魔女がいっぱい映画あらすじネタバレ感想と結末!原作やモデルは?

魔女がいっぱい-The Witches

魔女がいっぱい映画あらすじネタバレ感想と結末!原作やモデルは?

世の中には、本当は魔女がウジャウジャいるんだよ、なんて言われるとちょっとドキドキしませんか?

アンハサウェイ主演の「魔女がいっぱい(邦題:The Witches)」という映画が、日本に上陸することになりました。

原作があるこの映画ですが、公開前から話題になっていますが、あらすじはどういったものなのでしょうか。

原作の結末との違いや感想も気になりますよね。

今回はこの「魔女がいっぱい」のあらすじネタバレや感想、結末について調べていきます。

映画公開前にネタバレを知りたい方は、是非読んで下さい。

 

魔女がいっぱい映画あらすじネタバレ感想と結末!


映画「魔女がいっぱい」が日本でも公開することになり、話題になっていますね。

原作がある物語で、1990年にも一度映画化されています。

二度目の映画化ということで、どんなあらすじなのかネタバレも含めて調べていきますね。

結末や感想も合わせて調べていきましょう。

 

魔女がいっぱいあらすじは?

まずは「魔女がいっぱい」のあらすじを紹介していきます。

不幸な事故で両親を失い、ノルウェーのおばあちゃんと住むことになった主人公の男の子。

おばあちゃんは魔女のお話を色々聞かせてくれます。

魔女の見分け方や魔女の特徴など、ちょっとぞっとするような話まで教えてくれました。

そんなある日男の子は、偶然魔女の集会に紛れ込んでしまうのです。

魔女たちの中には、大魔女というものがいてすべての魔女を従わせています。

イギリスの子供たちをすべてネズミに変えてしまうという計画を練っていることを聞いてしまった男の子は、魔女に見つからないように逃げようとしました。

しかし魔女に見つかってしまい、男の子はネズミにされてしまいます。

男の子が、自分の体を取り戻すために、おばあちゃんの知恵を借りて、魔女に戦いを挑んでいくというお話です。

ちょっと想像しただけでも、ドキドキするお話ですね。

 

魔女がいっぱい感想と結末は?

ネズミにされた男の子とおばあちゃんは、協力して魔女に挑んでいきます。

2人は魔女との闘いに勝つのですが、勝っても男の子は人間の姿には戻れなかったんです。

男の子は人間に戻れなかったのに、悲観するわけではなく前向きに生きていきます。

色々な意味が込められていそうですね。

皆さんはどんな感想を持ったのか気になりますよね。

とても怖い内容なはずなのに、そう感じさせないポジティブな主人公。この本の発想や空想はすばらしいなぁと感じました。

お世話をしてくれる優しい人がいれば、どんな生き物になっても幸せなんだね。わくわくして面白かった。

どんな時でも前向きな考え方や態度、見習いたいと感じました。

本当に魔女はいるんじゃないかと思わせるリアルさがあります。読んだ後はなんでもできそうな気分になってしまう。

怖い魔女のお話と言うだけではなく、とても素敵な結末なんですね。

男の子はネズミになったことで寿命が短くなってしまったのですが、おばあちゃんと同じくらい生きられるから、とても前向きなんですよね。

本当見習いたくなってしまう気持ちですね。

映画ではどのようになるのか、そのあたりも楽しみなところですよ。

 

魔女がいっぱい映画原作やモデルは?

では、原作について調べていきます。

「魔女がいっぱい」の原作は、ロアルド・ダールさん著書の「ザ・ウィッチズ」です。

1973年に発表になっているホラーコメディ小説ですね。

ロアルド・ダールさんの本は、他にも「チャーリーとチョコレート工場」や「マチルダは小さな大天才」など、子供も大人も楽しめるような映画になったお話の原作を書いています。

西洋の魔女狩りの話がモデルになっているようにも感じます。

魔女のお話なので、実際のモデルというものは存在しないのでしょうが、たくさんの魔女が出てくるので色々なお話の魔女を想像して楽しむことも出来るではないでしょうか。

原作もとても人気で、今回の映画化についてツイッターでもファンの方が楽しみにしていることが分かりますよ。

魔女がいっぱい、原作が好きなので見たい。

魔女がいっぱいって、原作がロアルド・ダールですね。見に行かなくちゃ。

魔女がいっぱい、原作好きで何回も読んでる。これは楽しみ過ぎる。

原作が好きなファンの方は、是非見たい映画になっているようです。

この原作は知らなくても、ロアルド・ダールさんというだけで見たいというファンも多かったですね。

中には、映画の事を知って、公開までに原作を読もう!と意気込んでる方もいるようでした。

原作も映画も楽しめるのは、嬉しいですね。

 

まとめ

今回は、魔女がいっぱい映画あらすじネタバレ感想と結末!原作やモデルは?ということで、映画「魔女がいっぱい」について調べてきました。

ロアルド・ダールさん著書の「ザ・ウィッチズ(魔女がいっぱい)」が原作になっている映画でしたね。

原作があるお話なので、あらすじはだいたい分かりましたね。

子供をすべて消そうとしている魔女に見つかった男の子が、元の姿に戻ろうと魔女と戦っていくというドキドキ・ワクワクするような物語です。

この面白さが、今回の映画でどのように表現されていくのかも楽しみですよね。

原作を読んでいる人も、読んでいない人もきっと楽しめる映画ですよ。

-魔女がいっぱい-The Witches
-, , , ,

© 2020 動画ジャパン Powered by AFFINGER5