悩み解決!あなたに喜ばれる最新の役立つ情報を

エンタメジャパン

家事

トイレ掃除後も臭いが消えない?悪臭を消す裏技テクニック!

投稿日:

 

トイレを掃除しているのに、臭いが消えない...どうしよう...と、お困りじゃないですか?

掃除の中でもトイレ掃除は気分が乗りにくい場所ですよね。気分が乗らない理由の一つになるのが臭い。でもせっかく掃除をするならば、あの嫌な臭いもすっきり解消させたいですよね。

ここでは主婦歴10年になる私が、掃除していて良かったと思う、臭いを断ち切るのに効果的な掃除の方法をご紹介します。

臭いは便器ではなくて壁と床から出ていた?

トイレの臭いが気になると、まず綺麗にしようと思うのが便器だと思います。しかし、臭いを吸い取っているのはトイレの壁紙や床だったりすることはご存知でしたか?トイレ用洗剤のTVコマーシャルなどでも流れているように、特に男性がいる家庭では用を足した時に、尿が床や壁にまで飛んでいるようなのです。

そこで、私がしている掃除は、以下の通りです。

  1. バケツにお湯をはり、酸素系漂白剤の粉末を少量入れてよく溶かします。
  2. そのお湯を使って壁の上の方から最後は床まで雑巾で拭き掃除していきます。
  3. 最後に、乾いた雑巾でカラ拭きしましょう。

注意点として、手荒れ防止のために必ず手袋を着用してくださいね。

壁と床を掃除することで、普段は目につかない部分の汚れも綺麗にすることができ、臭いの軽減になっていますよ。

普段の掃除は必ず便座を上げて

毎日壁や床まで掃除をするのはとても大変ですよね。我が家は各階に1つずつ、計2箇所にトイレがあるので、とてもではありませんが壁や床の拭き掃除までは毎日できません。

代わりに、毎日必ずすることがあります。それは、自分がトイレを使った後に便座も上げて掃除することです。便座の裏側は上げてみないと気がつきませんが、結構頻繁に汚れがついているものです。この汚れを長期間放置すると悪臭の原因にもなりますし、尿石や着色汚れになって取れにくくなってしまうんです。

さて、掃除といっても私がしていることはとても簡単で、各トイレの棚に市販のトイレ用スプレー洗剤を常備しておき、それを便座の裏側や便器の縁にかけて、トイレットペーパーで拭き取って流すだけです。

この工程を、自分がトイレに行くたびにするだけで、便器の清潔が保てますよ。トイレ掃除はとても億劫に思われる方が多いかと思いますが、このちょこっと掃除は長くてもせいぜい2分ほどしかかかりませんので、おすすめです。

便器の脚の汚れを見落とさない!週1は床との接着面を掃除

皆さんは、便器の脚の部分まで注意して掃除されていますか?私は毎日はできていませんが、週に1回は細かいところまで掃除する日を設けて、その際には便器の脚の部分まで念入りに掃除をしていますよ。

用意するものはこちら

  • 歯ブラシ
  • 雑巾
  • トイレ用洗剤

歯ブラシにトイレ用洗剤をつけて、床と便器の隙間をかき出しながら汚れを雑巾で拭き取っていきます。この便器と床の境目の隙間にたまる汚れは、息子のトイレトレーニングをしていて気づいたんです。

男性が立って用を足すと、尿が便器の外側の脚の部分を伝って床まで落ちていくことがあります。その汚れが、便器と床の境目の隙間にじわじわと蓄積されていき、臭いの原因になるのです。

また、便器の外側・脚の部分も、全体的にトイレ用洗剤と雑巾で綺麗に拭き取ります。毎日はできなくても、週に1回や月に1回だけでもこの部分を掃除することで、臭いはかなり解消されますよ。

水臭さカビ臭さはタンクから?シーズン毎に掃除が必要な理由

私がとある年末に我が家のトイレの臭いで気になったのが、水臭い臭い。カビっぽいような不快な臭いがしていたのですが、普通にトイレ掃除をして、壁や床も丁寧に掃除をしても、まだその臭いは取り切れていないように感じていました。

そこで臭いの元をたどってみると、トイレのタンクのあたりからきているような気がしたんです。勇気を出してタンクの蓋を開けてビックリ!カビが生えていたのです。そこで蓋を取って、蓋の裏側を丁寧に酸素系漂白剤とブラシを使って掃除しました。

また、タンクの中も、手が届くところまでは、靴を洗うのに使う持ち手の長いたわしと、細かい部分には歯ブラシ、そして酸素系漂白剤を使って磨きました。すると、今まで何をしても取り切れなかったカビくさいモワッとした臭いが解消されたのです!このタンクの掃除はとても効果的でしたね。

必要な掃除用具(家にある物や100均で調達OK!)

  • 酵素系漂白剤
  • トイレ床用ブラシ
  • 持ち手の長いたわし(靴用など)
  • 歯ブラシ(使い古し)

トイレタンク掃除の注意点

  • タンクの蓋が重たいので落とさないようにする。
  • 止水栓を閉めてから作業をする。
  • 栓を閉めていないまま、タンクの蓋を取った状態では絶対に水を流さない。流してしまうと大量の水が溢れ出して床が水浸しになります。(私は栓を閉めるということに気づかずそのまま流してしまい、見事に水浸しにしてしまいました。)
  • タンクの上から水が出るタイプの場合はタンクの蓋とタンクをつなぐホースのような部品があるので注意して着脱する。

タンクの掃除はちょっと大掛かりな掃除になるので、私は季節ごとに気がついた時にするように心がけています。年末の大掃除時はピッタリなタイミングですね!

臭わないトイレで気持ち良い空間を

トイレが快適だと衛生面でも良いですし、何より気分が良いですよね。知り合いのお宅に訪問する際も、トイレが清潔だとそれだけで印象がよくなるように感じます。

毎日は細やかな掃除ができなくても、毎日することと定期的にすることに分けて、上手にトイレ全体を掃除していくことができれば臭いはかなり解消されると思います。

また、続けていくことで、汚れが蓄積されて取れにくくなることを避けられるので、是非定期的に普段目の届かないところも掃除されることをおすすめしますよ。

-家事
-, ,

Copyright© エンタメジャパン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.