乃木坂シネマズ4話ネタバレ山下美月の方言が可愛いすぎ?看板娘の悲しい過去が明らかに!

乃木坂シネマズ

乃木坂シネマズ4話ネタバレ山下美月の方言が可愛いすぎ?看板娘の悲しい過去が明らかに!

乃木坂シネマズ第4話の「民主主義定食屋」で主演キャストを務めるのが山下美月さんですが、4話のネタバレ&あらすじや感想が気になります!

乃木坂シネマズはFODプレミアム配信サービスの先行配信となっており、すでに視聴したファンからは、「山下美月の方言訛りが可愛いすぎてヤバイ!」という声や、コメディ演技力が凄い!笑えるのに感動して泣ける!という声まで聞かれます。

「民主主義定食屋」で看板娘を演じる山下美月さんが見せてくれる、迫真のコメディ演技力や、4話のネタバレ&あらすじや感想について、考察していきましょう!

 

乃木坂シネマズ4話ネタバレ山下美月の民主主義定食屋あらすじは?


「民主主義定食屋」とは、お店に入った客が好きにメニューを決められるわけではなく、店内の客の多数決によってメニューが決定されてしまうという、不思議で不可解な、それこそ民主主義を彷彿とさせる食堂なのだ。

沢山のメニューが存在する中で、食堂へ入った1人の客は、民主主義定食屋で自分の食べたい食事をとるにはどうしたらいいのか?という厳しい現実を目の当たりにする。

1人の客は「肉もりもり定食」をオーダーするも、他の客によって却下されてしまう。

そんな民主主義定食屋で看板娘を務めるのが、山下美月。

方言訛りでしゃべる看板娘の可愛い姿が見たくて来店する客も後を絶たない。

 

山下美月がドラマのキーワードと称する大量のナスとは?

ある日、開店準備を進めていた看板娘の山下美月を呼ぶ店主の声で、定食屋のスタッフが店主の元へ集合する。

美月と、ミチエ、3人のスタッフの目の前に見えるのは大量のナスで、驚きを隠せないみんなに理由が告げられる。

なんと、ミチエが茄子の発注数を誤ってしまったことで、必要以上のナスが入荷されてしまったのだ。

困り果てる民主主義定食屋の主人と、スタッフたち。

しかし、「なんとか茄子の定食をさばかねば」と、民主主義のオーダー制の中で、ナスを注文してもらうために一致団結していくことに!

そんなある日訪れた常連客のお目当ては、今日も美月で、看板娘山下美月の写真を容赦なく撮影し続ける。

常連客は「チキン定食」を注文するものの、民主主義定食屋の力で圧倒され、大多数の決議で不採用にされてしまう。

そこで出されたのは、もちろん「ナス定食」だった!

 

乃木坂シネマズ4話ネタバレ山下美月の方言が可愛いすぎ?


乃木坂シネマズ4話では、山下美月の方言訛りが可愛いすぎると、ファンの声が多数上がっています!

そもそも、看板娘美月が方言で訛っている理由は何なのか?

その裏側を暴いていくのが、次のあらすじです。

 

警察官の来店

青年は、ナス定食を美味しそうに堪能している。

そんな民主主義食堂へ、警察官が客として来店。

彼の隣には外国人の女性がおり、この店を探していたと言う。

山下美月が目当ての常連客である警察官だが、いつものようにメニューに迷っていたところで、美月はナスを持ち、優しい声でおすすめ、とささやく。

そんな看板娘の声を聞いた警察官の客は、様々な妄想を膨らませ始めてしまう。

そんな警察官を尻目に、ナス定食を味わう青年が質問をする。

美月さんは言葉が訛っているのはどうして?

そこで、民主主義食堂の店主から聞かされたのは、美月の悲しい過去だった...!

 

民主主義食堂の看板娘、美月の悲しい過去とは?

実は、美月は幼い頃、児童養護施設へ預けられていたのだ。

美月の両親は、美月が幼少の頃に他界してしまい、施設で出会った職員が変な訛りでしゃべっていたため、東京生まれの美月も含めて、施設の子供たちは全員同じ訛りでしゃべるようになったのだという。

食堂のスタッフであるミチエは、自身も元女子プロレスラーであったことを告白する。

そこで、「肉もりもり定食」を食べたかった客が、それを反対した少年の客に近づき、「君が手を挙げてくれていたら」と嘆くのだが、その少年が実はミチエの息子だったのだ!

その事実を知って衝撃を受ける客。

 

強盗犯が逃走で民主主義食堂周辺をうろつく!?

多数決に負けて好きな定食が食べられず肩を落としていた客は、隣の外国人女性に話しかける。

どうやら彼女もオーダーに困っていたようなのだ。

その外国人女性があまりに美しく、一目見て恋に落ちてしまった客は、オーダーする定食を一緒にシェアしよう、と近寄っていく。

そこで、民主主義定食屋のテレビにニュース速報が流れ、「強盗犯が逃走している」と告げられたのだ。

驚いた店主が警察官に尋ねると、「自分は何もすることはない」と微笑む客。

そこでナス定食を食べた青年が「昔警察官に憧れていた」という話をすると、「警察官の制服を着てみたらどうだ?」という話題になり、服を交換し始めるのだった!

ーーーここでファンの間で話題になっている山下美月さんの演技力についてみていきましょう!

 

乃木坂シネマズ4話ネタバレ山下美月の定食屋看板娘のコメディ演技力評価が凄い!

乃木坂シネマズ4話の「民主主義定食屋」で、看板娘を演じる山下美月さんですが、その演技を見たファンから絶賛の声が上がっています!

さっそくみていきましょう。

山下美月さんの演技力だけでなく、共演キャストとの息がピッタリ合ったコメディの面白さや、脚本の構成を褒める声が上がっていますね。

そしてやっぱり欠かせないのは、山下美月さんの訛りです。

あまりにもナチュラルすぎて、その可愛い方言のしゃべり方にメロメロになってしまうファンが続出しているようです!

 

乃木坂シネマズ4話ネタバレ山下美月の方言が可愛いすぎ?看板娘の悲しい過去が明らかに!まとめ

乃木坂シネマズ4話「民主主義定食屋」のネタバレ・あらすじ感想や考察を、「乃木坂シネマズ4話ネタバレ山下美月の方言が可愛いすぎ?看板娘のコメディ演技力が凄い!」と題してまとめてきました!

可愛いすぎる山下美月さんの方言訛りがあまりにも自然で違和感なく、その演技力が凄いと絶賛されている乃木坂シネマズのドラマ第4話を見て、あらすじ感想や考察を自分なりに考えてみてくださいね。

山下美月さんが「民主主義定食屋」のコメディで見せてくれた凄い演技力や、新たな魅力が見つかること間違いなしです!

こんな可愛い看板娘がいる「民主主義定食屋」が、近くにあったら最高ですよね!笑

ナス盛りも肉盛りもおかわりしちゃいます!

乃木坂シネマズ4話ネタバレ・あらすじ感想を考察してきました!最後までお読みいただきありがとうございます!

乃木坂シネマズ山下美月の未公開シーンが見たい!全話の完全版フル動画を無料で見る方法!

-乃木坂シネマズ

© 2020 動画ジャパン Powered by AFFINGER5