悩み解決!あなたに喜ばれる最新の役立つ情報を

エンタメジャパン

SixTonesデビュー曲の評判は?yoshikiバラードImitationRainで世界進出?

SixTONES

SixTonesデビュー曲タイトルの読み方は?Yoshiki作曲も反応がいまいちって本当?

投稿日:

2020年1月22日(水)のCDデビューを控える「SixTones(ストーンズ)」が、デビュー曲のバラードタイトル「Imitation Rain」を発表!

11月27日に日テレ「ベストアーティスト2019」で初披露された同曲は、X JapanのYoshikiさんが作詞作曲を手掛けたという、話題沸騰のバラードです。

スト担ファンはもちろん、スノストファンの間でも、売れる、売れないと、すでに評判が分かれるこのデビュー曲。

X JapanのYoshikiさんがSixTones(ストーンズ)に楽曲提供する、という豪華な繋がりにも驚きですが、Imitation Rainの世間での評判は、どうなのでしょうか?

 

SixTonesデビュー曲タイトルImitationRainの読み方は?

世界をまたにして活躍するYoshikiさんが、多忙なスケジュールを縫って制作に取り組んだSixTonesのデビュー曲。

スト担ファンの気持ちまで考えるYoshikiさんの熱い気持ちがうかがえますね。

では、楽曲の歌詞の意味をひも解いていきましょう!

まずタイトルの「Imitation Rain」は「イミテーション・レイン」と読みます。

直訳すると「模倣の雨」となりますが、このままだと通じません。

「Imitation accessories(偽物のアクセサリー)」という風に、「Imitation」が「偽物の」という意味で使われることもありますので、この意味でとらえた方が自然です。

また、X JapanのSilent Jealousyの歌詞の中には、「偽りの真珠で飾った」「幻覚の愛に」「虚像の海に流して」などといった表現が多用されています。

さらに、X Japanの代表曲のひとつでもある「Endless Rain」は、一言では言い表せないのですが、「止まない雨の中をさまよう哀しみ=止まらない涙」を表現した歌です。

これらの背景から、Yoshikiさんの気持ちを考えると、「Imitation Rain」は「偽りの雨の中」という表現をしたかったのではないかと推測できますね。

 

SixTonesデビュー曲タイトルImitationRainの歌詞の意味は?

ではさっそく、翻訳をはさんだ歌詞の意味をみていきましょう!

Imitation Rain

偽りの雨の中

You said

君は言ったね

" I will be the sky and you will be the sun to shine"

私が空になるからあなたは光輝く太陽になって、と

Imitation Rain

偽りの雨の中

Shall we play this game

このゲームを一緒に進もう

紅に染まるまで 雨に打たれて

ーー中略ーー

いつかは辿り着くよ

夢の世界に

引用:https://kashinavi.com/

ここで気になるのが「紅に染まるまで」という、X JAPANの代表曲でもある「紅」の歌詞をイメージさせる言葉です。

Yoshikiさんは子供の頃に失った、亡き父親の姿を追って「紅」を制作した、という逸話があるんです。

深い思い入れのある「紅」にまつわる歌詞を入れた意味は、SixTonesのデビュー楽曲に対して真摯に向かい合う「愛」を感じてしまいます。

「紅に染まるまで 雨に打たれて」という歌詞は、「限界を感じるまで 雨に打たれて悲しみを消そう」

そうすれば「いつかは夢に辿り着くよ」という熱い気持ちを表現したのではないかと感じますね。

 

SixTonesデビュー曲はYoshiki作曲も反応がいまいちって本当?

SixTONESの歌詞の意味を考えるファンそれぞれの解釈がありますね。

確かに、「Rain(雨)」=「涙」ととらえるのは、先ほど述べたYoshikiさんの曲の意味とも通じてきますね。

聴けば聴くほど、味の出てくるバラードです。

Imitation Rainの曲の中でも注目度の高いシーン。

メンバーのハモりの美しさに感動するファンが多いようです。

バラードの中にもロックが見え隠れする、Yoshikiならではの曲調だという意見もありますね。

実際に歌っている姿を見ると、6人の息の合ったダンスと深い表現力を感じることができます。

中にはこんな意見もありました。

SixTONESのデビュー曲が微妙、という声があるようですね。

しかし、ジャニヲタ向けの曲調を望むから、そう感じてしまうのだという指摘ですね。

世界を見据えた楽曲である、と評価しているようです。

とにかくピアノの音色が美しく、重低音もしっかり効かせる「Imitation Rain」

高音のパートを引き立てるのは、Yoshikiさんの強みですよね。

ファンの深い洞察力がうかがえます。

やはり、SixTONESのデビュー曲を、世界が注目するYoshikiさんにオファーしたのは、SixTONESの世界進出を視野に入れてのことだ、と考えてよいでしょうね!

SixTONESデビュー曲CD特典付予約と発売日はいつ?結成までの歴史をDVDで語る?名前の読み方・由来も紹介
SixTONESデビュー曲CD&DVD特典予約と発売日はいつ?結成までの歴史と名前の読み方は?

来年デビューが決まった大注目のSixTONES(ストーンズ)。 もうCDの予約をしたという方もいれば、デビュー曲「Imitation Rain」をまだ聞いたことがない!という方もいるかと思います。 J ...

続きを見る

 

SixTonesデビュー曲タイトルの読み方は?Yoshiki作曲も反応がいまいちって本当?まとめ

SixTONESファンの間では、デビュー曲となるバラードImitation Rainが、かなり高い評判を誇っていることがわかりましたね!

しかし、X Japanの楽曲は、普通の歌手が歌うにも、かなり難易度の高い高音が特徴的です。

Yoshikiさんのバラード楽曲に対する評判の良さも知ることができましたが、高音パートや美しいハモリを歌いこなすSixTonesメンバーの今後の活躍も、かなり注目されますね。

Yoshikiさんの楽曲提供となるImitation Rainはすでに、海外でも話題に上っていますから、SixTonesのCDリリースと共に、話題沸騰となることは間違いなさそうです。

美しいデビュー曲を引っさげて、日本国内のみならず、世界へと羽ばたいていってほしいですね。

SixTONESメンバーカラーの決め方が面白い!年齢身長/誕生日入所日や呼び方まとめ/ストーンズ
ストーンズメンバーカラーの決め方が面白い!名前や身長プロフィールを顔写真付きで紹介

2020年にデビューするジャニーズのSixTONES(ストーンズ)のプロフィールやメンバーのキャラクターを知っていますか? メンバー6人の名前(あだ名)や誕生日、年齢、身長、基本的なプロフィールはもち ...

続きを見る

ストーンズデビューなぜ遅れた?闇の真相を時系列に分かりやすく解説!スノーマンアジアツアーは白紙?
ストーンズデビューなぜ遅れた?闇の真相を時系列に分かりやすく解説!スノーマンアジアツアーは白紙?

SixTONES(ストーンズ)のデビュー予定が大幅に遅れた闇の真相がヤバイと話題になっています。 2020年に「スノスト」としてジャニーズ初の同時デビューを飾るSixTONESとSnowManですが、 ...

続きを見る

-SixTONES

Copyright© エンタメジャパン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.