顔だけ先生ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

顔だけ先生

顔だけ先生ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

「顔だけ先生ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお届けします!

顔は満点、中身は赤点のポンコツの遠藤先生(神尾楓珠さん)が等身大で生徒に接する姿が話題となっていますね。

遠藤の占いが「当たる」と評判になり、学園内で騒動が起こります。

遠藤の占いの結果に従った亀高は、親友の早坂を怒らせてしまいましたよ。

果たしてふたりは仲直りすることができるのでしょうか。

そんなドラマ「顔だけ先生」の最終回の結末をネタバレ考察していきます。

またドラマを見た方の感想もご紹介してまいりますので、最後までお付き合いよろしくお願いしますね!

 

顔だけ先生ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!


ドラマ「顔だけ先生」は、遠藤一誠が私立菊玲学園高等学校に赴任するところから物語が始まりますよ。

遠藤は日本史の非常勤講師として2年B組の副担任となるのですが、仕事そっちのけで自分ファーストを貫く教師だったのです。

ルックスは抜群、けれど教師らしいことは一切しない姿から「顔だけ先生」と揶揄されてしまいますよ。

そんな教師が学校全体を混乱に巻き込みながらも生徒たちの人生観を変えていく、予測不可能な学園ドラマです。

 

最終回あらすじ①

変わり者の遠藤ですが、誰に対しても媚びたりしない姿が生徒達の共感を呼ぶのではないでしょうか。

遠藤は自分の学生時代、教師からの度重なる罵倒でついに我慢できなくなり、爆発してしまった経験がありました。

また教師になる前に勤めていた会社で、理不尽な扱いを受けたことにより、心が疲弊してしまったのです。

そんな遠藤は、物事を色々な角度から見ることにより、辛かった状況が楽になりました。

それ以降、常識にとらわれない行動により、遠藤は変わり者と呼ばれることになったのです。

しかし自分だけでなく生徒の事も型にはめない捉え方で接してきたのでした。

物珍しい教師の遠藤は生徒たちから慕われるようになります。

そして遠藤が赴任してからというもの、2年B組の生徒たちにもやがてクラス間での友情が芽生え出しますよ。

 

最終回あらすじ②

これまでに、遠藤は生徒に対し決して教師としてではなく一人の人間として接しています。

学年主任の亀高千里に何もかも丸投げだった川相教頭(八嶋智人さん)は、そんな生徒たちの状況を見て学力低下することを恐れました。

そして川相教頭は、遠藤に批判的な藤嶋啓介(笠原秀幸さん)と組み、亀高に遠藤を辞めさせるようにプレッシャーをかけていきます。

亀高は仲の良い同僚らと協力して、遠藤を残留させる作戦を立てますよ。

そして、これまで遠藤に何気なく救われてきた先生らも亀高らに加担します。

その作戦とは、理事長側が望んでいる私立菊玲学園高等学校のブランド力を上げることでした。

しかし、その作戦には教師の力だけでなく、生徒たちの協力が必須だったのです。

亀高は正直に生徒たちに事の顛末を話すと、彼らはみな理解を示し、作戦を実行していきました。

 

最終回あらすじ③

遠藤は月に10万円あれば充分に生活していけると言います。

1日にかける食費はわずか330円で、好きをベースに生きているから最高だという考えの持ち主なんですよ。

そんなお金に執着せずに工夫して自然に生きる姿が、マスコミに取り上げられました。

そして、その言動や遠藤のルックスが評判になった事で、遠藤はちょっとした有名人になってしまいます。

亀高は、自分が採用した遠藤の株がどんどんあがることに誇らしく思う反面、少し寂しく感じていました。

ドラマ「顔だけ先生」の最終回のあらすじは分かり次第追記していきます!

 

顔だけ先生ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

自由奔放な教師と変化を嫌煙する教育現場、そしてこじらせ気味の生徒との間でどんな化学変化が起こるのでしょうか?

本当に顔だけ先生なのか、最終回の結末を考察していきます!

 

結末ラストは?

川相教頭らから学園を辞めさせられそうになる遠藤を、亀高と生徒らは阻止するために奮闘します。

当事者の遠藤は、学園を去ることについても前向きに考えて、新しい道を歩もうとしますよ。

一方亀高は、川相教頭との約束を守るために必死で生徒たちと協力し学校のPRをするために試行錯誤しました。

生徒らが挨拶や身だしなみを整え、地域の為のボランティア活動や、また学力を向上させることで私立菊玲学園高等学校の名をあげることに成功します。

また、遠藤自身もその整った顔が世間に出たことでファンが増え、学校の知名度もどんどん上がっていきました。

そして約束通り、遠藤の解雇は回避されます。

さらにこれまでに前例がない、非常勤講師が担任に昇格するといった展開もあるかもしれません。

そして学生生活の思い出である行事に、担任・遠藤先生と2年B組みんなが参加するような場面が描かれるのではないでしょうか。

亀高は一生懸命引き留めている遠藤に対して、今まで否定していた自分の遠藤に対する気持ちに気付くという展開になるかもしれませんね。

しかし当の遠藤はまったく亀高の気持ちに気付かないような歯がゆいラストになるのではないでしょうか。

こんなに、遠藤の魅力に生徒や教師は引き付けられるということは、遠藤は決して「顔だけ」ではなかったようですね。

ドラマ「顔だけ先生」の最終回の結末は分かり次第追記していきます!

 

感想は?

亀高先生と早坂先生の“亀早”コンビの熱い友情に涙された方が多くいらっしゃいましたよ。

また、遠藤に占って欲しいという声も聞こえてきました。

遠藤が亀高を褒めたことで、これからのふたりに進展はあるのか、今後も多くの感想が寄せられそうですね。

ドラマ「顔だけ先生」の感想は追記していきます!

 

まとめ

最終回のあらすじや結末のネタバレを考察してまいりましたがいかがでしたでしょうか。

遠藤の突飛な行動は毎回笑いを届けてくれますね。

そして超マイペースの遠藤とそれに振り回される亀高、ふたりのやり取りにクスっとしてしまう方も多いのではないでしょうか。

遠藤の占いにより、“亀早”コンビの友情はさらに深まりましたね。

亀高の遠藤に対する想いだけでなく、遠藤も亀高をどう思っているのかに注目していきたいですね。

話題となっている作品だけに、最終回後にはたくさんの感想が寄せられそうですね。

以上、「顔だけ先生ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお届けしました!

ドラマ「顔だけ先生」の最終回のあらすじや結末、感想は追記していきます!

-顔だけ先生

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5