MIU404第6話あらすじネタバレ!志摩に相棒殺しの過去で伊吹が明かした真相!

ドラマ

MIU404第6話あらすじネタバレ!志摩の元相棒殺し過去に伊吹の言葉とは?

TBS系金曜ドラマ「MIU404」第6話が7月31日に放送されました!

綾野剛さん・星野源さんW主演の人気ドラマ。

第6話では、星野さん演じる志摩一未の過去に迫ります。

きっかけは綾野剛さん演じる伊吹藍が「志摩は相棒殺し」というウワサを聞いた事。

捜査一課時代の相棒の不審死の謎、志摩は元相棒の死にどう関わっていたのでしょうか?

そして脚本を手掛けた野木亜紀子さんと言えば、”逃げるは恥だが役に立つ”や”アンナチュラル”で知られていますね。

第6話ではアンナチュラルとのリンクが決定的となった演出があったんですよ!

テレビの前で思わずテンションが上がった人も多かったようです。

さらに志摩が桔梗の子どものパパに推薦?

”相棒殺し”と噂される過去の真相と、星野源さんファンにはたまらない癒されるパパシーン。

いつもの調子で志摩の地雷を踏みぬく伊吹にもハラハラ…

そんなMIU404第6話あらすじネタバレです!

 

MIU404第6話あらすじネタバレ!志摩の元相棒殺し過去に伊吹の言葉とは?

いつも破天荒なのは伊吹!

のはずが不意に耳に飛び込んで来た「志摩は相棒殺し」と言うウワサに、いてもったってもいられない伊吹。

本人に問いただしますがかわされてしまいます。

調べて行くうちに分かったのは、捜査一課時代の志摩と当時の相棒の事故死の真相でした。

 

志摩の過去とは?

前話で「よく戻れたな、相棒殺しが…」と志摩について話しているのを聞いてしまった事を思い出した伊吹。

話をはぐらかす志摩の背中に向かって伊吹が「よっ相棒殺し!」と声をかけると、志摩は驚いた表情を見せます。

深刻さを知らない伊吹は茶化しますが、陣馬・九重コンビに本気で怒られます。

九重の「志摩さんの相棒が死んでるの本当ですよ。」と言う言葉に伊吹も驚いた様子。

2013年8月8日の未明。

香坂義孝巡査部長の転落死と思われる遺体が発見される。

遺体は靴を片方しか履いておらず、もう片方は屋上でウイスキーのボトルと一緒に発見された。

発見者は同僚の刑事。

当時報道された事件の概要を聞いて、以前クラブで志摩が手渡されたウイスキーを見て固まった事を思い出す伊吹。

”同僚の刑事”はもちろん志摩の事です。

九重によると、香坂は酒が飲めないはずなのに遺体からにおいがするほど飲んでいた様子だったと言います。

 

捜査一課時代の志摩

志摩が報告に寄ろうとすると、桔梗は何やら不機嫌な様子で電話中。

「うちの給湯器が壊れてお湯がでない。」

どうやら自宅の給湯器が壊れてしまい、本当は昨日来るはずだった業者が今日行くと言っているそう。

でも、自宅にはハムちゃんが…

ハムちゃん(羽野麦)

2年前の裏カジノ事件の情報提供者。警察が裏カジノオーナー・エトリを取り逃がしたことで命を狙われ、桔梗の家にかくまわれている。

桔梗とハムちゃんの事情を知っている志摩は立ち合いの代理を買って出るのです。

 

過去の事故の真相は?

一方、しつこく九重から事件について聞き出そうとする伊吹。

九重は以前組んでいた陣馬に話を振ります。

「だいぶ前な。志摩が捜一に入る前…」と答えるのを遮って「”捜一”って捜査一課の”捜一”?」と驚く伊吹は何も聞かされていなかった事を知ります。

「俺に大事な事なんにも言ってない!」と声を荒げる伊吹に対し、しれっと帰り支度を始める志摩。

6年も昔の事ほじくるな!と陣馬に言われても伊吹は志摩に詰め寄ります。

「何があった?」「どうしてウイスキー飲めなくなった?」

お前には関係ないと言われても一向に引き下がらない伊吹に「うぜー」とつぶやき、刑事なら自分で調べろと挑発。

そんな志摩に「ギャフンと言わせんぞ!」と息巻きますが「はいギャフンギャフン。」と志摩。

陣馬は過去をほじくり返される事を心配していますが、志摩は本当の事なんて分かるわけないと思っている様子。

実際伊吹は自分の捜査能力じゃ分かるワケない!と自覚しています。

 

志摩の元相棒殺しの真相とは?

警察庁刑事局長の息子の権限でどうにかなると思い九重を引っ張り出し向かったのは”捜査一課・カリヤ”と言う人物の元。

志摩を相棒殺しと言っていた男です。

カリヤは当時の様子を話しだしますが、どうも志摩の事は気に入っていなかった様子。

事故があった8月8日は「タリウム連続毒殺事件の容疑者・南田弓子の逮捕日だった。」という事を知ります。

同事件を同じ捜査一課として追っていたのが志摩・香坂コンビだったんですね。

輸入雑貨の会社で男性二人が毒殺された事件。

その容疑者逮捕の日、カリヤは志摩が香坂に対してすごい剣幕だったのを目撃したと言います。

さらに「南田弓子逃走」の報せを受け全員が確保へ向かった時も、二人の姿はなかったんです。

そして志摩が香坂の遺体を見て通報したとされる朝、現場で初動捜査を行ったと言うのがなんと桔梗と陣馬だった事が分かります!

この事から、グルになって殺人の証拠を隠したのでは?と思われているようなんです。

 

スイッチ

24時間勤務が明け、伊吹は陣馬を飲みに誘い九重もイヤイヤながら同席します。

当時について語り出した陣馬の話でいくつか驚きの事実が分かりました。

・志摩が電話に出ない香坂の様子を見に来たらすでに転落した後だったと話した事。

・遺体からする酒のにおいがウイスキーのもので、なぜかその銘柄まで志摩が言い当てた事。

・屋上へはエレベーターではなく非常階段でしか上がれないと知っていた事。

ところが、それでも志摩は「以前この屋上に来た事がある」とだけ話したと言います。

九重は志摩に「人は誰でも何かのスイッチで進む道を間違える。誰と出会うか、出会わないか。」と言われた事を思い出していました。

”何かのスイッチ”で志摩は香坂を殺してしまったのではないか、そう考えているようです。

酔いつぶれて寝てしまった陣馬を前に、伊吹も志摩に殺したのか聞いてそうだよと言われたらどうしようかと考え始めます。

その時、不意に起きた陣馬が「最後の手紙があったんだ。」と一言。

伊吹と九重は桔梗の元へ直談判に行きます。

「志摩と全力で走るのに必要だ。」と語る伊吹に桔梗は部外秘の資料を見せる事を決意。

見つかったのは遺書ではなく退職願でした。

 

香坂の最後の手紙

当時、中山詩織という女性を捜査対象としていた志摩と香坂。

ところがその女性は被害者の男性たちは知っているとしながらも、捜査一課って本当にあるんですねぇと終始バカにした様子。

その態度に怒る香坂でしたが、志摩はいらない事まで言ってしまった香坂に苦言を呈します。

不倫の証拠がなかなか見つからず、休日返上で見張っていた香坂はある日中山に部屋へ誘われます。

タリウムの入手経路についてヒントがあるのではないかと思った香坂はチャンスだと家に上がってしまいました。

そこで口移しで無理やり飲み物を口に入れられてしまいます。

吐き出した香坂でしたが、タリウムが入っていたのではないかと不安になりながらも志摩には言えません。

次第に追い込まれて行く香坂は、ついに証拠をでっちあげてしまいます。

中山詩織になりすましタリウムを注文した香坂はでっちあげを指摘する志摩に命がけでやってるんだと言いだします。

が、志摩は当然認めません。

その後、犯人逮捕の報せが届きます。

名前は「南田弓子」

同僚の中山詩織は、捜査を引っ掻き回して楽しんでいただけだったんです。

香坂最後の手紙には、この真実が書かれていました。

 

相棒からの電話

ハムちゃんとゆたかの待つ家に志摩が到着です。

志摩は桔梗とゆたかの父親の話を聞かされ複雑な心境…

はじめ人見知り全開だった息子のゆたかでしたが、次第に志摩と打ち解けて行きます。

ハムちゃんのオムライスが超おいしいと聞き、マジか!と真剣に答える志摩。

ひがいゆたかと3人でテーブルを囲む志摩に電話が入ります。

酔っぱらった伊吹からの電話だと分かると即切る志摩。

その様子を見て出なきゃいいじゃんと言うゆたかに、そういうわけにはいかないと言う志摩。

「相棒からのSOSだったら、間に合わなかったら困るだろ?」

これは香坂を亡くしてしまった志摩だからこその台詞でした。

ゆたかと昼寝していた志摩はチャイムの音で飛び起きます。

夢では自分がやってしまった事に泣く香坂に「刑事じゃなくなってもお前の人生は終わらない。」そう言っていました。

再び伊吹からの電話がかかって来ます。

報告書を見た伊吹は全てを知ったと話しました。

生きている香坂に最後に会ったのはいつか、その時なんて声を掛けたのか。

調べてもそれだけ分からなかったと言う伊吹は志摩に教えてと頼みます。

志摩が最後に見た香坂は、最後の手紙を書く後ろ姿でした。

こっちは始末書に追われているのに「うちの屋上で飲もう。」と言う香坂に腹を立てた志摩はメールを無視、屋上には本当に行っていなかったんです。

「進退は自分で決めろ。」

それが香坂にかけた最後の言葉だったと言います。

転落したのは事故だとは思えない、今でも志摩は香坂の声を何度もスルーしてしまった事を後悔しているんです。

 

相棒殺しの真相とは?

現場の屋上から伊吹はあるものを発見し急きょ志摩を呼び出します。

それは向かいのビルのベランダに掛けられたこんな張り紙でした。

2013年8月8日深夜2時頃

この部屋を見て110番してくれた人!

探してます!!

転落事故の夜、志摩を待つ香坂は向かいの家に侵入する強盗の姿を目撃していたんです。

通報し、慌てて階段を駆け下りる香坂は2階の踊り場から落下…

それが事故の真相でした。

香坂の通報で命が助かった女性はお腹に赤ちゃんを身ごもっていて、引っ越し前に恩人にお礼が言いたくて張り紙でメッセージを残していたんです。

 

志摩がパパになる?

犯人に言う言葉がそのままブーメランになって自分に返って来るとずっと感じていた志摩。

香坂の相棒が伊吹みたいな奴だったら…

刑事じゃなくても生きて、やり直せたかもしれないのに。

志摩は香坂が亡くなった場所で絶対に忘れないと誓います。

そんな志摩に伊吹が言います。

「安心しろ、俺の生命線は長い。」

ムカつくと言いながら笑う志摩と伊吹は二人で桔梗の家に戻ります。

帰宅した桔梗伊吹も合流し、わいわい焼肉をしているとゆたかが「志摩がいい、父親になって!」と言いだします。

ところがこれを桔梗は「警察の男はダメ。」と切り捨ててしまいました。

そんな様子を外から盗聴する男が…?

なんと昼間の修理業者です。

ついにハムちゃんがエトリに見つかってしまいました!

 

MIU404第6話ネタバレ考察と感想!伊吹の電話と相棒の死の関係とは?

事故で相棒を失ってしまった志摩。

それが自分のせいで起こった事で、決してただの事故とは割り切れずに過ごして来たんですね。

ところが今回、伊吹がほじくり返した事で事故当時の真実が分かりました!

最後まで刑事であろうとした香坂と、刑事じゃなくてもお前の人生は終わらないと言いたかった志摩。

相棒が伊吹みたいな奴だったらと思わず言いながらも絶対に忘れないと誓う志摩、泣けましたね…

 

志摩が伊吹の電話に出る理由

元相棒からの声を聞かなかったせいで、失ってしまった…

そう思っている志摩だからこそ、どれだけ面倒くさがっていても伊吹からの電話は見逃さない事が分かりました。

今回、真相が分かったところで志摩のトラウマはなくならず、ウイスキーもまだまだ飲めないのではないでしょうか。

それでも「安心しろ、俺の生命線は長い。」という伊吹の言葉に志摩は救われたはず!

2話の「お前は長生きしろよ。」への答えだったのでしょうか?

 

志摩と桔梗の関係は?

第6話で家にいられない桔梗の代理を買って出た志摩。

”男の人に慣れない”というゆたかをあっという間に手なずけてしまいましたね!

抱っこでくるくる回ったり、真剣に遊びの相手をする志摩に星野源さんのパパ像が見えるというファンにとっては神回となりました!

しかも最後にはゆたかから「志摩がいい!」とパパに推薦する声も。

桔梗にバッサリと斬られていましたが。笑

動揺する姿もかわいい!と言う声が上がっていました。

ゆたかOKも出た事ですし、あとは桔梗が志摩を選んでくれたら…!

 

医師はアンナチュラル三澄ミコト?

亡くなってしまった香坂。

その司法解剖の結果が映った時、気づきましたか?

執刀医の欄が”三澄ミコト”になっているんです!

これまで、コインの効果音やBGMにやっぱりどことなくアンナチュラルを彷彿とさせるという声が多かったMIU404。

ついに決定打です!

これにはファン歓喜!

さらに何が出て来る?と思うともう目が離せませんね。

 

まとめ

MIU404第6話あらすじネタバレでした!

伊吹と志摩の結束がまた強くなった第6話。

お互いに認めなさそうですけどね。

志摩の不意に投げやりになってしまうところも伊吹は気になっていたようですし、今回理由が分かって良かったのではないでしょうか!

九重の成長にも注目が集まりましたね!

そしてエトリがついにハムちゃんの元にたどり着いてしまいました…

平然と修理業者を装って桔梗がいない時間を狙ってやって来ましたが、志摩がいなかったらと思うとゾッとしますね。

ハムちゃんを守るために動く桔梗、桔梗のために動く志摩…

さらなる発展はあるのでしょうか?

第7話は菅田将暉さん演じる謎の男が再び登場するようですので楽しみです!

-ドラマ
-, , ,

© 2020 動画ジャパン Powered by AFFINGER5