SixTonesデビュー曲の評判は?yoshikiバラードImitationRainで世界進出?

SixTONES

SixTONESデビュー曲の感想は微妙?Yoshiki歌詞の意味や評判を紹介!

「SixTONES(ストーンズ)」のデビュー曲のバラードタイトル「Imitation Rain」のみんなの感想や評判についてご紹介!

2019年11月27日の「ベストアーティスト2019」で初披露された同曲は、X JapanのYoshikiさんが作詞作曲を手掛けたバラードで、かなり大きな話題になり、その評判は2020年もファンの間で語り継がれています。

スト担ファンはもちろん、スノストファンの間でも、感想が分かれるこのデビュー曲。

タイトルの読み方や意味、和訳歌詞の意味や、歌詞に隠されたヨシキの真意についても知りたいですよね!

X JapanのYoshikiさんがSixTONESに楽曲提供する、という豪華な繋がりにも驚きですし、楽曲が制作された裏側のエピソードについても探っていきたいとおもいます。

さっそく、Imitation Rainの世間の感想や評判をみていきましょう。

 

SixTONESデビュー曲タイトルの読み方や意味は?

SixTONESのデビューとともに注目を浴びているのが、デビュー曲「Imitation Rain」です。

その「Imitation Rain」はX JAPANのYOSHIKIさんが作詞作曲を手掛けています。

YOSHIKIさんが手掛けた楽曲だけあって、これまでのジャニーズのデビュー曲らしからぬ、バラード調のような妖艶な雰囲気に仕上がっています。

YOSHIKIさんがジャニーズに楽曲提供をするのも今回が初なのだそう!

これまでのジャニーズのデビュー曲が「元気!」や「さわやか」といった印象の楽曲が多かったことを思うと、新社長滝沢秀明さんになってから初のデビュー組ということもあるのか「新生ジャニーズ」感を感じさせられます。

世界をまたにして活躍するYoshikiさんが、多忙なスケジュールを縫って制作に取り組んだSixTONESのデビュー曲。

スト担ファンの気持ちまで考えるYoshikiさんの熱い気持ちがうかがえますね。

 

タイトルの読み方は?

まずタイトルの「Imitation Rain」は「イミテーション・レイン」と読みます。

直訳すると「模倣の雨」となりますが、このままだと通じません。

「Imitation accessories(偽物のアクセサリー)」という風に、「Imitation」が「偽物の」という意味で使われることもありますので、この意味でとらえた方が自然です。

また、X JapanのSilent Jealousyの歌詞の中には、「偽りの真珠で飾った」「幻覚の愛に」「虚像の海に流して」などといった表現が多用されています。

さらに、X Japanの代表曲のひとつでもある「Endless Rain」は、一言では言い表せないのですが、「止まない雨の中をさまよう哀しみ=止まらない涙」を表現した歌です。

これらの背景から、Yoshikiさんの気持ちを考えると、「Imitation Rain」は「偽りの雨の中」という表現をしたかったのではないかと推測できますね。

 

SixTONESデビュー曲Imitation Rainの歌詞の意味は?

ではさっそく、翻訳をはさんだ歌詞の意味を紐解いていきましょう!

Imitation Rain

偽りの雨の中

You said

君は言ったね

" I will be the sky and you will be the sun to shine"

私が空になるからあなたは光輝く太陽になって、と

Imitation Rain

偽りの雨の中

Shall we play this game

このゲームを一緒に進もう

紅に染まるまで 雨に打たれて

ーー中略ーー

いつかは辿り着くよ

夢の世界に

引用:https://kashinavi.com/

ここで気になるのが「紅に染まるまで」という、X JAPANの代表曲でもある「紅」の歌詞をイメージさせる言葉です。

Yoshikiさんは子供の頃に失った、亡き父親の姿を追って「紅」を制作した、という逸話があるんです。

深い思い入れのある「紅」にまつわる歌詞を入れた意味は、SixTONESのデビュー楽曲に対して真摯に向かい合う「愛」を感じてしまいます。

「紅に染まるまで 雨に打たれて」という歌詞は、「限界を感じるまで 雨に打たれて悲しみを消そう」

そうすれば「いつかは夢に辿り着くよ」という熱い気持ちを表現したのではないかと感じますね。

 

SixTONESデビュー曲の感想は微妙?Yoshiki作詞作曲の評判を紹介!

SixTONESの歌詞の意味を考えるファンそれぞれの解釈がありますね。

確かに、「Rain(雨)」=「涙」ととらえるのは、先ほど述べたYoshikiさんの曲の意味とも通じてきますね。

聴けば聴くほど、味の出てくるバラードです。

Imitation Rainの曲の中でも注目度の高いシーン。

メンバーのハモりの美しさに感動するファンが多いようです。

バラードの中にもロックが見え隠れする、Yoshikiならではの曲調だという意見もありますね。

実際に歌っている姿を見ると、6人の息の合ったダンスと深い表現力を感じることができます。

中にはこんな意見もありました。

SixTONESのデビュー曲が微妙、という声があるようですね。

しかし、ジャニヲタ向けの曲調を望むから、そう感じてしまうのだという指摘ですね。

世界を見据えた楽曲である、と評価しているようです。

とにかくピアノの音色が美しく、重低音もしっかり効かせる「Imitation Rain」

高音のパートを引き立てるのは、Yoshikiさんの強みですよね。

ファンの深い洞察力がうかがえます。

やはり、SixTONESのデビュー曲を、世界が注目するYoshikiさんにオファーしたのは、SixTONESの世界進出を視野に入れてのことだ、と考えてよいでしょうね!

 

ファンの感想は?

Yoshikiさんご本人のコメントまで出ていて驚きですね!

歌の世界観だけでなく、ダンスのシーンや雰囲気がカッコイイ!という意見も多いですね。

 

まとめ

SixTONESファンの間では、デビュー曲のバラードImitation Rainが、かなり高い評判を誇っていることがわかりましたね!

しかし、X Japanの楽曲は、普通の歌手が歌うにも、かなり難易度の高い高音が特徴的です。

Yoshikiさんのバラード楽曲に対する評判の良さも知ることができましたが、高音パートや美しいハモリを歌いこなすSixTONESメンバーの今後の活躍も、かなり注目されますね。

Yoshikiさんの楽曲提供であるImitation Rainはすでに、海外でも話題に上っており、今後の飛躍がますます期待されています。

美しいデビュー曲を引っさげて、日本国内のみならず、世界へと羽ばたいていってほしいですね。

-SixTONES
-, , , ,

© 2020 動画ジャパン Powered by AFFINGER5