!

本当の親子のようです。

 

フォンチー ホアン・ラン・ミン役

 

ベトナム看護師・ホアン・ラン・ミン役を、フォンチーさんが演じます。

元アイドリングのメンバーで、ベトナム語を特技としてアイドリング卒業後はグローバルに活躍されていますよ!

看護師として活躍する姿に応援する声が集まっています。

 

佐野勇斗 徳丸元一役

医療機器のスペシャリストの臨床⼯学技⼠の徳丸元一役を、佐野勇斗さんが演じます。

徳丸元一は、高度な医療機器が欠かせない現代医療において医師を支える重要な存在です。

やんちゃなメカオタクで最新鋭のERカーの設計にも携わっており、自ら運転して災害現場へと向かいます。

 

小手伸也 冬木治朗役

麻酔科医でチームのパパ的な存在である冬木治朗役を小手伸也さんが演じます。

冬木は穏やかな性格で頼れる良き相談者です。

患者の容態を管理し、スーパー救命救急医の喜多見のオペをサポートする重要な役割を担っています。

 

TOKYOMERキャスト相関図の豪華一覧を画像付きで紹介!【医師】

 

仲里依紗 高輪千晶役

喜多見と同じ病院で働く循環器外科医の高輪千晶役は、仲里依紗さんが演じます。

高輪千晶は、若くして世界的に名高い心臓手術のスペシャリストです。

無鉄砲な喜多見に反発する千晶でしたが、実は元夫婦であったことが発覚していますよ。

仲里依紗さんは本格的な医師役は初めてなのですが、好評ですね!

 

佐藤寛太 深沢陽斗役

佐藤寛太さんは、深沢陽斗役を演じます。

深沢陽斗は、中条あやみさん演じる研修医・比奈の同期です。

疲れた比奈をいつも優しい笑顔で癒しています。

みなさんも、佐藤寛太さん演じる深沢陽斗の笑顔で癒されているのではないでしょうか?

 

TOKYOMERキャスト相関図の豪華一覧を画像付きで紹介!【危機管理室】

MERに指示を出す機関、危機管理室のメンバーをご紹介します!

 

橋本さとし 駒場卓役

TOKYO MERに的確に指示を出す、危機管理対策室室長の駒場卓役を、橋本さとしさんが演じます。

駒場は、以前はレスキューの現場で活躍していました。

実はその当時のケガにより下半身が思うように動きません。

救助した子どもは結局助かる事はありませんでしたが、駒場はその時の判断を後悔していないと語っていました。

そういった経験が活かされる事で、現場のメンバーの気持ちが分かるのでしょうね。

 

工藤美桜 清川標役

工藤美桜さんは、東京都の危機管理対策室に勤務する女性職員の清川標役を演じます。

「TOKYO MER」が出動した際に、危機管理対策室室長の指示のもとサポートする役割です。

“一人も死者を出さないこと”をミッションとする「TOKYO MER」にとっては、欠かせない人物ですね。

「死者は…ゼロです!」

毎回そのセリフに思わずホッとしてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

TOKYOMERキャスト相関図の豪華一覧を画像付きで紹介!【厚生労働省】

MERメンバーと対立する厚生労働省サイドの登場人物です。

音羽(賀来賢人さん)はこの厚生労働省からMERに派遣されていますよ。

 

渡辺真起子 白金眞理子役

渡辺真起子さんが、厚生労働大臣の白金眞理子役を演じます。

TOKYO MER解体を企み、様々な策略を画策してきます。

渡辺真起子さんのパリっとした、凛とした姿には厚生労働大臣役がピッタリですよね!

石田ゆり子さん演じる赤塚都知事にあからさまに敵意を見せますが、毎回サラッとかわされてしまっています。

 

鶴見辰吾 久我山秋晴役

鶴見辰吾さんは、厚生労働省医政局のトップ・久我山秋晴役を演じます。

賀来賢人を裏で操り、TOKYOMERの行く手を阻む存在となります。

今回、厚生労働省といえばMERはもちろん都知事サイドの宿敵ですよね。

石田ゆり子さん演じる赤塚都知事とのバトルにも注目してくださいね。

 

TOKYOMERキャスト相関図の豪華一覧を画像付きで紹介!【関係者】

その他、関係者の一覧です!

 

石田ゆり子 赤塚梓役

石田ゆり子さんが、赤塚梓役を演じます。

赤塚梓は、MER創設者である東京都知事で、女性では初となる首相候補と言われていました。

都民を守るため究極の選択を迫られるリーダーを演じます。

脚光を浴びる赤塚梓は、政治生命を左右されかねない困難な状況にも決然と立ち向かう人物として登場します。

MER創設者の東京都知事まさに現代において求められる理想のリーダーですが、徐々に彼女の驚くべき真意が明らかになっていきますよ。

理想的な都知事として、ドラマを見ている人からもたくさんの声が寄せられています。

 

要潤 千住幹生役

要潤さんは、千住幹生役を演じます。

千住幹生は、レスキュー隊を指揮する百戦錬磨の隊長です。

医師でありながら危険な現場へと飛び込もうとする喜多見と激しく衝突します。

要潤さんといえばレスキュー隊!オレンジの制服!という声がファンからも多く上がっていますよ。

今作では喜多見と千住は互いのプライドをかけて激突しますが、やがて絆を深めていく姿にも注目です!

 

佐藤栞里 喜多見涼香役

佐藤栞里さんは、喜多見幸太(鈴木亮平さん)の妹・喜多見涼香役を演じます。

入院している子どもたちや家族をサポートするNPO法人のスタッフとして働いていますよ。

病院で紙芝居を読んでいるシーンもありましたね。

救命救急に情熱を燃やす兄の一番のよき理解者で、実は兄妹愛や絆も物語に重要な要素があります。

鈴木亮平さんの妹としてあまりにピッタリで、驚いた方も多かった佐藤栞里さんですが、なんと終盤で命を落としてしまいます。


連続「死者ゼロ」がストップしてしまったまさかの展開でしたね。

 

月島しずか 稲森いずみ


稲森いずみさん演じる月島しずかは、公安の刑事です。

しかもただの刑事ではなく、警視庁公安部課長として80人の精鋭を率いていますよ。

常に冷静に物事を見極め、国民のために尽力する事を誓っている凄腕の女性課長という役どころです。

一方で、任務のためには手段を選ばない一面も持ち合わせています。

そんな月島は喜多見の”空白の1年”を知る貴重な人物なんですよ。

 

城田優 エリオット椿

TOKYOMERの存亡を揺るがす新たなキーパーソン・エリオット椿として登場したのが城田優さんです。

公安の刑事・月島(稲森いずみさん)が止めるのも聞かず、喜多見たちMERメンバーがまたしても活躍を見せた直後に現れますよ。

喜多見に近づき、「約束は果たしますよ、喜多見先生」という意味深なメッセージを送ります。

政府を相手どり、世界中で暗躍する組織の一員である謎の男・椿。

喜多見とは一体どんな関係があるのか、”空白の1年”にどう関わっているのか注目してくださいね。

 

まとめ

「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」に登場する鈴木亮平さんや賀来賢人さんの役柄など画像付きで紹介して来ました!

豪華なキャストでそれだけでも見応えありそうですが、物語もとても魅力的な内容になっています!

ぜひ一覧だけでなく相関図も併せてチェックして、ドラマを見る参考にしてください!

「TOKYOMERキャスト相関図の豪華一覧を画像付きで紹介!」をお届けしました。

TOKYOMER見逃し再放送予定!全何話のいつまでかも解説!
TOKYOMER再放送予定!全何話のいつまでかも解説!

「TOKYOMER再放送予定!全何話のいつまでかも解説!」と題してお届けします。 TBS日曜劇場「TOKYOMER〜走る緊急救命室〜」最後となる第11話【最終章 後編】の放送は9月12日です。 15分 ...

続きを見る

-TOKYOMER
-,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5