おかえりモネ最終回結末ネタバレ!ラスト予想は?

おかえりモネ

おかえりモネ最終回結末ネタバレ!ラスト予想は?

「おかえりモネ最終回結末ネタバレ!ラスト予想は?」と題してお届けします!

清原果耶さん主演で注目の朝ドラ「おかえりモネ」の展開を考察していきましょう。

妹のみーちゃん(未知・蒔田彩珠さん)が素直に謝ったシーンには思わず感動しましたね。

ちなみに迎え火の際に、未知の背中に手を添える亮の姿に思わず今後の展開を想像した方も多かったのではないでしょうか。

おかえりモネは自然豊かな島で暮らす気象予報士のお話ですが、ラストはどうなっていくのか気になるファンの方も多いかと思います。

きっと最終回では、誰からも愛され人を笑顔にすることができる”気象予報士・永浦百音”へと成長した姿が見られるはずですね。

そんな予想もふまえて、「おかえりモネ」がどのような結末になっていくのかを見ていきましょう!

 

おかえりモネ最終回結末ネタバレ!

朝ドラ「おかえりモネ」は、気象予報士を目指して状況する女性、永浦百音(清原果耶さん)が成長していく姿が描かれます。

上京していたモネは地元に戻り、「何か自分にできることはないか」と大好きな故郷を明るく元気にしていくんです。

夢に向かってひたむきな努力を惜しまず成長を遂げていくモネですが、その結末はどのようになるのでしょうか。

「おばあちゃんが牡蠣」という設定や名前にどんな意味があるのか、気になっている方も多いようですよ。

 

最終回見どころは?

モネは気象予報士になるため、くじけそうになりながらもひたむきに目標を追いかけます。

その結果、狭き門をくぐり抜け立派な気象予報士になりますが、最終回では気象予報士としてどのような成長を遂げるのでしょうか。

作中で、モネは気象予報士とは単に天気を予測するだけではなく、様々な職業や人々に関わっていく職業だと気づいていきます。

子どもたちを連れていった山歩きと植樹体験の帰り、1人の男の子が飛ばした竹トンボを追った事でモネと2人みんなから遅れて下山する事になりました。

そこで男の子が道から落ち、同時に土砂降りに見舞われてしまったんですよね。

こういった自身のリアルな体験が「気象」につながって行くのでしょうね。

そんなモネですから、最終回の頃にはモネにしかできないあらゆる人々を笑顔にすることのできる気象予報士になっていることでしょう。

また、モネは何事も自分の目で確かめていきたいという性格です。

様々な現場に自ら出向いたり、自然を自分の身体で体感することで経験や知識を得ていきそうですね。

モネは気象予報士になる前に林業や山林ガイドの仕事もしていますので、その経験も活かしていくかもしれません。

地元に戻りたくさんの人々と交流をしながら人を助けていく気象予報士になっている姿が、ドラマ最終回で見られるのでしょう。

 

彩雲・移流霧

これまでに知らなかった気象について知る事ができるのでは?と初回で期待した方も多かったのではないでしょうか。

まず登場したのが「彩雲(さいうん)」でした。

登米の資産家にして「姫」と呼ばれる新田サヤカ(夏木マリさん)に「きっといいことがある」と言われたモネも、その美しさに確信を持っていましたよね。

これまで見聞きした事がなかった方も多かったのではないでしょうか。

そして「移流霧(いりゅうぎり)」を見に行った橋で、昔好きだったという「気嵐(けあらし)」を思い出すモネは「でもあの日、私何もできなかった…」とつぶやいていました。

この「あの日」の出来事と妹のテレビでの発言、魔法のように気象を予報した朝岡との出会いがモネを変えて行くんです。

 

転生の意味は?

モネの祖母・永浦雅代(竹下景子さん)は病気で少し前に他界しており、今ではモネたちを見守っているのですが、なんとその設定が牡蠣なんです。

驚いた方もいれば、朝ドラ常連にとっては「梅干しのツボの次は牡蠣か」という冷静なリアクションも見られました。

思わず「水揚げされないかな」「食べられないで!」と心配した方もいたようですよ。

海の生き物になった事にはどんな意味が隠されているのか、今後分かるでしょうか?

 

名前の由来

「百の音」と書いて「ももね」という名前にはどんな意味があるのか?という声も上がっていました。

また、「ももね」ではなく「もね」と呼ばれるようになった理由も気になりますよね。


どんな意味を持って「百音」と名付けられたのか、またどうして「もね」と呼ばれるようになったのか、重要なポイントになるかもしれませんね。

 

おかえりモネ最終回ラスト予想は?

色々な角度からモネの成長が見られそうな「おかえりモネ」、最終回はどうなっていくのか予想していきたいと思います!

朝ドラファンの皆さんも、今からラストがどうなるのか予想されてる方も多いかもしれませんね!

ハッピーエンドになるのか、オープニングのイメージのような爽やかな結末が待っているのか、ラストの展開を予想していきましょう。

 

復興できる?

モネは気象予報士として活躍するため上京しますが、大型台風の被害を受けた地元気仙沼に活気を取り戻すべく、故郷に戻ります。

そして「人々を笑顔にすること」を目標に、家族や友達と力をあわせて故郷の復興に取り組んで行きます。

予報士ならではのアイディアで盛り上げていくそうですが、どんな策を練っていくのかが最終回予想の鍵になりそうですね。

おそらくドラマを見ているほとんどの方が思わず息をのみ、身構えてしまった震災についての描写も、モネの今後にとっては大きな影響のひとつなのでしょうね。

モネは地元に活気を取り戻すべく、島の人々と協力しあって野外イベントの開催をすることもあるかもしれません。

地元の人々に楽しんでもらったり、住民以外の方を招くという可能性もありますね。

屋外でのイベントには天気が重要になってきますので、モネの活躍で成功に導いてくことも可能でしょう。

また、モネは気象予報士があらゆるジャンルの職業に関わり、助言や情報提供を行っていくということに気づき、やりがいを感じていきます。

そんなモネが自ら現場に出向いて必要な人々に助言を行っていく、ということもありえそうですね!

 

恋愛もある?

モテる漁師・りょーちゃんこと及川亮(永瀬廉さん)が2週目から登場しました!

さっそく未知が助けてもらって嬉しそうでしたね。

朝ドラでは、どんな恋愛関係が生まれるのかも注目されるポイントのひとつです。

亮がモテても意に介さないのは心に決めた相手がいるからで、それはやはり百音なのでしょうか?

迎え火の時、未知の背中に手を添える亮の姿がありましたが、天然なのか何か狙っているのかまだ分かりませんね。

明るく見える亮ですが、実は父親との関係に悩んでいるんです。

恋愛に発展するとしたら、亮が抱える問題が分かったところで誰が支えてくれるのかがきっかけになりそうですね。

 

結末考察!

地元へ戻るのは最終回近くになってからかと思っていたら…という声も多いですね。

モネは大好きな地元を元気にしたい、人々を笑顔にしたいという強いがあります。

これまらひたむきに走り続けるモネの姿に影響される人も出てきてもおかしくありません。

もしかしたら、一人前の気象予報士へと成長したモネに憧れて、モネのような気象予報士になりたいという夢を持つ地元の若者が現れるかもしれませんね!

モネと同じ想いを持つ協力者が増え、ますます地元の復興と発展をもたらしていく展開もあるのではないでしょうか。

最後は明るい未来が見えるような、そんな結末に期待ですね!

ツイッターでどんな反応があるのか見て行きましょう。

 

ツイッターの声

初回ではOPの爽やかさに早くも期待できる!と感じた方が多かったようですね。

早くもロスを心配する声も聞こえ始めていますよ。

 

おかえりモネ反省会

実は、初回のあとすぐにツイッターでは「不安」という声が広がったんです。

その後ツイッターで登場したのが「#おかえりモネ反省会」です。

どういった声なのかまとめてみます。

当初多かったのが、登場人物のあまりの豪華さに思わず不安になったという声でした。

ただ、「モネの不安がよく表れていた」「不安要素なし」という声も同じくらいありましたよ。

朝ドラっぽくないという意見もありますが「おかえりモネ反省会」では期待の声の方が多いように感じられます。

最終回結末についてのツイッターの声は最終回後追記致します!

 

まとめ

「おかえりモネ最終回結末ネタバレ!ラスト予想は?」と題してお届けしました!

ネタバレと結末の予想とあわせてお読みいただきましたがいかがでしたでしょうか。

ファンの多い朝ドラの新作ということで大注目の作品になりそうですね!

ぜひご家族やご友人同士で、最終回はどうなるのか?と予想してみてくださいね。

この春は「おかえりモネ」で心温まる時間を過ごしましょう!

-おかえりモネ
-, , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5