サムライカアサンドラマ原作ネタバレあらすじ!モデルは誰で実在人物?

サムライカアサン

サムライカアサンドラマ原作ネタバレあらすじ!モデルは誰で実在人物?

「サムライカアサンドラマ原作ネタバレあらすじ!モデルは誰で実在人物?」と題してお届けします。

今秋10月からの日本テレビ深夜ドラマに「サムライカアサン」が決定しました。

TOKIOの城島茂さんが「激ウザオカン」である伊佐木よい子を演じられますよ。

今回はドラマ「サムライカアサン」原作のあらすじやモデルは誰で実在人物なのか、ネタバレと共に紹介していきます!

 

サムライカアサンドラマ原作ネタバレあらすじ!モデルは誰で実在人物?

ドラマ「サムライカアサン」は漫画家・板羽皆さんの同名の漫画をもとに製作されています。

ヤング・レディース誌「コーラス」で2005年から2011年まで連載されていた大人気漫画なんです!

また、その人気を物語るようにコミック本は全8巻販売されているんですよ。

それでは、そのあらすじを見ていきましょう。

 

漫画あらすじ

このお話の主な登場人物は、オカンと息子と夫という構成となっています。

いわゆる大阪のオバハン伊佐木よい子と家族の日常を描いたハートフルギャグコメディです。

いつも割烹着姿でおばさんパーマの主婦伊佐木よい子は家族のためにお弁当を毎日作ります。

家族に美味しいご飯を食べさせることが喜びと感じているよい子が作る料理は美味しそうなんですよ!

そんなよい子は、息子が可愛いあまり干渉しすぎるところがありました。

よい子の息子、たけしは漫画の1巻では芸人を目指す高校生です。

干渉しすぎる母に思春期真っ只中のたけしは悪態をついてしまいますが、母の愛情に気づき反省をします。

この漫画は物語が進むにつれたけしが大人になっていく構成のため、彼の成長を見ることも出来るんです。

後にたけしは同級生のこずえとお付き合いをととすることとなりますが、やっぱりよい子は嫉妬をしてしまいます。

ですが、最終的にはこずえの弟のことまで可愛がる、やっぱり世話焼きのよい子を見ることが出来ます。

そして、よい子とは正反対の性格でおっとりとした旦那ジョージはよい子のことを心底愛しています。

基本的にはほのぼのとした性格ですが、いざというときは頼りになる一家の大黒柱です。

「愛と満腹のダイアリー」と称されたこの物語は、オムニバス形式となっているのでどこから読んでもユニークなお話になっています。

息子の立場になると、少し暑苦しく感じてしまうけれどこういう人が身近にいてくれたらいいな…。

と感じる方や、こんな時代だからこそ家族愛を再確認出来てよかったという声が沢山あるんですよ。

泣けて笑えて元気が出る漫画なので、気分が落ち込んでしまった時に読んでみるのもいいかもしれませんね。

 

サムライカアサンドラマ原作ネタバレあらすじ!モデルは誰で実在人物?

原作者の板羽皆さんは「3センチメンタル」「トラさん」など、家族を題材にした作品を手掛けられています。

今回ドラマ化した「サムライカアサン」は、とにかくパワフルで明るいオカンが題材となっている作品です。

このお話には、モデルは存在するのでしょうか?

 

モデルは?

作者の板羽さんは三重県出身です。

物語の地域は大阪ということを考えると、ご自身のお母さんがモデルという可能性は低いですね。

なので大阪のおばちゃんは愛される理想のお母さんとして、板羽さんは想像を描かれているのではないでしょうか。

同じ近畿地方のお話ということで、自身が大阪のおばちゃんを間近で見てモデルにされたのかもしれませんね!

 

まとめ

ドラマ「サムライカアサン」には原作の漫画が存在しますが、実在の人物は存在しないようです。

漫画のあらすじを紹介しましたが、ドラマではどのように構成されるのか分からない部分が沢山あります。

また、城嶋茂さんはどんなオカン姿を見せてくれるのか楽しみですよね!

以上、「サムライカアサンドラマ原作ネタバレあらすじ!モデルは誰で実在人物?」をお届けしました。

-サムライカアサン

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5