シェフは名探偵最終回結末ネタバレ!黒幕犯人ラスト考察!

シェフは名探偵

シェフは名探偵最終回結末ネタバレ!黒幕犯人ラスト考察!

「シェフは名探偵最終回結末ネタバレ!黒幕犯人ラスト考察!」と題してお届けいたします。

フレンチレストランビストロ「パ・マル」での、三舟忍シェフ(西島秀俊さん)が謎解きが毎回話題となりましたね。

三舟シェフとともに、私たちも黒幕や犯人を考察していく楽しみがありました。

そんな「シェフは名探偵」がついにラストを迎えましたね。

最終回のあらすじからネタバレや結末をご紹介していきますよ。

 

シェフは名探偵最終回結末ネタバレ!

「シェフは名探偵」は、美食家たちが、こぞって訪れる噂のビストロ「パ・マル」で繰り広げられるお話です。

ビストロに来店したお客さんの、身近な問題や謎を三舟シェフが解いていき、解決に導きますよ。

そんな「シェフは名探偵」の最終回のあらすじをご紹介します。

 

最終回あらすじ①

期待していた父親(吉澤健さん)との再会は叶わなず落ち込む三舟シェフ(西島秀俊さん)ですがいつも通りの生活を送ります。

そんな中、三舟シェフ愛用の壊れていたスツールを高築智行(濱田岳さん)が捨ててしまいました。

高築は三舟シェフのために新しいスツールをプレゼントする計画だったんです。

血相を抱えた三舟シェフは、高築と一緒にゴミ集積場を探しました。

そのスツールとは、父親からもらった幼少期の思い出がいっぱい詰まった大事なスツールでした。

大事なスツールを捨ててしまったことで高築はひどく落ち込みました。

高築の様子を見た、三舟の片腕シェフ志村洋二(神尾佑さん)とソムリエ金子ゆき(石井杏奈さん)が協力し、3人でスツール探しを始めます。

 

最終回あらすじ②

先日、三舟シェフの父親の代理と名乗り三舟の前に現れた安倍実花(奥貫薫さん)が食事をするため来店します。

乳製品アレルギーの安倍は、「フランス料理と和解しに来た」と呟きました。

安倍はパンにも詳しくて、今は閉めましたが以前は自分でパン屋をしていたと言います。

食事が終わると、阿部は三舟シェフに「陶器の鍋ってありますか?」と尋ねました。

その鍋には足の長い鳥が描かれていたと言い、三舟シェフは心当たりがあるらしく、次回の来店の時にそれを用意しておくと約束します。

一週間後、安倍は再び「パ・マル」に訪れ、三舟シェフから「ベッコフの調理法」を教えてもらいました。

コウノトリの絵柄が描かれた陶器の鍋は、具材を入れて鍋の蓋と鍋をパンで接着しオーブンで焼きます。

そこで、三舟シェフは、安倍に「フランス料理との和解、というより大切な人と和解できましたか?」と尋ねました。

三舟シェフは、フランス料理が初めてだという安倍が、あまり知られていないパンドカンパーニュを知っていたことに引っかかったのです。

またフランスでのマナーの常識である、“レストランにドレスアップ”してきたことから、安倍がフランスにゆかりがあると思いました。

安倍の近くにフランス人かフランス料理の関係者がいるのに、その人には聞けない、つまりその大切な人はもう亡くなられてていると推理します。

 

最終回あらすじ③

安倍の父親はフランスでフランス料理人として働いていました。

「和解したかった人」とは突然亡くなってしまった安倍の父親のことです。

父の得意な濃厚でクラッシックなバターと生クリームを使った料理が、乳製品アレルギーの安倍には食べることができませんでした。

そして母親も他界し安倍は東京の祖母に育てられ、父親と会えるのは数か月に一度で、愛情を感じられずに育ちました。

安倍は「父が人生を捧げた料理を食べられなかった」と悔やみ、結局お互い歩み寄れないまま父親が亡くなります。

そんな父親の遺品の中に鍋があり、その鍋を安倍は気にしていました。

そこで三舟シェフが謎解きをします。

ベッコフの鍋は家庭やレストランで使うものではなく、パン屋の釜土でパンを焼いた後の残り火で調理されるものなのです。

残されていた鍋は、父親が娘へのプレゼントだったのではと解き明かしました。

父親は娘の為にベッコフの鍋で料理を作ることで、乳製品の必要がないと考えます。

ベッコフの鍋料理に必要なのはパン職人・当時の娘の協力だと。

安倍の父親は娘に歩み寄っていたのでした。

あとは安倍が父親に歩みよればいいと言葉を掛けます。

 

最終回あらすじ④

3人で協力してスツールを見つけ出すことができました。

三舟シェフはスタッフみんなにお礼を言い、全員でヴァンショーを飲みます。

三舟シェフと父親の思い出が語られました。

父親の誕生日に初めて料理を振舞ったときに、父親は食べ終わったあとに、フランス語で「パ・マル」と呟きます。

訳すと「悪くない」という意味でした。

三舟シェフはそのことが悔しくて、絶対父親を超える料理人になることを誓います。

そして本格的に料理人を目指し、父親を越えるためフランスにで修行のために渡りました。

ある日フランス人シェフが三舟の料理を食べたときに「パ・マル」と感想を言います。

ショックを受けていたら、同僚たちに盛大な拍手を送られました。

フランスでの「悪くない」は、「とても良い」という事だったのです。

三舟シェフの父親も、褒めてくれていたのです。

そんな矢先に知人から実家のレストランが閉店したと聞かされました。

独立した弟子の経営難のために融資をして多額の負債を負ったため店を閉め、三舟シェフの父親は失踪したのです。

 

シェフは名探偵最終回結末ネタバレ!黒幕犯人ラスト考察!

三舟シェフの安倍への掛ける言葉ひとつひとつが、まるで三舟シェフ自身に言い聞かせているようでした。

安倍親子が和解出来たことと、自分たち親子のこれからを重ねたのかもしれませんね。

それでは、最終回の結末ネタバレです。

 

最終回結末

三舟シェフのおかげで、安倍は父親とのわだかまりが消えたような気がすると言いました。

三舟シェフの父親は本当は息子に会いたいが、以前の出来事で迷惑が掛からないようにと思っていると安倍は言います。

安倍は今度は三舟シェフはが和解する番だと、三舟シェフの父親を連れてくることを約束しました。

そして親子再会の日、「生きていることくらい知らせて欲しかった」と三舟シェフは父親に言います。

父親のおかげで今の自分がいると、三舟シェフは自分の胸の内を明かしました。

一方、父親は厳しい世界である料理人になることを目指す息子に、自らの責任を感じあえて厳しく育てたと。

そして、三舟シェフは子供の頃の思い出の牛肉のドーブを父親に食べさせました。

三舟は父親の味を今現在も探し続けていると言います。

そこで父親は「パ・マル、素晴らしい」と感想をのべました。

二人は一緒に牛肉のドーブを作りました。

三舟シェフと父親は、父親の作った野菜を「パ・マル」に卸すよう約束します。

そして「またのお越しをお待ちしております。」とみんなで三舟シェフの父親と安倍を見送りました。

 

まとめ

「シェフは名探偵最終回結末ネタバレ!黒幕犯人ラスト考察!」と題してお届けしてまいりましたよ。

「シェフは名探偵」の三舟シェフの目の付け所や、料理のエピソードを絡めながらの謎解きには毎回驚かされました。

来店客への謎解きで黒幕や犯人を考察してみると、より一層ドラマに入り込むことが出来ましたよね。

最終回のあらすじからネタバレや結末をご紹介してまいりましたよ。

ラストで三舟シェフと父親は、料理を通して親子の絆を確認することができました。

私たちも、ビストロ「パ・マル」でお気に入りの料理を見つけてみたいものですね。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました!

シェフは名探偵動画無料視聴!再放送見逃しフルを見る方法!
シェフは名探偵動画無料視聴!再放送見逃しフルを見る方法!

「シェフは名探偵動画無料視聴!再放送見逃しフルを見る方法!」と題してお届けします。 「シェフは名探偵」の放送回数が全9回に決まりました。 いよいよあと本日、8月2日の放送が最後となります! 全何回で何 ...

続きを見る

-シェフは名探偵

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5