きみの瞳が問いかけているは実話?モデルは何で原作との違いは?

きみの瞳が問いかけている

きみの瞳が問いかけているは実話?モデルは何で原作との違いは?

吉高由里子さんと横浜流星さんW主演の話題作『きみの瞳が問いかけている』は実話?という噂を検証します!

”視力をなくした女と夢をなくした男”の物語として紹介されている『きみのめ』

モデルとなった原作についてご存じでしょうか?

『きみのめ』だけでなく原作やモチーフとなった作品のあらすじとあわせて、違いはあるかどうかご紹介していきます。

2020年10月23日(金)公開の前に、『きみの瞳が問いかけている』通称『きみのめ』純愛ストーリーのモデルや原作との違い、そして気になる実話かどうかの噂についてまとめました!

先行上映を見た人の声もチェックしてくださいね。

 

きみの瞳が問いかけているのモデルは何?

映画『きみの瞳が問いかけている』はある韓国映画をリメイクして作られています。

2011年公開で日本でもとてもファンが多い作品です。

さらにこの韓国映画の元になったと言われているアメリカ映画もありますのでご紹介しますね。

まずは日本版リメイク『きみの瞳が問いかけている』通称『きみのめ』のあらすじから見て行きましょう。

 

「きみのめ」あらすじ

映画『きみの瞳が問いかけている』のあらすじを公式からご紹介します。

目が不自由ながら明るく生きる明香里(吉高由里子さん)と、罪を犯しキックボクサーとしての未来をなくした塁(横浜流星さん)。

ある勘違いからであった2人は、ささやかながらもかけがえのない幸せを手にしていた。

ところが、ある日明香里が打ち明けた「視力を失ったのは自らが運転する自動車事故が原因で、両親も亡くしてしまった」という秘密によって2人の関係は大きく変化してしまう。

それは、塁が彼だけが知る残酷な運命の因果に気づいてしまったから。

”視力をなくした女”と”夢を失った男”という、暗闇で生きてきた2人が初めて見つけた幸せが過酷な運命に翻弄されてしまう…

そんなストーリーになっています。

 

韓国映画「ただ君だけ」内容は?

続いて、原作となった韓国映画「ただ君だけ」の内容をご紹介します。

かつて輝かしい戦歴を誇ったボクサーチョルミン(ソ・ジサプ)は、ミネラルウォーターの配達や駐車場の料金所で働いて生計をたてていた。

ある日知り合った目の見えない女性ジョンファ(ハン・ヒョジュ)と親しくなり、借金の取り立てをしていた過去や服役していた事を打ち明ける。

ジョンファとの未来のためにボクサーとしての復帰を目指した矢先、ジョンファの過去と思いがけない接点を持っている事を知ってしまう。

韓国映画『ただ君だけ』も残酷な運命によって振り回される男女の切ないストーリーになっています。

 

アメリカ映画「街の灯」が元になっている?

「ただ君だけ」のモチーフとなった1931年公開のアメリカ映画「街の灯」の内容もご紹介します。

街角で盲目の花売りに一目ぼれした浮浪者の男。

娘の前では紳士を装う男はいつしか娘のために働くようになるが、仕事をクビになりやむなく参加した八百長ボクシングでも敗けてしまう。

ひょんな事で知り合った富豪が援助してくれた1000ドルを娘に渡したが無実の罪で捕まってしまった男は、しばらくたって目の治療を無事終えた娘と再会。

娘は手を握る事で男が恩人だと気付く。

『街の灯』は喜劇作で有名なあのチャールズ・チャップリンが監督・脚本・製作・主演したサイレント映画です。

ある浮浪者が盲目の娘のために奮闘するコメディ映画となっています。

 

きみの瞳が問いかけている原作との違いは?

公開される日本版と、その原作。

さらにその元になった映画のあらすじをそれぞれ見て来ました。

違いをまとめてみましょう。

 

きみのめ原作との違いは?

原作である韓国映画『ただ君だけ』と『きみの瞳が問いかけている』にはどんな違いがあるでしょうか?

実際に先行上映を見た人の声を見たところ、原作との大きな違いはないようです。

2人にとって大切な場所となる、同棲する部屋のつくりや雰囲気もかなり似せているそうですよ。

原作ではボクサーチョルミンの方が目が見えないジョンファより年上ですが、きみのめでは明香里が塁より年上です。

あとは服役期間が原作では4年3ヶ月なのが、きみのめでは3年5ヶ月。

思い出の場所が原作では草原なのが海になっている。

開いたお店が原作では彫刻の店なのがインテリアショップになっている。

目立った違いと言えばこのくらいでしょうか。

違いとして一番声が多かったのがラストのシチュエーションでした。

「横浜流星だからこそのラスト」「原作とは違う感動で終わったのは彼が演じたから」と言う高評価の声が目立ちました!

 

 

きみの瞳が問いかけているは実話って本当?

『きみの瞳が問いかけている』通称『きみのめ』は実話?と噂されています。

実際は原作となっている『ただ君だけ』のリメイク版ですので、実話が元になっているという映画ではないようですね。

「韓国映画らしい悲恋なのになぜかすごく自然に見えてしまう」

「ふたりの会話やセリフではなく表情や仕草が物語っている、画面から目を離せなくなるタイプの映画」

と言う『ただ君だけ』を見た人の評価が、ひょっとしたら実話なのでは?と言う感想を生んでいるようです。

リメイク版である『きみのめ』でも吉高由里子さんと横浜流星さんの表情に注目したいですね。

 

ツイッターの声

映画『きみの瞳が問いかけている』についてのツイッターの声を見てみましょう。

10月15日の先行上映会に行ったという人の声もありましたよ!

原作を知っている人、あえて見ずに『きみのめ』公開に臨む人と分かれるようですね。

ただどちらも感動のラストである事に変わりはないようですよ。

 

まとめ

「きみの瞳が問いかけているは実話?モデルは何で原作との違いは?」と題してまとめて来ました!

映画『きみのめ』は韓国映画『ただ君だけ』をモデルとしたリメイク版である事がわかりました。

原作と大きな違いはないものの、塁を演じる横浜流星さんだからこそ、という評価が聞かれるラストには注目したいですね。

実話ではないものの、画面から目が離せなくなるというストーリーも気になります。

『きみの瞳が問いかけている』通称『きみのめ』は2020年10月23日(金)公開です。

原作を見てから映画を楽しみに待つ人・すでに見た人と、何も見ずに映画に臨む人と分かれるようですが、あなたはどちらの見方をしますか?

-きみの瞳が問いかけている
-,

© 2020 動画ジャパン Powered by AFFINGER5