黒鳥の湖ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

黒鳥の湖

黒鳥の湖ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

「黒鳥の湖ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお届けします!

ハラハラドキドキのサスペンス「黒鳥の湖」がドラマ化されましたね。

ファンの皆さんは今から待ちきれない!と楽しみにしている方も多いことでしょう。

そこで今回はドラマ「黒鳥の湖」のあらすじ、結末のネタバレをしていきますよ!

ずっと謎のままだった真相がついに解明する最終回は絶対見逃せませんよね。

まだ内容を全く知らない方も、元の話を知っている方も、是非参考になさってくださいね。

更にドラマ最終回の考察、皆さんの感想もあわせてお楽しみください!

 

黒鳥の湖ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ考察!

「黒鳥の湖」は宇佐美まことさん著書でもともと人気の高い作品のため、ドラマ化を喜ぶ声も多くあがっているんですよ。

不動産会社の社長をしている財前という男は、妻と娘と都内のマンションで幸せな生活を送っています。

しかしある事件をきっかけに、家族の幸せに不穏が訪れるのです。

財前は18年前に娘の復讐をしたいという依頼をしに来た男に自分の叔父を犯人にでっちあげているのですが、今になってその事実に苦しまされることになってしまいました。

過去に財前が犯した過ち、妻・由布子の秘密、娘の失踪、嘘の証言…

様々な問題が渦巻く中、財前の周りの人々にも次々と黒い影が見え始めます。

最終回のカギとなるのは、妻が夢中になって信仰している謎に包まれた「大黒様」の正体です。

謎が謎を呼び複雑に伏線が絡み合っているためまったく正体は分かっていません。

「黒鳥の湖」は、問題が解決したように見えて物語の核となる真実になかなかたどり着けず、観ている方ももどかしい気持ちがいっぱいになるでしょう。

もしかすると、一見何も真相が解明されていない状態で最終回に突入するかもしれません。

 

ドラマ最終回あらすじ①

謎を多く残したまま始まる最終回は、夫婦がずっと慕っていた「大黒様」の正体が明かされるところからではないでしょうか。

大黒様は気を落とした妻が助けを求めた人物であり、秘密や心の思いを全て晒して深く信仰していました。

また財前自身も寺での瞑想会に参加しており、大黒様は夫婦の精神を支える存在と言えました。

その大黒様の正体が、財前が18年前に叔父に手をかけた犯人なのではと睨んでいた人物と同一人物だったのです。

大黒様と呼ばれる前の姿や、彼女がこれまでにしてきた衝撃の事実など、回想で明かされていくかもしれませんね。

大黒様という人物の全てが明かされる映像になっていくと思われます。

全てを知った財前と大黒様のやり取りは、大黒様の強い信念を表すかのように空気が澄んで晴れた寺で行われるのではないでしょうか。

 

ドラマ最終回あらすじ②

しかしそんな大黒様を、衝撃の事実が襲います。

18年前に起こった残酷な事件の真犯人が、彼女の息子である若院だったのです。

恐らく、大黒様と若院のこれまでの過去が回想で描かれると思われます。

息子を二の次にしていた大黒様の母親としての姿が初めて見られる場面になるでしょう。

若院に関しては、幼少期から母親の愛情を注がれなかった寂しさが描かれ、どのようにして黒い感情が芽生えていったのかが鮮明になっていくと思われます。

ここで序盤に登場した嘘の証言の謎とつながり、全てがすっきりするのではないでしょうか。

財前が大黒様に息子が犯人だという決定的な一言を告げる場面は一番のみどころになりそうですね!

「黒鳥の湖」のあらすじは、最終回後に追記します!

 

黒鳥の湖ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ感想も!


では、ドラマ「黒鳥の湖」の結末のネタバレをしていきます。

全てが明らかになった大黒様と若院は、財前の通報により逮捕されます。

また、ここで財前の叔父に手をかけた真犯人が明らかになりますが、それは大黒様ではなく財前の秘書の権田という男でした。

権田は、財前の会社の乗っ取りを企てる兄弟にそそのかされ、過ちを犯してしまったのでした。

叔父が事件に巻き込まれたのは自分のせいだと、長年に渡り罪悪感に苛まれていた財前の苦しみもこれで終わることになります。

最後は、娘に会いに行くため財前夫妻が荷造りをしている場面です。

妻の由布子は「何であんなに大黒様にのめり込んだのかわからない。だけどいい人だった。あんなに身を粉にして他人のためにしてくださる人は初めて」と独り言のようにつぶやきます。

それを聞いた財前も大黒様という人間に思いを馳せます。

心を病んでいたかもしれないけど人のために動く人だった…今の社会がああいう人物を生み出す隙間を作っているのではと考えるのです。

そんな2人の会話と共に、窓の外の流れる鰯雲で物語は締めくくられます。

 

ドラマ結末考察

ではドラマでの結末はどうなるのでしょうか。

大黒様と若院の本性が暴かれ逮捕される場面は、2人の心情や表情を大切に描かれていくと考えられます。

また、自身の過ちから長年苦しんできた財前が真実を知り、全てが解決される場面もみどころになってくると思います。

たくさんの問題を乗り越えて絆が深まった財前夫妻ですから、妻の由布子がしっかりと夫を支え2人の未来を想像させるような場面が観られるかもしれませんね。

「黒鳥の湖」では「因果応報」というテーマがあります。

ドラマの結末には、この「因果応報」という言葉がしっかり出てくるのではないでしょうか。

また元の話では見られなかった、家出をした娘との再会も観たいですよね。

「因果応報」と「家族の絆」ということがしっかりと描かれる結末になってくるかもしれませんね!

 

感想

ではそんな先の読めない展開に夢中になってしまう「黒鳥の湖」、ファンの方はどう感じているのでしょうか。

皆さんの感想を集めてみましたので、ご覧ください!

ドラマを待ちきれない声が非常に多くあがっています!

本で読んだものが、どんな見た目になるのか早く観たい!と思っている方も多いですよ。

また、結末の違いを楽しみにされている方もいるようですね!

「黒鳥の湖」の結末・感想は、最終回後に追記します!

 

まとめ

「黒鳥の湖ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお届けしましたがいかがでしたでしょうか。

最後の最後まで、真相が謎に包まれていて結末がどうなるのか多くの方が気になっていると思います。

今回はあらすじのネタバレと、最終回の考察も紹介させていただきました。

もともと大人気の作品ですから、ドラマでどのように描かれるのか楽しみにしている方もいるかもしれませんね。

これまでに張り巡らされた伏線が一気に回収され、いくつもの真実が解明されていく気持ち良い展開になっていくと思われます。

元の作品をご存知の方も間違いなく楽しめるドラマ「黒鳥の湖」が今から待ちきれません!

「黒鳥の湖」の最終回のあらすじやネタバレ、感想は最終回後に追記していきます!

-黒鳥の湖

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5