たくみお姉さんとあつこお姉さんの歌唱力は上手か下手か比較してみた!

たくみお姉さん

たくみおねえさんとあつこお姉さんの歌唱力は上手か下手か比較してみた!

おかあさんといっしょでお馴染みのうたのお姉さんといえば、今はあつこお姉さん。

あつこお姉さんの前はたくみお姉さんがうたのお姉さんを務めていましたが、いつも明るい笑顔と素敵な歌声で、子供たちを楽しませてくれる存在でしたよね!

たくみお姉さんが現役の頃、その歌声を楽しみに毎日を過ごしていた方も多いのではないでしょうか。

当時の世代では衝撃的だった歌のお姉さんの交代で、あつこお姉さんは何かと比較されることが多いのも事実ですよね。

今回は、たくみお姉さんとあつこお姉さんの歌唱力について、どちらが上手で下手なのかと噂されている真相について、徹底比較してみようと思います!

うたのおねえさんといえば歌唱力抜群というイメージですが、お二人の経歴や視聴者から上がっている声も詳しく調査してみました。

一体どちらが上手なのか下手なのか、早速比べていきましょう!

 

たくみお姉さんは歌上手い下手どっち?その理由は?


たくみお姉さんは歌が上手いのでしょうか、それとも下手なのでしょうか。

たくみお姉さんは長いこと多くの子供たちや子育てママから愛されていました。

なんと8年間もおかあさんといっしょのうたのお姉さんをやっていたのです!!

ちなみにうたのお姉さんの人気は4年〜6年が主流です。

この8年という記録は歴代うたのおねえさんの中でも過去最高記録。

ここまで長いこと活躍していたのですから、局内だけでなく、たくみお姉さんが歌うたびに世間からの反響が大きかったことがうかがえますよね。

では、たくみお姉さんはなぜ、こんなに人を惹きつける歌が歌えるのでしょうか?

 

歌が上手い理由は?

たくみお姉さんは、洗足学園の音大、音楽学部声楽コースを2009年3月に卒業しており、本格的に声楽を学んでいたことがわかりますね。

2008年3月31日から2016年3月まで8年間もの間うたのお姉さんとして活躍し、安定感のある歌唱力を披露し続けてくれました。

この音大にはたくみお姉さんが通っていた声楽コースだけでなく、ミュージカルコースやオーケストラが学べる学部まであり、公演を定期的に行っています。

たくみお姉さんの声楽コースでも定期的な舞台での演奏会を開催しており、その本格的なステージは劇団四季を彷彿とさせるほど。

歌や演劇を学びたい人が真剣に勉強できる環境があり、そこでたくみお姉さんが一生懸命がんばってきたことが、「歌唱力や表現力」に表れていたのですね。

当時一緒にコンビを組んでいただいすけお兄さんとの相性も抜群で、演技力にも定評がありました。

そして注目すべきは、その歌唱力と声質です。

高音から低音までを余裕で歌い上げるほどよく伸びる歌声に加え、可愛らしいアニメ声が特徴的でした。

アニメ声の親しみやすさも含めて評価が高く、みんなから愛される理由の一つだったのかもしれませんね。

では、比較されることの多いあつこお姉さんの歌唱力はどうなのでしょうか?

 

あつこお姉さんは歌上手い下手どっち?経歴や評価は?


では、あつこお姉さんは歌が上手いのでしょうか、それともたくみお姉さんに比べると下手なのでしょうか。

実はあつこお姉さんに代わった時、視聴者からは今回のうたのお姉さん大丈夫?という声も上がっていました。

というのも、あつこお姉さんはコンサートの経験や踊りながら歌うという経験が少なかったので、声が震えたり、音程がずれたりすることもありました。

まだ始まってまもない頃だったので、緊張も大きかったのでしょうね。

デビュー当時は仕方なかったかもしれません。

しかし、そんなあつこお姉さんも今年で4年目に突入します。

最近では、あつこお姉さんの不器用ながらも一生懸命な姿に元気をもらえたり、癒されるという声も多く上がっているんです。

倍率の高いうたのお姉さんのオーディションをくぐり抜けてきたのですから、たくみお姉さんと同様、歌を学ぶ環境には恵まれていたのではないでしょうか。

局で評価が高いと思われるポイントをみていきましょう!

 

歌が評価される理由は?

あつこお姉さんは、東京音楽大学の声楽家を卒業後に東京音楽大学の大学院でロシア・フランスの歌曲を専攻し、2016年3月に卒業しました。

大学院まで進んでいるんですね!すごく研究熱心なのではないでしょうか。

さらに、4歳からピアノを始め、高校はピアノ科を卒業しています。

学生時代には児童館で子どもたちと音楽活動をするほど、歌や子供たちが大好きだったとだとか。

あつこお姉さんも、音大エリートコースの道を歩んできているのです。

そんなあつこお姉さんの歌唱力が心配だと言われたのはなぜなのでしょう。

おそらく、長年うたのお姉さんを務めていたたくみお姉さんと比較されてしまったからではないでしょうか。

長い間聞いていたたくみお姉さんの歌声から急に代わってしまったことで、視聴者の反応が大きく出てしまった結果だと思われます。

さらに、たくみお姉さんのアニメ声とは真逆で、あつこお姉さんの歌声は正統派な声楽の声です。

学生時代に歌曲を専攻していたので、オペラ調な歌声が染み付いているのかもしれません。

そんな正統派な声楽の声が注目を集めていたのが、2018年に披露された「鬼のパンツ」の歌い方でした。

歌い方がオペラ調で歌声が代わった!?と話題になっていたのです。

普段のナチュラルな雰囲気とはまた違う歌声に、あつこお姉さんの良さが出てる、真骨頂だと思うと視聴者から絶賛されています。

 

たくみお姉さんとあつこお姉さんの歌唱力は上手か下手か比較してみた!


それでは、たくみお姉さんとあつこお姉さんの歌唱力を比較してみましょう。

たくみお姉さんは、高音から低音まで余裕に歌い上げる伸びのある歌声と可愛らしいアニメ声で、声優のような声質と言われました。

一方のあつこお姉さんは正統派な声楽の声で、「おにのパンツ」ではオペラ調の歌声で視聴者を驚かせていました。

お二人とも声質には違いはあれど、それぞれの良さがあります。

世間の評価をみていきましょう!

たくみお姉さんの声が中性的というか、ニュートラルというか、余計なものが混ざっていないスッキリとした特徴のある声ですき。あつこお姉さんは、歌唱力があって声というより、歌に聴き入る感じで、、上手い下手と感じるのは好みの問題かもしれない。

ぼくらのうたのたくみお姉さんの歌唱力が凄すぎる。そしてアイスクリームの歌は神。歌の上手さって、どんな歌でも歌いこなせる表現力の部分が大きい気がする。

録画してるファミコン見るたびに、あつこお姉さんの歌唱力に驚かされます。生歌なのにこの声の伸びと美声で、聴きごたえのある歌い方が素晴らしいですね。

あつこお姉さんは就任してから、歌が上達したきっかけがあったと思う。それが、山のワルツとようかいしりとり。声楽で鍛えた声量と歌声を、うまく子供の歌に落とし込んで表現することができた作品だと思うなぁ。

たくみお姉さんの声に萌えていたのはここだけの話。

どちらが上手いのか下手なのか比較できないほど、視聴者からはどちらも良さがあって大好きとの声が上がっています。

う〜ん、これは比較しがたい・・・。

 

たくみお姉さんとあつこお姉さんの歌唱力は上手か下手か比較!評価まとめ


今回は、たくみお姉さんとあつこお姉さんの歌唱力は上手は下手なのか、お二人の違いを比較しながらまとめてきました。

たくみお姉さんは8年間もうたのお姉さんを務めてきたこともあって、安定した歌謡力や可愛らしいアニメ声にも注目が集まっていましたね。

あつこお姉さんは声楽で鍛えた歌唱力もさることながら、いつも一生懸命な姿で多くの視聴者が元気をもらっています。

時折見せるオペラ調の歌い方もジーンとくるようで、視聴者を驚かせていますよね。

今後もまた新たな歌唱力の変化や表現力の深みを見せてくれるかもしれませんね!

どちらのお姉さんが上手なのか下手なのか比較できないくらい、お二人とも多くの視聴者から愛されています。

いつも素敵な笑顔と歌声で、子供たちを楽しませてくれるうたのお姉さん。

これからもずっと応援していきたいですね。

-たくみお姉さん

© 2020 エンタメジャパン Powered by AFFINGER5