密告はうたうドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

密告はうたう

密告はうたうドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

 

「密告はうたう」がドラマ化されることになり、ファンの間では喜びの声が上がっていますね。

元の話をご存じの方もそうでない方も、少し難しいストーリーがドラマでどんな結末を迎えるのかネタバレ考察してみませんか?

「密告はうたう」は警視庁が題材になっているサスペンスです。

気になるドラマ最終回のあらすじと、感想の声も見ていきましょう。

「密告はうたうドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお届けします!

 

密告はうたうドラマ最終回結末ネタバレ考察!

「密告はうたう」で話の中心になっている監察係は「警察の警察」とも呼ばれる、身内の不正や不祥事を暴く場所です。

監察係に送られてきた一通の密告状から、捜査に乗り出した警察でしたが、そこから過去の事件と複雑に繋がっていきます。

3つの話と様々な人々の思惑が交錯しあう「密告はうたう」ですが、ドラマではどのように描かれるのでしょうか。

その仕事内容から、同僚から疎まれ孤独に業務を行う佐良一通。

その密告文が届いたことにより、かつての同僚の監察を命じられます。

次第に未解決の事件や、過去の殉職事件の真相が少しずつ明らかになっていくのです。

尾行や騙し討ち、張り込み、そして警察内部の闇を描く内容になっているはずですね。

裏切っているのは誰なのか、密告文の謎とは一体なんなのか、様々な葛藤を抱えながら佐良は事件の真相にたどり着いていきます。

非常に複雑な展開の「密告はうたう」ですが、ドラマでは重要なポイントの1つ、最初の密告で皆口を監察する場面がみどころの1つとなっています。

通称「コウカク」と呼ばれる監察対象への行動確認が、ドラマではより緊張感の溢れる場面に仕上がっていきそうですね。

 

最終回あらすじ①

「ジンイチ」と呼ばれる警視庁人事一課監察係に所属する佐良は内部からのある密告を受け捜査を命じられます。

密告は、元同僚で現在は運転免許試験場に勤務する皆口の疑惑に関するものでした。

佐良は皆口の尾行を開始しますが、次第に過去未解決となっていった事件へと繋がっていきます。

未解決事件1つ目は、佐良が自ら追っていた事件でした。

当時、町工場の副社長と工場の独自技術を狙う大手電機メーカーの部長が密会すると情報が入りました。

そのため部下だった皆口・斉藤と共に張り込みをしていたのです。

しかしこの時の情報は度々外部に漏れており、警察内部に密告者がいるのでは、と言われていました。

結果的に、この事件で斉藤は殉職し、皆口は異動となります。

2つ目は、5年前目白で起こり犯人逃走のため迷宮入りとなっていた事件でした。

皆口を尾行しているうち、彼女は多くの密会を行っていることが明らかになっていきます。

そして過去の「目白事件」ついて調べていることが判明するのです。

 

最終回あらすじ③

しかし密告にあった皆口の疑惑に関する内容はありませんでした。

なぜ嘘の密告があったのか、またなぜ今過去の事件を調べているのか…と謎は深まっていきます。

そして更に皆口と密会をしていたうちの1人、宇田は以前依願退職させられた石黒という警官に尾行されていました。

後に、宇田の尾行は石黒は高井戸署長の梶原の依頼だったことが明らかになります。

実は目白事件で宇田は重要な手がかりのメモを紛失しており、署長の梶原が自身の保身のためにもみ消していたのです。

そして梶原は「宇田が監察対象になっている」と噂を聞き、焦りから尾行を実行するのでした。

しかしこの密告もまた、事実のない噂で出処も不明です。

重なる謎の密告により、物語は更に複雑に絡み合っていきます。

 

密告はうたうドラマ最終回結末ネタバレあらすじ感想も!

それでは、「密告はうたう」の結末がどうなっていくのか、見ていきますよ!

斉藤が殉職した事件の謎は少し複雑なものになっています。

ドラマでは映像で表情が観られるので、佐良の過去の話や事件を交えて、心の変化がより詳しく描写される可能性もあるかもしれませんね。

「密告はうたう」は、3つの事件が複雑に絡み合うサスペンスのため、映像になったときにどのように表現されるかが見所の1つになりそうです。

最後は佐良、能馬、そして皆口が新たな仲間として「ジンイチ」で活躍する姿もドラマでは描かれるかもしれませんね。

 

結末考察①

ある日の深夜、人気のない倉庫街で皆口は何者かに襲われてしまいます。

必死の思いで助け出した佐良でしたが、今度は背後から襲われてしまうのです。

犯人は正義感の強い刑事・宇田でした。

宇田は過去の目白の未解決事件で、実は独自に事件の真相にたどり着いていました。

しかし上司である梶原への忠誠心からそのことを公表していませんでした。

皆口から情報を聞き出すつもりの宇田でしたが、皆口は口を割りません。

佐良と皆口は間一髪のところで助け出されます。

 

結末考察②

皆口が免許データを売っているという密告、更に宇田が監察されているという密告はどちらも成城署長である堤によるものでした。

堤の一連の行動から宇田の過去の罪が暴かれ、その結果高井戸署長である梶原が失脚します。

全ては、堤が梶原への個人的感情と自身の出世のために行ったことでした。

物語のラストで梶原はしっかり裁かれます。

そして佐良の上司である能馬が佐良の能力を認め、更に皆口を監察に異動させるとこをほのめかし、能馬が微かに微笑んで小説は締めくくられます。

 

感想は?

期待の声が集まっていますね。

最終回のあとに追記していきます!

 

まとめ

「密告はうたうドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお届けしました。

様々な人間関係や事件が絡み合い、目が離せなくなりそうなドラマ「密告はうたう」がますます楽しみになった方もいらっしゃるかと思います。

物語が複雑なので、あらすじやネタバレを少し予習しておくと、更にドラマが楽しめるのではないでしょうか。

周りの方と、ラストがどうなるのか考察してみても盛り上がれそうですね!

密告はうたうの最終回あらすじと結末のネタバレ考察でした。

ドラマ最終回のあとには感想も追記しますので、お楽しみに!

-密告はうたう

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5