イチケイのカラスドラマ最終回ネタバレあらすじ結末ラスト!

イチケイのカラス

イチケイのカラスドラマ最終回ネタバレあらすじ結末ラスト!

「イチケイのカラスドラマ最終回ネタバレあらすじ結末ラスト!」というテーマでお届けします。

話題の注目ドラマ「イチケイのカラス」ですが、最終回の展開が気になりますよね。

気になる入間みちおと坂間千鶴の恋愛への発展もあるのでしょうか。

そこで今回は「イチケイのカラス」最終回のネタバレとあらすじを紹介してきます。

結末のラストで改めてわかる「イチケイのカラスになれ」の真意とは?

また入間みちお(竹野内豊さん)と日高亜紀(草刈民代さん)との決着はつくのでしょうか。

さっそく見ていきましょう。

 

イチケイのカラスドラマ最終回ネタバレあらすじ!

イチケイとは、東京地方裁判所第3支部第1刑事のことです。

これまでイチケイの刑事裁判官である入間みちおと、真面目なエリートである坂間千鶴(黒木華さん)が、凸凹コンビで数々の案件を解決してきました。

イチケイのカラスでは、毎回身近でいつ起こってもおかしくないような案件を扱っていますよね。

みちおは「みんなが納得する答えをだすこと」を信念に裁判官として法廷に立ちます。

そして納得がいかない案件に対し、度々”職権発動”し、徹底的に現場検証行ってきました。

「職権発動します」その言葉を待つファンの方も多いのではないでしょうか!

イチケイは、有罪率ほぼ100%といわれる日本の刑事裁判において、30件あまりの無罪判決に関わっている伝説の裁判官・駒沢義男(小日向文世さん)が所属しています。

そんな駒沢を筆頭に個性豊かなメンバーが所属する部署ですよね。

そして堅物エリートの坂間も、最初こそみちおのやることに度々「ありえない!」と怒っていましたが、次第にみちおに影響されていきました。

最終回では、そんな坂間の心境に大きな変化をもたらす回になっていると思います。

 

最終回あらすじ

坂間千鶴は、最高裁事務総局の事務総長・香田健一郎にみちおの問題行動を監視し人事に報告するように言われていました。

「はい!」と喜び承諾した坂間でしたよね。

報告するということは、事務総局からみちおが懲戒処分を受けることになってしまいます。

しかし坂間は、みちおを自身が監視するので処分の必要はないと日高に対して言いました。

坂間は論理的に考えれば、みちおの行動は問題行動ばかりです。

しかし心理的に考えればみちおの行動は、正しいとすら思い始めていました。

そして坂間はみちおに影響を受け、今までの自分のやり方が本当にあっているのか悩み始めます。

「判決を下すことに悩まない」と断言していた坂間の面影は今はありません。

そこで出会った頃にみちおに言われた「悩まないことに悩むことになる」という言葉を思い出します。

数々のみちおの問題行動はあるものの、坂間はそれが”無駄だった”とは思った事がなかったのです。

しっかり考えたうえで被検者にとって一番いい方法をいつもみちおは悩み、行動していました。

そんなみちおのことを知らず知らずの内に坂間は、感化されていきます。

 

辞職する?

12年前みちおが、弁護士をしていた頃に、1件の事件の弁護を担当しました。

その裁判で裁判官だったのが、今は最高裁判所判事の日高亜紀です。

当時のみちおは、担当した被告人の無実を証明するために尽力しました。

しかし日高は、そんな被告人に対してなんの検証しないまま「有罪」の判決を言い渡します。

その結果、「俺はやっていない」というメモを残し被告人は自らの命を断とうとします。

この事でみちおは自身の無力さを感じ、弁護士を辞めることにしました。

そこで「裁判官にならないか」と駒沢がみちおを誘いましたよね。

しかしみちおは、最高裁事務総局に目をつけられていました。

今までの問題行動で、みちおは裁判官を辞職か、懲戒処分に追い込まれるのではないでしょうか。

そこで坂間が立ち上がり、12年前の事件の判決が正しかったのか徹底的に調べ上げる事にしました。

徐々に12年前の事件の真相が明かされてきていますよね!

 

因縁の対決で結果は?

日高を慕っていた坂間ですが、みちおのやり方に影響を受け、日高のやり方や考えが納得できなくなっていました。

そして調査にあたりイチケイのメンバーの力を借り、いつものイチケイのチームプレーを発揮します。

最初はみちおに敵対していた東京地検事の井出伊織(山崎育三郎さん)らも協力してくれました。

すると当時の被告人が無実であったという証拠がでてくるのではないでしょうか。

坂間とみちおは、当時の被告人のもとに出向き、被告人が無実だったことを話しにいきます。

再度、裁判で当時の判決を覆す再審を求めることにしました。

また裁判官は公平でなければならないのに対し日高は、原告側と裏で取引をしていたのです。

その原告側に、最高裁事務総局の事務総長・香田健一郎も関わっているのではないでしょうか。

その事実を法廷で、坂間が裁判官を辞職に追い込まれたみちおの代わりに裁くことになりました。

 

イチケイのカラスドラマ最終回結末ラスト!

緊迫の最終回の結末はどう展開していくのでしょうか。

また坂間とみちおの間で恋愛に発展なんてこともあるかもしれませんね!

日高VS坂間の対決に注目ですよ!

気になる最終回結末を見ていきましょう。

 

結末は芸人集合?

最終回の結末では、坂間は数々の証拠を集めたものを提出し、法廷で真実を話し始めます。

そこには堅物な坂間ではなく、みちおとも錯覚するくらい情熱的な坂間の姿になっていました。

マスコミも注目する案件なだけに衝撃の事実は世間にも広まり、日高の職権は剥奪されます。

そしてその事件に関与していた事務総長・香田も芋づる式で悪事がバレていくのかもしれませんね。

裁判官を辞職に追い込まれたみちおの行方ですが、どうなってしまうのでしょうか。

「みちおを見守る会」を始め、今までみちおに救われた人などが署名を集め、みちおは無事に裁判官に帰り咲くことができるという展開もあり得ますよね!

「みちおを見守る会」といえば毎回芸人がゲストで登場し話題になっていますよね。

これまで登場した芸人を紹介します。

1回・・・チョコレートプラネット

2回・・・ミルクボーイ

3回・・・鬼越トマホーク

4回・・・空気階段

5回・・・3時のヒロイン

またイチケイのカラスには、毎回ゲストのような形で芸人さんが密かに登場しているのも楽しみの1つですね!

最終回では、今まで毎回登場していた傍聴マニアの芸人たちも最後に集結なんてこともあるのでしょうか。

 

タイトルの意味

以前に「イチケイのカラスになれ」とみちおが、坂間に言い渡しましたよね。

その意味は、「ワタリガラス創世神話」に隠されているそうです。

インディアンの神話によると、ワタリガラスたちは、常に自主的に動く自由な存在でした。

神ではないため「救済者」とは言えませんが、ある意味「英雄」みたいなものだったそうです。

「イチケイのカラスになれ」=自由を象徴する英雄になれということでしょうか。

判決を下すことで救う事も、自由にしてあげる事もできる。

いわば裁判官とは行動次第で「英雄」にもなれるのかもしれませんね。

そうであれば坂間は無事に、最終回で「イチケイのカラスになれ」というみちおの言葉を守ったのかもしれませんね。

そして事件を解決後、惹かれ合い良い雰囲気になっていく入間みちおと坂間千鶴、。

しかし結局みちおのおふざけでいい雰囲気も台無しという最後になっているのではないでしょうか。

2人の恋人になるという展開までは見れなさそうですね!

 

まとめ

「イチケイのカラスドラマ最終回ネタバレあらすじ結末ラスト!」と題してお届けしました。

ドラマ「イチケイのカラス」最終回のあらすじとネタバレを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

みちおが弁護士を辞め裁判官になった理由が分かりましたね。

また最終回では「イチケイのカラスになれ」と言ったみちおの言葉通りになると思われます。

そしてラストは、みちおがいつか裁くことを目標にしていた日高を、みちおの代わりに坂間が裁くという結末を推測しました。

最終回から目が離せませんね!

-イチケイのカラス
-, ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5