泣くな研修医ドラマ最終回結末ネタバレ!ラストどうなる?

泣くな研修医

泣くな研修医ドラマ最終回結末ネタバレ!ラストどうなる?

「泣くな研修医ドラマ最終回結末ネタバレ!ラストどうなる?」と題してお届けします!

ドラマのキーパーソンとなる患者・拓磨が登場しましたね。

この10歳の男の子が最終回にどう関わって来るのでしょうか。

初めての看取りを経験した隆治はそんな言葉を教わり、どう成長していくのか「泣くな研修医」最後の展開をネタバレ考察します!

一方ではるかとくるみの間での恋愛模様も気になりますが、どちらかと付き合う展開もあるのでしょうか?

ラストが待ちきれない方、結末が気になる方必見ですよ!

 

泣くな研修医ドラマ最終回結末ネタバレ!

医師として成長してきた隆治ですがいつまでも研修医というわけにもいかず、立派な医師になれるかどうかが最大のポイントです。

最終回に向けて隆治の今後を左右する腹壁損傷で運ばれて来た10歳の男の子・拓磨が第2回目で登場しました。

その時の手術では傷口を見て失神したり、まったく役に立てなかったんですよね。

その後隆治が担当し、一度は自分のミスで命の危険にさらしてしまいます。

拓磨は、無事に完治し退院できるのか気になりますね。

それではドラマ「泣くな研修医」感動の最終回ネタバレをさっそく見ていきましょう!

 

最終回あらすじ①

ドラマ「泣くな研修医」最終回では、これまで何もできない自分に苛立ちや不甲斐なさを痛感していた隆治が、大きな一歩を踏み出す姿が描かれるのではないでしょうか。

隆治は高齢患者・森山の聞き間違いから、認知症ではなく将棋の事を話していたのだと気づきます。

医者として何ができるのか、診療以外のアプローチがあるのだと知るきっかけになっていましたよね。

入院中の男の子・琢磨の診察をするようになった隆治はある日、異変に気付きます。

それは琢磨の命に関わる事態でした。

再手術が必要になるかもしれません。

ところが今回の手術は前回とは違い、拓磨の身に危険が伴うものです。

毎日祈り続ける隆治の姿には、もう研修医としての甘えはありません。

 

最終回あらすじ②

隆治の祈りの甲斐もあってか、拓磨は無事快方に向かう事ができました。

実は同じ時に、母親も重症な骨折の治療中だったため拓磨とは会えずにいたのです。

やっと母親と再会できた拓磨は泣きじゃくり、母親も抱きしめ返します。

その光景を見ていた隆治や看護師たちは涙を流します。

10歳という幼さの拓磨、母親とは離れ離れでよく我慢していましたよね。

そして隆治は”何もできない無力な研修医”ではなくなりました。

患者と向き合うことで、異変に気付くことができたのです。

この、隆治が研修医を卒業しひとりの医者として自立するきっかけがドラマ「泣くな研修医」最終回のあらすじになりそうですね!

 

最終回あらすじ③

隆治は、同い年の患者・石井直太朗を看取る事になります。

エンディングノートをつくった石井の願いをかなえるために協力する隆治でしたが、迫って来る死期を感じずにはいられません。

「最後のチャンス」として外出許可をとり、中園くるみ(恒松祐里さん)がデートに出かけました。

穏やかな時間のあとには、どうしても辛い事が起こりそうな気がしてしまいますよね。

大量に吐いたあとに誤嚥してしまった事で、「あと数日」という宣告を受けてしまいました。

それでも新商品の企画書に取り組む石井の姿、涙なくして見られなかった方も多いのではないでしょうか。

 

誰と付き合う?

くるみが子宮内膜症であった事が分かりました。

佐藤は「これまで自分の身体と見苦あって来なかったからだ」と突っぱねたかに見えましたが、屋上では一緒にジュースを飲んでくるみの背中を押してあげていましたね。

いよいよどの科に進むのか決める研修医たちですが、くるみの隆治への気持ちが気になります!

一方で、はるかからお弁当を受け取り「まだ彼女じゃない」というような発言をしていましたが、どちらに傾くのか気になりますね。

 

 

泣くな研修医ドラマラストどうなる?

ドラマ最終回の結末ラストは一体どうなるのでしょうか。

医師としてスタートをきった隆治がまず何をするのか気になりますよね。

立派な医師となった隆治は、地元に帰ることにします。

今まで向きあえなかった兄・裕一の死の真相について知る覚悟をするのです。

両親との間のわだかまりがラストではどう運ぶのか注目ですね。

さっそく最終回の結末を一足先に見ていきましょう!

 

結末①

そもそもなぜ隆治は親とのわだかまりがあるのでしょうか。

病院で出会った拓磨という10歳の男児に自分の兄である裕一と重ねていた隆治は、拓磨の回復によって自分の気持ちを整理していきます。

隆治はどうして兄が亡くなったのかショックのあまり断片的にしか記憶していなかったのです。

そして地元に戻り今まで避けてきた兄・裕一の死の真相を両親に聞くことにします。

裕一の話をすると両親は顔を曇らせましたが、真実を話してくれました。

当時裕一が倒れていると隆治から聞いた両親はすぐに救急車を呼んだのです。

しかし間もなくして裕一は病院でそのまま息を引き取ることになります。

原因は夕食に食べた物でした。

アナフィラキシーショックで亡くなってしまったのです。

 

結末②

兄の死はもちろん誰のせいでもありませんでしたが、隆治は”自分のせい”と思わずにはいられなかったのです。

そのショックから隆治は自分のせいだと思い込み3日間も食事が喉を通りませんでした。

すっかり憔悴した隆治の姿を見ていた両親はそれ以降、兄の話をしなくなってしまいました。

しかし隆治はその兄の死をきっかけに「医師として兄のような人を無くしたい」という目標が初めてできたのです。

貧乏な家に生まれ育った隆治は、塾にもいかず勉強をして、学年で一番になるほどに努力を惜しみませんでした。

両親は「裕一が亡くなったのは自分たちのせいと隆治に思われているのではないか」と不安だったと話します。

20年ぶりに裕一のことを話した3人は、今までのわだかまりが解けやっと分かり合えました。

話し合った結果、隆治のお互いの誤解が最終回で解けるのでしょうね。

 

結末③

両親と話し誤解が解けた翌日に、隆治は兄・裕一のお墓参りに行きます。

「兄ちゃん、俺は医者になった。」

そこで兄に報告をするのです。

「仕事は訳がわからない。上の先生も患者さんも看護師さんも怖い。でもある男の子の生きる力に感動した。」

「俺はすごい医者になるから、見守っていてくれ。ありがとう。」

お墓の前で裕一に隆治が語りかける姿が、ラストを飾るのではと思われます。

これは絶対に涙なしでは見られなさそうですね。

みなさんドラマ「泣くな研修医」最終回には、ハンカチではなくバスタオルが必要かもしれませんよ!

雨野隆治という医師が数々の境遇や病気の患者たちと関わり方には感慨深く考えさせられました。

今自分が生きていることは当たり前ではなく、生きたくても生きられない人がいるのです。

だから生きることができる私たちはそんな生きられない人の分”命”の重さ、尊さ知り大切にしなくてはいけない。

そんなこと当たり前のようなことで忘れがちなことをドラマ「泣くな研修医」は教えてくれるのではないでしょうか。

最終回後にラストネタバレ、結末を追記します!

 

まとめ

「泣くな研修医ドラマ最終回結末ネタバレ!ラストどうなる?」と題して紹介してきましたがいかかでしたでしょうか。

今まで描かれてきた隆治の葛藤が最終回では活かされ、立派な医師になる姿が見られるのでしょうね。

そして兄・裕一の死に向き合う家族の様子も見どころのひとつになるのではないでしょうか。

医師になるという夢を与えてくれた裕一に報告する場面には、グッとくるものがあると思われます。

そんな隆治を白濱亜嵐さんはどんな風に表現するのか楽しみですね。

最終回のラストまでしっかり見逃さないようにしましょう!

ドラマ「泣くな研修医」の最終回後にラストのネタバレを追記していきます!

-泣くな研修医
-, ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5