悩み解決!あなたに喜ばれる最新の役立つ情報を

エンタメジャパン

木下医師ブログ削除にモラハラでジャガー横田が離婚決意?パワハラ暴力音声で息子の中学は退学?

木下医師&ジャガー横田

木下医師ブログ削除にモラハラでジャガー横田が離婚決意?パワハラ暴力音声で息子の中学は退学?

更新日:

ジャガー横田さんの旦那で、東京大学大学院を卒業しエリート医師の道を走る木下医師が、実は家でもモラハラ、DV気質でジャガー横田さんと離婚秒読みであるという噂の信ぴょう性が増してきました。

ジャガー横田さんは木下医師のパワハラやモラハラ気質に長年つきあっており、我慢しきれない気持ちがあったのではと、関係者は話しているのです。

事の発端は、木下医師が勤務先病院「医療法人社団 颯心会」で、日常的に部下に暴力をふるったり暴言を吐いていた事件が明るみに出たこと。

芸能界では、元女子プロレスラーであるジャガー横田さんの尻に敷かれている気弱なイメージで、好感度の高さをアピールしていただけに、衝撃が隠せません。

さらに、木下医師の息子の木下大維志(たいし)君は、私立中学を受験して合格して話題になりましたが、木下医師の勤務先病院の部下が、木下医師をパワハラ・暴力で慰謝料請求裁判を起こすことにより、今年入学したばかりの中学を退学させられる可能性が出てきました。

木下医師は新元号を政府が発表する前に流してしまい、世間から激しいバッシングを受けてブログ削除したという、国家機密に関わる不祥事の経歴もあります。

今回はブログ削除だけでは済まされない、暴力・パワハラ裁判の告訴内容や、ジャガー横田さんとの離婚の真相、息子の大維志君の中学が下す結論まで、みていきましょう!

 

木下医師ブログ削除にモラハラでジャガー横田が離婚を決意?

木下医師の本名は木下博勝氏(51)でタレントとしても活躍しており、元プロレスラーのジャガー横田の旦那としても有名ですが、世間のイメージは気弱で恐妻家の優しい旦那。

そんな木下医師がメディアで見せている姿とは違った、裏の顔をもっていることを知っていましたか?

今回週刊文春で報道されたのは、木下医師の勤務先病院のスタッフからの暴力・パワハラによる裁判沙汰です。

裁判を起こしたのは、医療法人社団 颯心会で准看護師を務める、木下医師の部下であるAさんで、長年パワハラと暴力に苦しめられてきた結果、損害賠償請求として慰謝料300万円を求めているのです。

准看護師Aさんの狙いは、お金が欲しいというよりも、「自分がどれだけ苦しめられてきたかを知って欲しい」と訴えており、損害賠償請求に応じなければ法的措置も辞さない覚悟をもっていると言います。

木下医師の暴言や暴力で病院を退社したスタッフは、このたった2年間で7人もおり、その人たちの為にも世間に「優しい木下医師は仮面だ」という事実を公表することが大きな狙いでもあったと思われます。

この大々的な報道を受けて、長年連れ添い、家でもモラハラDV気質で我慢を強いられてきたと噂されるジャガー横田さんは、どう動くのでしょうか?

 

ジャガー横田不倫騒動からついに離婚の決意が固まる?木下医師のオラオラ系本性

鬼嫁キャラを貫くちょっと怖いイメージのジャガー横田さんですが、関係者の話によると、実は家では木下医師が亭主関白で何かあるとすぐにブチ切れるなど、夫婦関係の主導権を握っているらしいのです。

ジャガー横田さんは、借金を背負っていたこともあり、結婚前から木下家の家族に大反対を受けるなど決して順風満帆の結婚生活ではありませんでした。

過去にはフライデーで、夫の木下医師が沖縄に住む愛人女性との不倫をスクープされており、関係者の間では「女癖が悪く、ジャガー横田さんと結婚してすぐの段階から愛人の話は周知の事実だった」と言われているのです。

木下医師のゲス不倫が発覚したのは今から5年前の2014年のこと。

沖縄にある「ABCクリニック」の院長として出張した際に、スナックで働いていた女性を口説いて「愛人契約」を結び、毎月20万円の報酬を支払うというかなりドス黒い不倫でした。

木下医師の不倫スキャンダルがなぜ世間にバレてしまったのかというと、木下医師に酷いことをされた不倫相手からの告発でした。

LINEの文章も流出しており、ジャガー横田さんを裏切りながら愛人に甘い言葉をつぶやいていた木下医師の本性が垣間見れます。

ジャガー横田さんにだけではなく、この不倫相手にも、突然人が変わったようにブチキレてしまう人間性が発覚します。

不倫相手の女性にドタキャンされた時に、木下医師が怒鳴りつけるような口調で送ったLINEの文章です。

怖い!女性の立場からすると、一緒にいる空間でこれをされたら恐怖ですよね。

出典:https://i.ytimg.com

かなり意外ですが、木下医師が学生時代にはハードコアパンクバンド「Tranquilizer」のボーカルとして活動しており、プライベートの生活では女性を口説き落とすのが趣味のオラオラ系だったと言われているのです。

不倫相手の女性Dさんとは、子供まで欲しがるほどの執着ぶりで、生まれてくる子供を医者にしようという夢まで語っていたのだとか。

妻子持ちでありながら、突拍子もない発想はエリート医師ならではなのでしょうか、、さすがに酷いですね。

ジャガー横田さんが今まで耐えてきたのは、やはり一人息子の大維志君の存在があったからですが、夫である木下医師が暴力沙汰でここまで世間を騒がせてしまう事件を起こしたことで、逆に大維志君へ悪い影響があると考えているようです。

 

木下医師ブログ削除事件とは?

過去には、木下医師が日本中から大バッシングを浴びるほどの炎上記事を投稿してしまった黒歴史もあります。

タレントとしても活躍する木下医師が、日本中が「新元号」を今か今かと待ち望み、期待する中で、不特定多数へ発信する形のブログ記事でネタバレをしてしまうという、大失態ぶりがこちらです。

「新元号は【栄光】で決まり?」という記事タイトルで話題性を集めようとしたのでしょうか。

記事の本文にはこう記載があります。

4月1日発表となる新元号で、武田氏が予想をされている複数の候補を紹介します。

未確認ですが、そのうちの「栄光」に決まったとの情報が入りました。

これは政府が発表するべきことですから、物議をかもしたのは言うまでもありません。

結果的に、令和になったことで世間の興味の矛先がずれましたが、栄光になっていたらさらに炎上してしまうことは避けられなかったでしょうね。

2019年12月18日、勤務病院での裁判事件の報道を受けて、木下医師のブログ記事がまた削除されたことが判明しました!

Amebaブログのトップページに最新記事として本日投稿してあった、大維志君との早食い競争を撮影したYouTube動画「父と、大維志と、どちらが?」と題された記事。

現在では木下医師のインスタグラムの埋め込み記事に変わっています。

事件の報道でアクセスが集中することを予測して、大維志君への影響を考慮したのでしょうか...。

 

木下医師パワハラ暴力音声で息子の中学は転校?

ジャガー横田さんと木下医師の息子、大維志(たいし)くんは、2006年にハワイにて生まれます。

インターナショナルスクールに通っていたものの、木下医師と同じ道を進むべく、医学部進学を決意。

小学校4年生でインターから公立小学校へ転校し、今年中学受験をしたことが朝の情報番組「スッキリ」で「大維志くんの中学受験企画」として取り上げられ、話題となりました。

当時偏差値が41しかなかった大維志くんが、「お父さん(木下医師)と同じように、外科医の道で病気の人を助けたい」と大きな夢を志し受けたのが、第一志望の広尾学園・医進サイエンスコース、第二志望の広尾学園・本科でした。

意を決した大維志くんは、家庭教師をつけて150日間の猛勉強を開始。

しかし、これらの学部は偏差値が71もある超難関校だったため力及ばず、合計7校の中学に不合格となってしまうのです。

これからどうなるのか?と視聴者が不安なまなざしで見守る中、滑り止めで受けた2校の私立中学に合格したことが判明します。

すっかりこのうちの一つに入学を果たしたと思われていた大維志くんでしたが、実は入学したのは都内の公立の中学校でした。

なぜかというと、番組に視聴者から入ったクレームのせいで、合格した私立の中学校へ入学することが叶わなかったというのです。

 

大維志くんの中学受験に対する視聴者のクレームとは?

ジャガー横田さんの息子、大維志くんが滑り止めで合格した私立中学に進学できなかった理由は、番組の中で「滑り止め、滑り止め」とあまりにも言い過ぎたからなのだとか。

自分の子供がその中学に通っている、または合格している親御さんから、「滑り止めというイメージをつけるのは学校に対しても、通っている生徒に対しても失礼だ」 と番組へ抗議の電話があり、中学校の方からも「申し訳ありませんが」とお断りされてしまったことで、今年から公立の中学校へ通い始めました。

しかし、紆余曲折を経て、やっとのことで入学が決まったこの中学校も、退学させられる可能性が出てきてしまいました。

その理由はもちろん、木下医師の暴力・恫喝・パワハラ事件の裁判です。

文春オンラインによると、勤務先で働く医師や看護師など医療関係者だけでなく、なんと患者に対しても酷い扱いを行っていたという木下医師。

診療後に患者の容体が急変した際に対応できるよう、24時間体制でコールが鳴る制度がありますが、木下医師は「赤坂で飲んでるから行けないだろ。なんでわざわざ俺が行くんだよ、看護師に行かせればいいだろ」と暴言を吐き、どうしてもお願いしますと頼み込んだ際には、患者に対して不機嫌な態度を取り、聴診器も当てずに帰ってしまうことがある程で、次第に多くの患者からクレームが入るようになったそうなのです。

さらに木下医師は、患者の前でも医療スタッフへの暴言が絶えず、「見るのも耐えられない」といった病院への不信感を募らせていく患者が後を絶たなかったのだとか。

あまりにもクレームが増え過ぎて、とうとう動き出した病院は2019年5月頃に木下医師へ自主退職を促す勧告を出すものの、木下医師はまったく反省の意を見せず、辞職を拒否。

病院側も事が大きくなり過ぎてしまったため、何度も退社を促した結果、木下医師はやっとのことで2019年8月末日での退職をします。

この経緯を、一人息子の大維志くんは知っているはずもないでしょう。

しかし、結果的に医療関係者に裁判を起こされ、慰謝料請求をされることで事件が明るみに出てしまい、大維志くん維志くんの通う学校でも先生が世間や保護者からのクレーム対応に追われることになってしまうのは必至だと思われます。

子供は何も悪くありませんから、大維志くんの明るい未来が心配ですね。

 

木下医師ブログ削除にモラハラでジャガー横田と離婚?パワハラ暴力音声で息子の中学は転校?まとめ

木下医師の過去に起こした「新元号バッシングからのブログ削除事件」から不倫スキャンダル、妻であるジャガー横田さんが木下医師のモラハラに耐えきれず離婚を決意したのではないか、という噂の真相についてリサーチしてきました。

何より、木下医師の勤務先病院におけるパワハラ・暴力音声による、息子さんの中学への影響が気になってしまいます。

ジャガー横田さんは今まで、亭主関白で不倫を撮られるほどの木下医師の暴君ぶりを、大維志くんの為に辛抱してきたのでしょう。

パワハラ・暴力裁判が大きく報じられたことで、大維志くんへ与える悪影響を考えると、ジャガー横田さんが離婚を選択する日もそう遠くないかもしれませんね。

裁判がどのように進んでいくのか、木下医師が真相をテレビの前で話す日はくるのか。

今回ばかりはブログ削除では済まない木下医師の言動や行動に、世間の注目が集まっています。

木下医師パワハラ音声サイコパスの噂は本当?東大学歴主義でミヤネ屋炎上&降板で芸能界追放?
木下医師パワハラ録音は本当?東大学歴主義でミヤネ屋炎上&降板で芸能界追放か

ジャガー横田の夫でタレントでもある木下医師のパワハラ録音が流出し、実はサイコパスだったという噂が信ぴょう性を増してきたようです。 勤務先病院で撮られたパワハラ録音から、恫喝を繰り返し暴言を吐いた音声が ...

続きを見る

-木下医師&ジャガー横田

Copyright© エンタメジャパン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.