さまよう刃ドラマ原作ネタバレ!実話でモデルは実在人物?

さまよう刃

さまよう刃ドラマ原作ネタバレ!実話でモデルは実在人物?

「さまよう刃ドラマ原作ネタバレ!実話でモデルは実在人物?」と題してお届けします。

連続ドラマ化が決定した「さまよう刃」。

実は東野圭吾さんの同名の小説がもとになっていると知っていましたか?

今回は原作のネタバレ内容をご紹介していきますよ!

小説の内容は実話なのか、モデルとなった実在人物がいるのかも調査します。

最後までお付き合いくださいね。

 

さまよう刃ドラマ原作ネタバレ!

原作「さまよう刃」は東野圭吾さんによる長編小説です。

現在までに150万部を超すベストセラーとなっているんですよ。

2009年には日本国内で、2014年にはお隣の韓国で映画化もされました。

そんな東野圭吾さんの小説「さまよう刃」のネタバレ内容をお届けします。

 

娘の死

ある日、長峰重樹の高校生の娘・絵摩が川で遺体となって発見されます。

早くに妻を亡くした長峰にとっては最愛の一人娘でした。

犯人は未成年の菅野快児・伴崎敦也・中井誠の3人。

そのうちの中井は直接犯行には携わっておらず、菅野たちから無理やり運転手をやらされていました。

事件の全容を知らない長峰は警察へ説明を求めます。

警察は事件の内容から未成年の犯行であることを確信していました。

しかし、あまりにも残酷な犯行内容であったため、警察側の配慮から真実は教えてもらえません。

長峰はただただ悲しみに暮れていました。

 

密告者

そんな中、長峰のもとに匿名の電話が入ります。

絵摩を手に掛けた犯人が菅野と伴崎であるという密告の連絡でした。

その情報を知っているのは中井ただ一人です。

運転手をしただけとは言え、現場に居合わせた共犯者として罪に問われることを恐れた中井。

被害者遺族の復讐心を利用して、菅野と伴崎を消してもらいたいと考えたのでしょう。

そうすれば、万が一警察に捕まっても上手く言い逃れることができます。

そして菅野たちから脅される心配もなくなります。

犯人の居場所を知った長峰は、伴崎の家へ侵入します。

そこで長峰は、絵摩が少年らにひどい目にあわされているビデオテープを発見しました。

怒りに震える長峰は偶然家に帰ってきた伴崎を刃物で刺します。

伴崎は無残な形で亡くなってしまいました。

そして、絵摩の復讐を果たすため菅野を見つけ出そうと決意するのでした。

 

復讐心に燃える長峰

「菅野は長野のペンションに逃げた。」

長峰は、伴崎から聞き出した情報を頼りに長野県へ向かいました。

長野県には無数のペンションがあるため、手当たり次第に探すしかありません。

「クレセント」というペンションを拠点にすることにした長峰。

そこで出会ったのがクレセントの従業員である丹沢和佳子です。

伴崎を手に掛けた長峰は、警察から追われる身となっていました。

もちろん新聞やテレビでも報じられています。

長峰は偽名を使っていましたが、和佳子は宿泊客が長峰であることに気が付きます。

しかし、和佳子は警察に通報しようとはしませんでした。

なぜなら、10年前に3歳の我が子を事故で失っており、長峰の気持ちが痛いほどに分かったからです。

和佳子は長峰に「伴崎を探す手伝いがしたい」と申し出ます。

 

新たな協力者

長峰は和佳子の熱意に負け、和佳子のマンションの一室にかくまってもらうことになりました。

ただ、和佳子は内心揺れていました。

長峰に復讐を成功してもらいたい…

けれどこれ以上、犯罪を犯してほしくない…

矛盾した感情を抱きながら、どうにか長峰を止めたいと考えていました。

そんな中、長峰のもとへ新たな密告の電話が入ります。

菅野の潜伏先である廃ペンションの場所を知らせるものでした。

急いでその場に向かう長峰と和佳子。

しかし、時を同じくして警察も菅野が潜伏する廃ペンションへと向かっていたのです。

先に到着したのは警察でした。

ところが、そこに菅野はおらず少女が一人座っていました。

実はこの少女も菅野たちの被害者だったのです。

しかし、少女は警察から一瞬の隙をつき、菅野へ逃げるよう電話で伝えます。

警察は菅野を取り逃してしまいました。

警察に先を越されたことを知った長峰と和佳子はその場を立ち去ります。

長峰はこれ以上和佳子に迷惑を掛けたくないと別れを告げました。

 

さまよう刃ドラマ原作ネタバレ!真犯人だれ?

前半は被害者家族であったはずの長峰が加害者になるという波乱の展開でしたね。

その背景には、密告者から長峰への「密告」による誘導が大きく影響しているようでした。

後半ではいよいよ密告者の真犯人が明らかになってきます。

 

自首を決意?

菅野が警察に捕まらなかったことに安堵する長峰。

しかし、手掛かりが何もない状況でこれ以上どこを探せばいいのかと途方に暮れていました。

そんな時、和佳子が再び現れ「長峰さんは自首するべきだ。」と言います。

和佳子は続けて「世間に今回の事件を思い出させ、法廷で少年法の在り方について話そう。」と説得しました。

納得した長峰は自首を決意します。

しかし、またもや長峰のもとに密告の電話が入ります。

上野駅に菅野が現れることと、今回が最後のチャンスであることが告げられました。

警察からの指示で中井が菅野をだまして呼び出したのです。

葛藤する長峰でしたが、和佳子を残し上野駅へ向かう電車に飛び乗ります。

和佳子は長峰を止めたい一心で警察へ通報しました。

 

最後のチャンス

無防備な様子で上野駅に姿を現した菅野は、すぐさま警察に取り囲まれます。

同様した菅野は通行人の少女を人質に取り、周囲の警察を威嚇しました。

その様子を見ていた長峰は、猟銃を構えながら菅野に近づいていきます。

絵摩の復讐を果たすまであと少し…

警察は長峰にやめるよう必死に説得しますが、長峰には全く聞こえません。

流れ弾などで周囲の住民が巻き込まれることを恐れ、誰も長峰を止めることが出来ずにいました。

その時、和佳子が長峰の名前を叫びます。

「長峰さん!」

一瞬動揺した長峰…

次の瞬間、銃声が鳴り響きます。

 

衝撃の展開

長峰は背中を撃たれ、亡くなります。

発砲したのは、この事件をずっと追ってきた織部という刑事でした。

結果的に、犯罪者である菅野を守る形となってしまいました。

織部は部署を異動することになり、織部の上司である久塚は警察を退職します。

久塚は、織部の判断を評する一方で、内心では長峰の復讐を応援していました。

事件の詳細を知れば知るほど、菅野たちへの憎悪の感情が高まっていたのです。

被害者遺族は、少年法で守られている加害者の名前を知ることができない…

加害者は捕まっても、しばらくしたらまた社会に出ることができる…

そんな法律に矛盾を感じていました。

 

本当の密告者

ここでひとつの疑問が生まれます。

「菅野が上野駅に来る」と長峰へ密告が入った際、中井は警察と一緒にいました。

とても長峰へ電話など出来る状況ではありませんでした。

ここで本当の密告者は久塚であったことが判明します。

久塚は、捜査の過程で繋がった中井からの情報を長峰に密告していたのです。

全ては長峰の復讐に協力するためでした。

実は部下の織部らも久塚が密告者であることに薄々気が付いていました。

「正義とは何か、これからも答えを探し続ける。」と言い残し立ち去る久塚。

織部は黙って見送るのでした。

 

さまよう刃ドラマ実話でモデルは実在人物?

小説「さまよう刃」はフィクションであり実話ではありません。

しかし、過去の未成年による犯罪事件をモデルに描かれている可能性があります。

例として挙げられるのは次の事件です。

・1988年 コンクリート殺人事件

・1988年 名古屋アベック殺人事件

・1999年 栃木リンチ殺人事件

小説が発売された2004年以前の事件であり、共通して未成年による犯行ですね。

いずれの事件も少年法の在り方の是非が問われる社会的事件として扱われました。

未成年というだけで、どんなに酷い犯罪を犯しても法律で守られます。

名前は隠してもらえ、数年刑務所に入れば社会復帰ができます。

一方の被害者は実名報道をされ、復讐することも許されません。

正義とは何か?

法律とは何のためにあるのか?

東野圭吾さんはそれを改めて問題提起するため本作を描いたのかもしれません!

本来、「刃」とは正義のために使われるべきものです。

しかし、その刃(正義)があやふやになっている…

「さまよう刃」にはこんな意味が含まれているのではないでしょうか。

 

まとめ

以上「さまよう刃ドラマ原作ネタバレ!実話でモデルは実在人物?」と題してお届けしました。

ドラマ「さまよう刃」の原作は東野圭吾さんの長編小説でした。

原作のネタバレを知っていると、ドラマの世界観にもすんなりと入っていけそうですよね。

原作「さまよう刃」は実話ではないため実在人物もいないようです。

しかし、過去の少年犯罪がモデルになっているのではと予想しました。

ドラマも本当の正義について深く考えさせられる作品になりそうですね。

-さまよう刃
-, , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5