おかえりモネ最終回結末ネタバレ!ラスト予想は?

おかえりモネ

おかえりモネ最終回結末ネタバレ!ラスト予想は?

「おかえりモネ最終回結末ネタバレ!ラスト予想は?」と題してお届けします!

最終回まで残り2回となったおかえりモネでは、驚きの展開がありましたね。

おかえりモネネタバレ最終回予想の結末で、気になるポイントはモネの”恋愛”と”仕事”です。

それでは朝ドラ「おかえりモネ」最終回のあらすじと結末ラストの展開を考察しますので、皆さんの予想と照らし合わせてみてくださいね!

 

おかえりモネネタバレ最終回予想!


朝ドラ「おかえりモネ」は、気象予報士を目指して奮闘する女性・永浦百音(清原果耶さん)が成長していく姿が描かれています。

ついに気仙沼にやって来た菅波でしたがりょーちんと偶然顔を合わせるかたちになり、なんとも言えない空気が流れました。

みーちゃんからは「おばあちゃんを見捨ててしまった」という衝撃的な告白がありましたね。

ですが、驚く事に菅波によってりょーちんもみーちゃんも前を向く事ができたようです。

 

あなたが思う未来への意味

最終週のタイトルは「あなたが思う未来へ」です。

「あなた」はおそらくモネ・菅波・りょーちん・みーちゃんそれぞれの事だと思いますが、「未来」は何を指すのでしょうか。

みーちゃんはりょーちんの気持ちをしっかりと確認する事ができた場面がありましたね。

離れられないという思いを少しでも動かすきっかけとなったでしょうか?


りょーちんは海に出る事、みーちゃんは東京の大学へ行く事、モネは地元での活躍が「未来」として考えられます。

そうなると菅波はやはり最前線での活躍が未来となるのでしょうね。


「2人の未来を一緒に考える」=「一緒にいるという事ではない」そう考えると、各々バラバラになって前を向くのが自然です。

「大事な人たちがうまくいく。こんなにうれしいことはない。」というモネの言葉もありましたよね。

しっかりとつながりを認識できてこそ、離れて同じ方向を向いて進んで行くという選択をするのではないでしょうか。

 

恋愛の結末は?

「おかえりモネ」では登場人物たちの恋愛関係がこれまでの朝ドラにないほど盛り上がっていますよね。

舞台を2017年から2019年に移してなお、モネと菅波はそれぞれの生活を続けながらも、同じ方向を向いて歩み続けて来ていたようです。

菅波からのプロポーズは「一緒にいたい。1分1秒でも長く。」という言葉でした。

場所がコインランドリーなところがさすが「俺たちの菅波」ですが、きっぱりと「結婚したい」と伝えたシーンは感動でした。

直前で見せた「違う…」「理屈ではそうだ。でも理屈じゃない」という葛藤も菅波らしかったですよね。

モネと菅波の順調な関係の証拠は部屋にもありましたよ。

ただ、やはり引っかかるのが「あなたが思う未来へ」です。

 

結婚しない?

モネの実家では菅波の口から「結婚」についての明言がありませんでした。

ただふたりの願いは「見守ってほしい」という事のように感じられますよね。

また、菅波はトラウマ、モネは「あの日いられなかった」という思い、お互い自身の過去を乗り越える事でそれぞれの居場所を確立する方向へ向かうようにも思えます。

ドラマ開始時から分かっている事として、最終的にモネは地元宮城県の登米(とめ)で暮らします。

モネの心に引っかかっているのが「地元にいられなかったこと」つまり「その場に居てみんなと一緒に苦労や感情の共有ができなかったこと」を悔いているんですよね。

これが地元へ帰る一番の理由であり、譲れない部分だと気づくのかもしれません。

これに対する菅波の答えですが、モネの気持ちに寄り添う事はもちろん自身も大切にする事に気づき、一緒にはならないという選択をしそうな気がします。

それぞれがそれぞれの場所で「離れているけど一緒に生きいている」というような道に落ち着くのではないでしょうか。

結婚する気もしませんが結婚しない気もしないふたりではありますが、最終回の結末として結婚はしないと予想します。

 

名前の由来

「百の音」と書いて「ももね」という名前にはどんな意味があるのか?と気になっていた方も多いのではないでしょうか。

また、「ももね」ではなく「もね」と呼ばれるようになった理由も特に説明されていないんですよね。

実は、菅波の名前が「光太郎」である事から「モネ」という名前との関係が運命だとも考えられるんですよ。

有名なフランスの画家クロード・モネは「光」に注目した画家だと言われています。

モネは、日光やその反射で目に映る「印象」を再現したい、光そのものを主役にしたいと思っていたんですね。

これまで百音をモネと呼ぶ事でなんとなくこの画家をイメージしていた方も多いかと思います。

ここで菅波先生の下の名前が「光太郎」ですよね。

この事から、『モネにとって光はなくてはならない、主役級の存在』だと言えそうではないでしょうか?


例えすぐには結婚しない未来であっても、「きっといつか」と思える関係になっている事を確信できる最終回になってほしいですね。

 

おかえりモネ最終回結末ラスト予想は?


最終回では、モネの地元・登米での活躍にも注目ですよね。

「東京で気象に関するさまざまな経験を積んだモネは、故郷に貢献していく」というのがおかえりモネの最後の展開になっています。

これまでに、自分の非力さを痛感してしまうような出来事がきっかけの一因だったのはもちろんですが、大事な人たちの支えや一言をバネに進んで来ました。

夢に向かってひたむきな努力を惜しまず成長を遂げていくモネですが、やっと経験を活かし前に進み始めましたよ。

 

地域密着型の気象予報士

地元のコミュニティFMで地域密着型の天気予報コーナーを担当する事になったモネは、激務に追われるようになりましたね。

モネは気象予報士として活躍するため上京しましたが、その背景には自身や大型台風で危機にさらされた地元、そしてそのたびに自分の無力さを痛感して来た経験があります。

東京で働きながら、モネは地域密着の気象予報士の必要性を痛感するようになったんですよね。

モネは地元で「地域密着型の気象予報士」を体現するのでしょうね。

そこにはやはりさやかさんをはじめとした地元住民の存在も欠かせません。


できればそこに菅波先生の医療も加わってほしいものですね。

モネは何事も自分の目で確かめていきたいという性格です。

力を合わせ、地域の人とも協力し合って行く事で、モネは気象の知識があらゆるイベントや事業に貢献できる事を体感して行くはずです。

 

彩雲・移流霧

これまでに知らなかった気象について知る事ができるのでは?と初回で期待した方も多かったのではないでしょうか。

まず登場したのが「彩雲(さいうん)」でした。

登米の資産家にして「姫」と呼ばれる新田サヤカ(夏木マリさん)に「きっといいことがある」と言われたモネも、その美しさに確信を持っていましたよね。

これまで見聞きした事がなかった方も多かったのではないでしょうか。

そして「移流霧(いりゅうぎり)」を見に行った橋で、昔好きだったという「気嵐(けあらし)」を思い出すモネは「でもあの日、私何もできなかった…」とつぶやいていました。

この「あの日」の出来事と妹のテレビでの発言、魔法のように気象を予報した朝岡との出会いがモネを変えて行ったんですよね。

 

転生の意味は?

モネの祖母・永浦雅代(竹下景子さん)は病気で少し前に他界しており、牡蠣の姿でモネたちを見守っていました。

思わず「水揚げされないかな」「食べられないで!」と心配した方もいたようですが、現実になってしまったんですよね。

なんとおばあちゃん、汐見湯で龍己が食事としてふるまってしまったんです!

次は木の芽に転生したおばあちゃんは、モネの手で登米の森に移してもらえるのでしょうか?

モネが島から発つ時にさやかさんが足元にふと見つけた木の芽を思い出してしまいますよね。

おかえりモネBS再放送予定いつから?無料視聴方法と時間も紹介!

 

まとめ


「おかえりモネ」最終回のあらすじと結末ラストをネタバレ考察して来ました。

恋愛では分かりやすく「結婚」というハッピーエンドは待っていないのかもしれません。

それでもモネと菅波は、向かい合う恋愛ではなくそれぞれが自分にとっての前を向いて進む道を選ぶのではないでしょうか。

仕事面ではモネだけでなく、りょーちゃんやみーちゃんも納得いく結末を迎えられるといいですね。

あなたはどんなラストを予想しますか?

「おかえりモネ最終回結末ネタバレ!ラスト予想は?」でした!

おかえりモネ再放送予定いつから?無料ネット視聴と時間も紹介!
おかえりモネBS再放送予定いつから?無料視聴方法と時間も紹介!

「かえりモネBS再放送予定いつから?無料視聴方法と時間も紹介!」と題してお届けします! 2021年5月17日から放送開始したNHKの朝ドラ「おかえりモネ」は2021年10月30日まで、全120回で放送 ...

続きを見る

-おかえりモネ
-, , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5