悩み解決!あなたに喜ばれる最新の役立つ情報を

エンタメジャパン

子育て

子育て悩み相談!小学生男の子と女の子に共通する問題の解決法

更新日:

 

小学生をお子さんにもつママたちは、悩みがつきません。勉強面、運動面、生活面、人間関係…子供が小学生になった途端、悩みは深くなっていきます。誰かに気軽に相談できたら良いのに、ママ友にはやっぱり相談しにくいという人も多いですよね。

小学生になると、なんだか自分の子と周りの子を比べてしまうし、相手からも比べられたらイヤですよね。そこで、今回は筆者が教育現場に長年いた経験を活かして、そんな小学生のお子さんをもつママたちの子育ての悩みを、解決していきます!是非参考にしてくださいね。

「ゲームやスマホばかり…そんな子供たちには?」

最近小学生をもつママたちが悩んでいるのは、子供たちがゲーム機やスマホを触っている時間がとても長いことです。ママやパパが『もうおしまいにしなさい』と注意しても、聞く耳を全くもたない子もいます。また、遊びに行くときには必ずゲームやスマホを持っていき、公園でも遊具で遊ぶのではなく、ベンチに座って友達とゲームをしているなんて子も最近は増えています…。

小学生の高学年になるとスマホをもつ子供もかなり増えて、特に女の子の間ではLINEの問題が後を断ちません。文字だけのやり取りになるため、相手の気持ちや表情が読み取りにくく、勝手な判断で相手を傷つけてしまうこともしばしばあります。それがいじめに繋がるケースも多く、不登校になってしまう女の子も多いのです。

ママやパパがまずすべきことは、スマホやゲーム機の管理です。いつでも子供が自由に触れる場所に置いておいてはいけません。ママが管理し、ママが見ている範囲内でしか触れないようにするべきです。

また、使用時間も制限しましょう。最近では自治体が声を上げて、スマホの使用時間は21時までとするところも多いくらいです。家庭内でルールを決めて、だらだらとベッドの中でもスマホやゲーム機に触っていることのないようにしましょう。

小学生仲間はずれ問題の対処法!女子の悪口はなぜ起こる?

子供が小学生になると、女の子をもつママたちが頭を抱えるのは、女子特有のグループ化問題です。ママの中にも、幼い頃仲の良い友達とグループになって、いつもどこでも一緒に行動していることはありませんでしたか?!今の小学生女子も同じなのです。自分が所属するグループの友達には優しく接するのに、他のグループの友達には、冷たくしてしまうという子さえいるほどです。

私が教育現場にいるときに、よく子供たちに伝えてきたことは、『大人になって社会に出たら苦手な人とも仕事をする機会がたくさんある』ということです。大人になって社会に出ると、自分はこの人が苦手だから一緒に仕事をしたくないという理由で、その場を逃げることはできませんよね。学校という小さな社会でできていないことは、大人になったときもできないのです。

人間、必ず相性があるので、合う合わないということは存在します。それでも、他人の悪口を言わず、良い面を探すこと、上手に付き合うことは重要なのです。ご家庭でも、ママたちは子供と一緒になって『○○ちゃんって本当にイヤな子よね』なんて言っているのではなく、上手に付き合っていくのよということを伝えてあげましょう。それが、子供たちが大人になっていくための成長していく過程でしょう。

小学生で勉強しないからできないイライラ!大事な習慣づけとは

小学生になると、毎日当たり前に始まる勉強ですが、ママたちはその学習態度も悩みの種です。宿題は一応やってはいるけれど、それ以外の勉強を全くせず、すぐに遊んでしまう…。そんな子供の姿にイライラしてしまうこともしばしばあるのではないでしょうか?!

ここでママたちに作って欲しいものがあります。それは『自主学ノート』です!一日何の教科でも良いので、自主学をさせるようにしましょう。単にやるだけではやる気が起きません。そこで、その自主学ノートを毎日担任の先生に提出させてみましょう!ママは、担任の先生に、家庭での学習を身に付けるために自主学ノートに勉強をさせていることをこっそり伝えておきましょう。

学校で、先生から自主学ノートを褒められると、子供たちはうんとやる気が出て、毎日継続できるようになるでしょう!意外と小学生の高学年の子も素直で単純な子が多いので、先生に褒められたり、ノートに花丸がついていたりするだけで、どんどん学習力が伸びていくのです。先生と協力して、家庭での学習態度をしっかりと身に付けてあげましょう。

子育ての大変な小学生、疲れた時にはぜひ相談を

今回は、小学校でよくママたちから相談される3つの悩みと、その解決法を紹介しました。

小学生になると、保育園や幼稚園の頃と違って、ママたちの悩みは大きく変わってきます。中でも多いのはやっぱり人間関係の悩みなのです…。疲れたなと感じてきたら、限界になる前に、周囲へ相談してみてください。保健センターでも、役所でも、子育て支援センターでもかまいません。きっとあなたの力になってくれるはずです。

少しでもこれを読んで、ママたちの悩みが小さくなっていると嬉しいです。子育てに終わりはありませんが、一つずつゆっくりと前を向いて進んできましょうね!ママの笑顔が子供の笑顔です。

-子育て
-, , ,

Copyright© エンタメジャパン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.