悩み解決!あなたに喜ばれる最新の役立つ情報を

エンタメジャパン

マツコの知らない世界2019タンメン【ラーメン王】人生を変えた京都の人気店とは?実況

エンタメNEWS マツコの知らない世界

マツコの知らない世界2019タンメン【ラーメン王】人生激変した京都の人気店とは?

投稿日:

2019年12月10日「マツコの知らない世界」のテーマはなんと、「ラーメンを食べても太らない!」

衝撃の「タンメンの世界」を案内してくれるのは、ラーメン評論家の山本剛志さんです。

山本さんは今までの人生で1万2000食にもおよぶ数のラーメンを食べ続け研究を重ねてきたという、いわば「ラーメンのプロフェッショナル」。

ラーメンはダイエット食には程遠いイメージですが、タンメンは「サプリメント」「究極の野菜ジュース」だから罪悪感を感じる必要なし!と山本さんは言い切ります。

食べ過ぎてしまった翌日には、朝昼晩3食とも野菜がたっぷり入ったタンメンを食べることで、体調がリセットされてしまうのだそう。

さらに、タンメンにある食べ合わせメニューをコラボすることで、より一層ヘルシーで美味しくなるんだとか。

スタジオではマツコさんの箸も止まりません。

ファミレスやラーメン店で気軽に食べられる、ダイエット食に適したしゃきしゃき野菜たっぷりの美味しいタンメンの真相とは?

旨味を増すためにタンメンと掛け合わせて、絶品スープを作ってしまうという「最強の食品」とは?

さっそく見ていきましょう!

 

マツコの知らない世界2019タンメンマニアのラーメン評論家【山本剛志さん】とは?

マツコの知らない世界よりスクリーンショット

ダイエットに適した、究極の劇うまタンメンを案内してくれる山本剛志さんは49歳。

タンメンマニアの歴史は、今から20年も昔にさかのぼります。

当時29歳だった山本さんは「新横浜ラーメン博物館」を訪れ、味比べを体験した時のこと。

ラーメンの味わい深さに浸ってしまったことがきっかけとなり、「この味を本場で食べてみたい!もっと色々なラーメンが食べたい」と、ひらめいたのです。

それからラーメンを食べに行っては味比べをするようになり、年が明けると、新横浜ラーメン博物館で衝撃を受けたラーメンを求め、「青春18きっぷ」で真冬の京都へ出発します。

次第に足を伸ばす距離が長くなり、47都道府県の全国各地を回って食べ歩きをするようになりました。

ラーメンを食べるのがほぼ毎日の日課となり、この20年間で食べた総量は1万2000食にもおよびます。

ちなみに、山本剛志さんが食べ歩いていたのは、旨味の凝縮された、奥深いラーメンの数々。

もともと90キロあった体重はみるみる間に130キロを超えてしまい、なんと医者から食べ歩きのドクターストップがかかってしまうのです。

そんな時、食べたい、でも太るから食べられない、というジレンマに陥ってしまった山本剛志さんが救われたのが、今回番組で紹介される「野菜たっぷりのヘルシーラーメン」なのです!

 

知る人ぞ知る「ラーメン評論家」山本剛志さんの経歴は?

名前 山本剛志
ニックネーム らをた(※らーめんオタクの意味)
生年月日 1969年 ※2019年12月現在49歳
出身地 東京都
受賞経歴 2000年「TVチャンピオンラーメン王選手権」第6回優勝
ラーメン総食量 20年間で全国のラーメン1万2000杯食破※年間700杯
職業 ラーメン評論家
経歴・参加媒体 「ラーメンwalker」「ラーマガ」「日本ラーメンファンクラブ」他

実は山本剛志さんは、ラーメン好きなら一度は聞いたことがあるほど有名なラーメン評論家。

過去にテレビチャンピオンの選手権で優勝を飾ったことから、別名「ラーメン王」とも呼ばれています。

「ラーメンwalker」の百麺人であり、ラーメン情報専門チャンネル「ラーマガ」の責任編集者を務め、「日本ラーメンファンクラブ」の運営を手伝うなど、数々の肩書を持っているのです。

他にも「食べログマガジン」のプロが教えるラーメントレンドで、評論家として人気ラーメンを紹介しています。

約10年前から始めたツイッターのフォロワーは1万近くにもおよび、もはや一般人レベルではありません。

知る人ぞ知る山本剛志さんが選び抜いた人気ラーメン店のタンメンを、スタジオで味わうマツコさんの箸は止まらず、スープの一滴までジュースのように飲み干してしまいます。

その味はマツコさんが「水筒に入れて持ち歩きたい」と豪語してしまうほどの絶品の美味しさ!

山本剛志さんのおすすめタンメンをみていきましょう!

 

マツコの知らない世界2019「ラーメン評論家」山本剛志さんを生んだ原点のラーメンとは?

「山本 剛志」の画像検索結果

山本剛志さんtwitterより引用

山本剛志さんがラーメンの食べ歩きを始めたのは、1999年のこと。

29歳の冬でした。

その原点となるのが、新横浜ラーメン博物館で味比べをして衝撃を受けたラーメンの味「新福菜館(しんふくさいかん)」と「第一旭(だいいちあさひ)」。

京都駅から出て「たかばし」方面へ5分ほど歩くと、朝から行列をなす2つのラーメン店です。

山本剛志さんは「新福菜館」「第一旭」どちらのお店の味も好きで、京都へ旅するごとにどちらかのお店へ足を運ぶようになったんだそう。

そのうちのひとつ、山本さんがラーメンを大好きになってしまったきっかけとも言える味が、こちら「新福菜館本店」です。

 

ラーメン王山本剛志さんを生んだ原点の京都【新福菜館本店】

ラーメン評論家でありラーメン王でもある、山本剛志さんをうならせたお店です。

山本さんのおすすめは「中華そば(並)」

こちらのラーメンの汁のメインは、豚骨。

スープは醤油ベースで、人気メニューのひとつでもあるチャーシューの煮汁を加えており、なんとも食欲をそそる色と匂いです。

麺は中太のストレートで、もちもちの食感がスープと絡むこだわりがみられます。

スープの味を邪魔せず、旨味を惹きたてるちょうどよい量のネギがのっているのもポイント。

チャーシューをスープに沈ませて味が馴染んだところで、もやしとネギを交互に食べるのが山本さんのおすすめの食べ方。

サイズには小盛もあるものの、麺とスープの絡み具合を堪能するため、並盛を頼んでしまうのだとか。

そしてラーメンのお供におすすめなのが、香ばしい醤油の味わいと水分量が絶妙のお米で焼き上げたヤキメシだそう。

これを先ほどの中華そばのスープと一緒に口へほおばると、さらに絶品なんだそうです。

山本剛志さんの人生を変えた新福菜館本店の味を、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

 

山本剛志さん食べ歩き原点の【新福菜館本店】アクセス情報

新福菜館本店へ足を運ぶ際には、まずは中華そばとヤキメシの味をしっかりと堪能してから、卓上の豆板醤に手を伸ばしてみることも、山本さんのおすすめポイントです。

この豆板醤を中華そばのもやしやチャーシューと絡めて一緒に食べたり、ヤキメシの口直しとしてアクセントに入れると、また一味違った美味しさを味わうことができるのだとか。

山本さんは東京のフランチャイズ店にも行くようですが、やはり京都の本店が一番美味しく、京都へ足を伸ばす時には必ず訪問するようですよ。

店名 新福菜館本店
住所 〒600-8213 京都府京都市下京区東塩小路向畑町569
電話番号 075-371-7648
アクセス JR京都駅から5分

 

マツコの知らない世界2019タンメン【ラーメン王】人生を変えた京都の人気店とは?実況まとめ

「マツコの知らない世界」今晩2019年12月放送で紹介される、テレビチャンピオン第6回目の優勝者ラーメン王であり、ラーメン評論家、山本剛志さんについてまとめてきました。

山本剛志さんの人生をも変えてしまった京都ラーメン店の味には、かなり興味が惹かれますよね。

青春18きっぷを購入してまで足を運んでしまうほど、相当な衝撃を受けたのでしょうが、後にラーメン王にまで上り詰めてしまう、山本剛志さんのその行動力や熱意にも圧巻されます。

そんな山本さんのダイエット食品ともなったヘルシータンメンを野菜ジュースとして食べる極意は必見です。

マツコさんがスタジオで食べる、タンメンと劇うまコラボ食材はこちらで紹介しています。

-エンタメNEWS, マツコの知らない世界

Copyright© エンタメジャパン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.