婚姻届に判を捺しただけですがドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

婚姻届に判を捺しただけですが

婚姻届に判を捺しただけですがドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

「婚姻届に判を捺しただけですがドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお届けします!

2021年10月にTBS火曜ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」がついにスタートしました。

ドラマの結末は元の話とどう違うのか気になりますよね。

実写ドラマ版の最終回あらすじを結末やネタバレを考察していきますよ!

第一回では個性的な2人が偽装結婚するに至るまでが描かれましたよ。

どのような結末になるのか楽しみですね!

ドラマを見た人の考察や感想もご紹介します。

 

婚姻届に判を捺しただけですがドラマ最終回結末ネタバレあらすじ考察!


連載中の有生青春氏による漫画が元となり、ドラマ化されました。

主人公の大加戸明葉(27歳)は彼氏はいないですが、飲み友達はいます。

そして仕事はデザイナーでやりがいを感じながら楽しく働いています。

独身を楽しんでいる明葉は結婚願望は全くありません。

ところがそんなある日のこと、突然電撃プロポーズをされます!

相手は30分前に出会ったばかりで、百瀬柊(30歳)という名のイケメンサラリーマン。

仕事はできますが、堅い感じの変わり者であるの百瀬は、とある理由から“既婚者”の肩書きが欲しいがために偽装結婚をしたいと言い出します。

はじめは「ありえない!」と断固拒否した明葉でしたが、祖母の病気と実家の店を守るため、どうしてもお金が必要なのです。

百瀬から借金する代わりに、偽装結婚することを決断します。

謎の共同生活が始まり、初めは衝突の多い2人でしたが、共に暮らすうちに明葉は百瀬のちょっとした優しさに心惹かれていきます。

しかし、百瀬が偽装結婚をする本当の理由が次第に明かされていきます。

偽装夫婦である2人が考える“本当の夫婦の形”とは一体どのようなものなのでしょうか。

偽装結婚した夫婦が描く思いがけないラブコメディにドキドキしそうですね。

それでは最終回はどうなるのか考察していきましょう。

 

最終回あらすじ①

偽造結婚なので数年後に離婚をしますが、まだかすかにお互いに気持ちが残る2人がそこにはいました。

数年に渡る共同生活の中で、2人の絆は確実に深まっていたのです。

しかし、「契約の元で結婚したんだ」、「あんな奴のどこがいいんだ」と自分に言い聞かせる日々が続きます。

契約を交わす際に、「絶対に好きにならない」とルールを決めたことで、2人とも素直になれずにいました。

そんなある時、百瀬と明葉はボーっとしながらバッタリ出会ってしまうのです。

そこは、百瀬が明葉に電撃プロポーズをしたレストランの前でした。

百瀬は今までのことの謝罪を含め、最終回では「本気のプロポーズ」をします。

1回目のプロポーズではありえない!と水を掛けた明葉も、今度は素直な気持ちで答えを言うのではないでしょうか。

 

最終回あらすじ②

離婚をする前に新婚旅行ならぬ「離婚旅行」へ行くことになります。

その旅行でお互いの気持ちを知る事になり、2人には穏やかな空気感が流れます。

今までにない居心地の良さに気づき、百瀬は離婚していいものかと考えるようになっていきます。

百瀬は「忘れたくない恋」のためにした結婚でしたが、いつしかその想いも薄れ、今は明葉に気持ちが向いていることを認めざるを得ません。

離婚届を出す日、届け出をするギリギリ手前で百瀬は離婚届をやぶいてしまいました。

そこで必死に自らの思いを明葉にぶつけます。

明葉にその思いが届き、どう動いていくのかが見どころになるのではないかと考えます。

 

婚姻届に判を捺しただけですがドラマ最終回結末ネタバレあらすじ感想も!


ドラマ「婚姻届けに判を捺しただけですが」の結末で気になる点は、2人が再び結婚するかどうかではないでしょうか。

または事実婚という選択肢もありますよね。

結婚することが幸せかどうかは人それぞれです。

しかし、偽造結婚していた柊と明葉だからこそ、新たな2人のカタチを見つけ出すのではないでしょうか。

 

再婚する?

柊は離婚届けを破り、明葉に胸の内を打ち明けます。

そこでお互いの本当の気持ちに気付いた柊と明葉は、今までの偽装結婚に終止符を打つことを話し合いました。

そしてこれから2人が望む進むべき道に向かって歩みだします。

再度離婚届を書き、提出すると2人は本当の他人同士の関係に戻ったのでした。

紙切れ一枚から始まった結婚生活でしたが、それすら無くなってしまうとお互い虚無感に襲われます。

そこで、柊と明葉は決して紙切れ一枚の関係ではなかったことをそれぞれが改めて確信しました。

そしてもう一度2人でやり直すべく、道を模索していくのではないでしょうか。

 

事実婚?

事実婚の定義として、「お互いに婚姻の意思を持って夫婦として生活をしている」ことがあげられます。

それは、婚姻届けに判を捺しただけの偽装結婚とは、大きく異なるものですよね。

婚姻届けに判を捺しただけという失敗を教訓にして、2人は次に進むのではないでしょうか。

しかし2人の再婚は、婚姻届けに判を捺さない事実婚となる可能性もあるかもしれません。

2人にとってはより真実味のある結婚ということになるのかもしれませんね。

これまでの2人の結婚とは全く違う結婚のカタチで再スタートするのではないでしょうか。

 

結末考察

一度は離婚したものの、今度こそ本当の夫婦になるのではないかと考察します。

偽装の夫婦だった頃は、主張と妥協を繰り返し意見をぶつけあってきたふたりでしたが、本当の夫婦になった今のふたりには妥協はありません。

始めの頃のような我慢の連続ではなく、お互いが優しい気持ちで思いやり、より良い夫婦生活を送るのではないでしょうか。

最後まで、「お互いに干渉しすぎない」というところは守りながらちょうど良い距離感を作っていくかもしれませんね。

お互いが納得するまで、傷ついても本音でぶつかり合うような、そんな夫婦として再出発するのではないでしょうか。

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の詳しい最終回や結末、ネタバレ、あらすじは分かり次第追記していきます。

 

感想は?

第1回から、「面白かった!」の声が多くあがっていました!

また、明葉の普段の生活に共感されている方もいましたよ。

私生活が多く描かれる作品なので、これからも普段の自分の生活や考え方と似ているところが見られるかもしれませんね!

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の感想は随時追記します。

 

まとめ

「婚姻届に判を捺しただけですがドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお届けしました。

ドラマ「婚姻届けに判を捺しただけですが」の最終回ではどんなラストが待っているのでしょうね。

最終回の結末あらすじがどうなるのか、ネタバレ考察してみましたよ。

元であるコミックでの結末とドラマの結末では多少ズレはあるかもしれません。

しかし、百瀬と明葉のバラバラだった気持ちが一つになるような結末をつい期待してしまいますね。

ぶつかり合う2人をハラハラしながらも、見守っていきたいですね!

最終回を見たあと、どんな感想が集まるのか楽しみです!

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の最終回のあらすじや感想は入り次第追記していきます。

-婚姻届に判を捺しただけですが

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5