悩み解決!あなたに喜ばれる最新の役立つ情報を

エンタメジャパン

家族・人間関係

職場での友達の作り方!大人だからこそ見つかる貴重な出会い

更新日:

 

会社での人間関係に悩んでいませんか?

会社に勤め始めると、家で過ごす時間より長く会社にいたりしますよね。入社して間もない頃は初めての事や覚える事が沢山あって、あっという間に時間が過ぎてしまうかもしれませんが、少し慣れてくると話し相手が欲しくなったり、周りの人の様子が気になってくるものです。

その中で息の合う人に巡り会えたら、嬉しいですよね!私は友達作り、というのが幼い頃から苦手で人見知りもある方なので、昔から馴染みのあるメンバーといつもツルンデいる様なタイプです。それが縁あって勤め先では、同僚や先輩後輩の関係を超えて「良い友達」といえる様な仲間が出来ました!

そのきっかけはどんな所にあったのか、どういう付き合い方をしていったのか、私の経験が皆さんへのアドバイスに少しでもなれば、と思いご紹介致します!

友達の作り方、社会人は最初のきっかけが難しい!?

友達になりたい!友達が欲しいな!と思った時に起こすアクションが「声をかける」事だと思いますが、あなたは自分から進んで声をかけられますか?それとも声をかけてもらう方が多いですか?私は自ら声をかけるのは苦手で、声をかけてもらえれば話はいくらか出来るタイプです。なんだか面倒ですねぇ(笑)

恐らく声をかける事が出来る人で友達が出来ない、と悩んでいる方は少ないと思います。友達が出来ない、作りたいけどどうしたらいいのか、と悩んでいるのは、自分から声をかけるのが苦手な人に多い様に思います。

声をかける事が出来ると話すきっかけになる、ということが頭のどこかで分かっていて、逆に難しく考え過ぎて行動できなかったり、恥ずかしくて言えなかったりしてしまうのだと思います。

職場で友達みたいな関係は成り立つ?まずは会話の第一歩

それは自分の性格なので、無理に変える必要はないと思いますよ。それに、仲良くなりたいな、と思っている人が声をかけてくれるタイプの人で、自分に話すきっかけを与えてくれるかもしれませんしね!そうなった時は、チャンスを逃さず会話できると、次につながると思いますよ。

無理に会話をしようとはせずに、相手の話を聞いてしっかり相槌を打ってあげれば、徐々に会話は成り立ちます。基本は会社で仕事をしなければいけなので、初めは長話する必要もないと思います。

そこの所がきっと学生とは違うのではないでしょうか。私はお手洗いで同じ部署の先輩が声をかけてくれたのがきっかけでした。このシチュエーションは女性あるある、かもしれませんね。

職場での挨拶は笑顔がベスト!話しかけやすい雰囲気を作ろう

自分から声をかけるのが苦手だけれども、気軽に話せる様な友達が欲しい!て気持ち、良くわかります。そういう時にオススメなのは、挨拶です。社会人として、これも基本ですよね。笑顔で挨拶出来ると気持ちの良い印象を相手にも与えますので、実践してみる価値があると思います。

特定の人だけではなく、出来れば多くの人に挨拶出来るといいですね。どこかで誰かが気づいてくれるかもしれません。もちろん、肩に力を入れる必要はなくて、気分の乗らない日は無理しない程度に行いましょう。私は先輩に「お疲れさま〜」と言われて、「お疲れ様です」と返しただけで、ちょっと気分が上がったものです。

元々その先輩と親しくなりたいな、と思っていたから一声の挨拶が余計に嬉しかったのかもしれませんね。その先輩は、いわゆる話し上手な方だったので、挨拶に続いて、「疲れたよねー」とか「今日は眠たくて」などとなんて事ない自分の状況を話してくれました。会話の第一歩ってこんな感じで良いのだと思います。

職場での距離感は控えめにしつつ、会話をはずませるコツ

これがきっかけで、「今日は仕事量多いですか?」とか、「昨晩何かあったのですか?」と相手に疑問を投げかけると会話のキャッチボールが生まれます!でも、はじめからググッと距離を詰める必要はありませんよ。距離がはかれずにグイグイいき過ぎると、かえって相手がついていけなくなる場合もあります。

礼儀は社会人としてマナーでもありますので、大人の振る舞いを意識して行いましょう。毎日些細な会話をしていくうちに、距離は縮まってくると思います。全ての人に対して成功するとも限らないので、合わないな、と思われてしまっても、会社ですから執着せずに仕事を進めましょう。きっと他にも気の合いそうな方を見つけられます!

職場ランチ時の会話はハードルが低い!?気遣いがポイント

社内でのコミュニケーションがある程度とれる様になると、社外でも一緒に食事に行ったり、もっと気が合えば遊びに出かけたりしてみたい、と思いますよね。私の場合は、女性5人のグループでの付き合いがありました。勿論、その中にお手洗いで声をかけてくれた先輩が一緒です。その先輩とはじめて会社外に出たきっかけは「ランチ」でした。

今だからわかりますが、飲みに行こう!とか仕事終わりの予定をご一緒するのは結構勇気がいります。ランチなら会社に戻らなければいけない時間もある程度決まっているので、万一会話が続かなくなって変な雰囲気になったとしても切上げやすいです。出来れば楽しく終わりたいですけどね(笑)はじめの一歩はランチがオススメです。

私はお弁当を持参していたので、先輩が「いつもお弁当だね。気分転換に良ければランチ明日行かない?」と誘ってくれました。気分転換に、などと言われると、自分を気遣ってもらえてるのが伝わって嬉しいです。思えば、この先輩は相手に思いやりを持って接する事が凄く自然に出来る人でしたね。

職場に友達がいない私が、プライベートの付き合いにまで発展!

私は会社でまだ後輩の立場だったので、殆どの社員が先輩です。人付き合いの方法はいつもこの先輩から勉強させてもらっていた様に思います。同じ会社で人付き合いが上手だな、と感じる人がいれば、その人の行動や態度を見てお手本にしてみるのも良いですね。それからは、時々のランチや会社での短いおしゃべりの連続でした。

ある時お互いに好きな音楽の趣味が近い事から、明日は金曜だしカラオケにでも行きたいね〜!なんて言ったのがきっかけで、仕事終わりの予定を立てる事になりました。2人でカラオケは結構ハードルが高いから、メンバーを集めるべくとりあえず飲みに行きながら相談しよう、という結果になったんですけどね(笑)その日の夜に誘ってみたい女性社員が決まり、翌週から声をかけはじめました。

今度は私も声をかける側です!緊張しましたが目的もあるので、話しかけやすかったです。それに先輩が一緒だという心強さみたいなのもありました。そういう経緯があって、集まった5名でカラオケに行き、社内で会えば会話をして、ランチや飲み会を重ね、休日にフリマをみんなでして、旅行に行って、土日休みを利用して弾丸海外旅行にも行きました!1つの予定を合わせるにしてもお互いを気遣う事が大切でした。それが自然に出来るにはやはり多くの時間と段階が必要だと思います。

職場に友達はいらないなんてもったいない?財産となる出会いも

私はその会社に8年所属していましたが、この時仲良くなった5名が一緒に働いていた期間は3年程だったと思います。それぞれの事情で退職をしなければいけなくて、結局私が一番長く勤めていた為みんなを見送る形になりましたが、今でも時々集まりまれる大切な仲間なんです。このメンバー以外にも交流をもてるグループもできましたよ。

そして、はじめに声をかけてくれた先輩とは、お互い結婚して家庭があるのですが、家族同士も仲良く付き合わせてもらっていて今隣駅に住んで生活しています(笑)

会社で友達が欲しい!と急いで行動したくなる気持ちもよくわかりますが、基本は仕事です。それを理解した上でマナーをもって行動すれば、素晴らしい仲間に出会えるきっかけはあると思います。人との付き合いを深めていく事で仕事面でも成長できる所がたくさんありました。きっとそれが会社友達の良いところかもしれませんね。

-家族・人間関係
-, ,

Copyright© エンタメジャパン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.