天国と地獄サイコな2人1話ネタバレあらすじ考察!感想は面白い?

ドラマ

天国と地獄サイコな2人1話ネタバレあらすじ考察!感想は面白い?

「天国と地獄~サイコな2人~」がいよいよ始まりますね!

刑事の女性とサイコパスな殺人鬼の魂が入れ替わるというお話です。

今回は、話題のドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」の1話ネタバレとあらすじ考察をご紹介します。

視聴者からの面白い、つまらないを始めとした感想の声も集めますよ。

それでは「天国と地獄サイコな2人1話ネタバレあらすじ考察!感想は面白い?」と題して第1話を速報でまとめて行きます!

 

天国と地獄サイコな2人1話あらすじ

「天国と地獄サイコな2人」は、警視庁捜査一課の刑事・望月彩子(綾瀬はるかさん)とサイコな殺人鬼の日高陽斗(高橋一生さん)の魂が入れ替わるお話です。

1話のあらすじがこちらです。

彩子は努力家で正義感が強く、上昇志向も強い刑事ですが、あわてんぼうなのが玉にキズ。

そんな性格が災いして周囲の刑事からは煙たがられています。

ある朝寝坊してしまった彩子は急いで電車に飛び乗りますが、うっかりマスクを忘れた事に気づきます。

そこへ自社製品のサンプルだからとマスクを差し出したのが日高です。

そんな中、ある殺人事件が発生します。

捜査第一課に居合わせ、現場へ急行できるのはたまたま謹慎中だった彩子だけ。

汚名返上のため「絶対に手柄を立ててやる!」と息を巻いて現場へ急ぐ彩子が向かった先には遺体の口内にパチンコ玉が詰められた、猟奇的殺人現場が…

しかし彩子は現場の掃除されたばかりのような清涼感に違和感を覚えます。

それを解消したのが彩子の能天気な同居人・渡辺陸(柄本佑)です。

陸は清掃業のアルバイトをしており、においのない業務用の特殊洗剤がある事を教えてくれました。

その洗浄剤の製造元は創薬ベンチャー企業のコ・アース社。

社長は、なんと数日前彩子に電車内でマスクをくれた日高陽斗でした。

彩子は自分だけが重要参考人を知っている事に運命を感じ、日高に会いに行きます。

ところが、表向きは若くしてベンチャーを立ち上げた敏腕経営者・日高が、裏の顔は類まれな頭脳と知識を駆使したサイコパスな殺人鬼であることは知る由もなかったのです。

 

1話ネタバレ!

それではドラマ1話のネタバレです!

冒頭は暗闇のなか海と空を見つめる彩子…

「大好きなんだろう、金が」と言いながら血だらけの誰かの口にパチンコ玉を詰め込む男の姿が記憶のなか(?)に見えます。

すると突然うしろから腕を掴まれると、その男は何かを振りかぶり…!

悪夢にうなされた彩子は飛び起きます。

同居人の陸が歯磨き粉を使い切った事で我慢の限界が来てしまった彩子は「出て行って!」と告げると走りました。

慌てて乗った電車内、そこでマスクを忘れた事に気づく彩子。

そこへある男性がマスクを差し出し「公務員だから受け取れない」と断る彩子でしたがサンプルだからと微笑みます。

お礼を言い彩子が降りた駅は桜田門。

「警察の方…ですか…」と男性は不気味に首を傾けます。

 

殺人事件発生!

彩子が駆け込んだのは捜査第一課。

真面目に生きてきたがゆえついたあだ名は「ベッキー望月」。

主任の河原にも「べき」を押し付ける彩子は、コーヒーの空き缶とたばこの吸い殻を手に詰め寄ります。

ところが彩子を「風紀委員さん」と小馬鹿にした態度で去ってしまいました。

五十嵐管理官が操作第一課に人を探しに来ると、出られるのは彩子だけ…

不安げに見送られながら彩子は現場に向かいます。

彩子と八巻が駆け付けたのは凄惨な事件現場。

現場の不自然な清涼感に彩子は違和感を覚えます。

ところが次の瞬間、現れた主任に横取りされてしまいます。

彩子は家政婦に拭き掃除の道具を確認していました。

捜査第一課では事件の捜査が着々と進められ、凶器は丸い石状のものだという事や口にパチンコ玉を詰め込む残忍な手口に刑事たちもザワつきます。

そんな中、「3年前官僚殺しの事件と同一犯では?」と主任が口を開きました。

理由は手のひらに血で描かれたマーク。

連続殺人の可能性も出てきました。

 

事件の手がかり

捜査会議での彩子の発言は止められてしまいました。

管理官にも「臨機応変に対応するように」と釘をさされた彩子は鑑識の新田に掃除について気になった点を問い詰めます。

ところがこれも軽くかわされてしまいました。

「石なんてその辺に捨てられたら終わり」この彩子の発言はカギになるのでしょうか?

帰宅後、清掃業のバイトをしている陸との会話で「バニッシュワンダー」という洗剤の事を知ります。

彩子はバニッシュワンダーをさっそく鑑識の新田の元へ持ち込むと、現場にあったものと成分がほぼ一致する事が分かります。

「モニター用のサンプル」という言葉でピンと来た彩子と新田。

洗剤もモニターに配られたサンプルがある事が発覚しました。

洗剤の会社を調べると、高学歴社長はあの電車でマスクをくれた男性が社長です!

 

日高と接触!

さっそく日高の会社を訪れた彩子と八巻。

洗剤のサンプルを配布した会社を調べるために、日高に依頼します。

「物証も目撃情報もない」という発言になんとも言えないリアクションを見せる日高…

ところが「ひとり暮らしなのによくそんなに早く見つかりましたね」と言ってしまう日高に彩子もハッとなり日高の動きやリアクションに注目します。

日高に面と向かって事件当日のアリバイを訪ねる彩子。

3時間も散歩するという日高を怪しんでたたみかける彩子でしたが、日高は散歩好きなことを自身の著書で証明して見せます。

どうやら日高の方が一枚上手な様子ですね。

彩子はどう出るでしょうか。

 

手柄の横取り

署に戻って日高の怪しさを管理官に訴える彩子。

録音や態度についても言及します。

「印象ばかりだ」と言われてしまいますが、意外なところで河原主任から助け船が…

と思いきや、引き継ぐと言い出し資料を持って行かれてしまいました。

一方その頃、日高は殺人事件のニュースを見て「ひとり暮らしは余計かぁ…」と天井を見上げていました。

事件を横取りされてしまった彩子は大荒れです。

翌日、河原主任のチームが捜査に出るのを見て「手柄かっさらい返してやる」と息巻いて着いて行く彩子。

マンションの防犯カメラの開示には令状が必要だと突き返される河原主任の背後でほくそ笑みます。

管理組合の理事長に直接かけ合おうとすると、なんとそこに現れたのは日高でした。

理事長として紹介された日高は、背後の彩子に気づくと再び不気味な音をたてて首を傾けます。

一方河原主任は日高のスニーカーに注目していました。

 

犯人はやはり日高?

彩子は夜に事件現場に行ってみる事にします。

現場付近の防犯カメラに日高や自家用車の姿はなく、散歩好きという日高の話にエリアを広げて捜査を続ける事にしました。

捜査会議では、日高の証拠がまったく出て来ない事に上層部がイラだっていました。

ところが主任は何かつかんでいる様子…

つかんでいたのは防犯カメラの映像をこっそり開示してくれる管理会社の社員でした。

一方彩子はレンタルサイクルに目を付けます。

日高の友人である九十九という男性にコンタクトを取れた彩子は、ボストンでも連続殺人の捜査で日高の名前が上がった事があると聞かされます。

この事で確信をつかんだ彩子は、レンタルサイクル会社の防犯カメラ映像を確認します。

やはり犯人は日高で、恐ろしいシリアルキラーなのでしょうか?

 

日高に捜査令状!

翌日の捜査会議で、日高が現場に向かう様子がタクシーの防犯カメラに映っていた事が分かります。

ところが日高が有名企業の御曹司である事で上層部は慎重になっている様子。

いたたまれなくなった八巻は、彩子に口止めされていたにも関わらずボストン時代に容疑がかかった事件の記事を公開してしまいました。

この事がきっかけとなり、日高への令状を取る決定がされました。

怒る彩子に対し、河原主任は八巻の肩をもち、自身の違法捜査は棚に上げると彩子にお前の私欲だと怒鳴りつけます。

ところが彩子は自分がつかんで来た証拠を河原主任に差し出してしまいました。

「私は手は汚していませんが、足は棒にしています」

そんな彩子に河原主任は証拠を持ち去って行ってしまいました。

茫然とする彩子たちの元に鑑識の新田が「遺留品からめずらしいカーキ色の革が出てきた」という情報を持って来ます。

彩子の記憶では、マスクを差し出した日高の手にはめられていたのはカーキの手袋です!

 

彩子と日高が入れ替わり!

仕事を終えた日高が乗ったタクシーを彩子と八巻は追います。

なぜか自宅とは離れた場所でタクシーを降りると陸橋で月を眺める日高。

その手にはカーキの革手袋が…

月が何度もアップで映ります。

そろそろ入れ替わりでしょうか?

令状をとった事を告げると、日高は証拠の手袋を走り去るトラックの上に投げ捨てます。

不法投棄の現行犯逮捕だと手錠をかけようとする彩子と、拒む日高は一緒に階段から落ちてしまいました!

ついにふたりが入れ替わります!

 

日高の脅迫

病院で意識が戻ったふたり。

彩子の元を訪れた八巻はなんとなく雰囲気の違いを感じます。

「本当は月は太陽に、太陽は月になるはずだったんですよ。」と突然話し始める彩子の姿をした八巻…

ラッキーだと思う八巻に反し、彩子はパニックに陥ります。

八巻のカバンから転がり落ちたのは、凶器と言われていた丸い石状のもの…

2人は顔を合わせますが、殺時事件の容疑者と刑事が入れ替わってしまった事実を彩子は受け入れられません。

彩子の姿をした日高は、自分が圧倒的強者の立場だとおどすとついにその手に手錠をかけてしまいました。

 

天国と地獄サイコな2人1話感想は面白い?つまらない?

感想の声を集めます!

圧倒的に面白かったという声が多いですね!

特に入れ替わった瞬間の高橋一生さん(日高)の様子に目をみはってしまいましたし、綾瀬はるかさん(彩子)の壁ドン?は鳥肌モノでした!

「天国と地獄サイコな2人」のテーマは、奄美大島の神話「太陽と月」になっているようです。

実際、満月の夜にふたりは入れ替わりましたね。

どんな神話なのか調べてみましたよ。

太陽と月は、どちらかのお腹の上に、シヤカナローの花が咲いたら、咲いた方が昼の太陽になり、咲かなかった方が夜の月になるという約束をしたそうです。

すると月のお腹の上にシヤカナローの花が咲いたので、太陽は月が寝ている間にその花を盗んで自分のお腹に植え替えてしまったのです。

いけないことをした太陽は、誰もまともに見られない姿になってしまい、月はずっと見ていられる美しい姿になったというお話です。

「望月彩子」と「日高陽斗」は月と陽が名前に入っているので、月と太陽だと考えられます。

緊張感のある第1話でしたね!

天国と地獄サイコな2人ロケ地撮影場所どこ?目撃情報まとめ!

 

まとめ

「天国と地獄サイコな2人1話ネタバレあらすじ考察!感想は面白い?」と題して速報でネタバレあらすじ考察をまとめて来ました。

入れ替わると分かっていてもハラハラしましたね!

第1話の視聴者の感想は一部「ノーマスクなのにリモート?」と無理やり現代にした感じに違和感を覚える声が見られましたが、入れ替わった直後のふたりに「面白い!」という感想の声が増えていました。

入れ替わってしまった2人はどうなるのか?

日高になってしまった彩子は逮捕されてしまうのか、そしてどんなきっかけで2人は戻るのか…

続きにも注目ですね!

-ドラマ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5