天国と地獄サイコな2人1話ネタバレあらすじ考察!感想は面白い?

ドラマ

天国と地獄サイコな2人1話ネタバレあらすじ考察!感想は面白い?

綾瀬はるかさん主演のドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」が決まりましたね。

刑事の女性とサイコパスな殺人鬼の魂が入れ替わるというお話です。

今回は、「天国と地獄~サイコな2人~」の1話ネタバレとあらすじを考察していきます。

あらすじを聞いて、感想は面白いのでしょうか。

ネタバレも合わせて調べていきたいと思います。

 

天国と地獄サイコな2人1話あらすじ感想は面白い?

綾瀬はるかさんが主演をつとめるこのドラマは、警視庁捜査一課の刑事・望月彩子(綾瀬はるかさん)とサイコな殺人鬼の日高陽斗(高橋一生さん)の魂が入れ替わるお話です。

テーマは、奄美大島の神話「太陽と月」になっているようです。

どんな神話なのか調べてみましたよ。

太陽と月は、どちらかのお腹の上に、シヤカナローの花が咲いたら、咲いた方が昼の太陽になり、咲かなかった方が夜の月になるという約束をしたそうです。

すると月のお腹の上にシヤカナローの花が咲いたので、太陽は月が寝ている間にその花を盗んで自分のお腹に植え替えてしまったのです。

いけないことをした太陽は、誰もまともに見られない姿になってしまい、月はずっと見ていられる美しい姿になったというお話です。

ドラマには、望月彩子と日高陽斗が出てきます。

月と陽が名前に入っているので、月と太陽だと考えられますが、ドラマでは魂が入れ替わるんですよね。

望月彩子が太陽で、日高陽斗が月なのでしょうか?

まずは、1話のあらすじはどんな感じになるのか考察していきましょう。

 

1話あらすじは?

刑事・望月彩子は、正義感にあふれ、融通がきかない性格です。

猪突猛進な性格なので、失敗も多く警察の中では、煙たがられて馬鹿にされることもありました。

望月彩子は周囲を見返すため、独自に捜査を開始し、猟奇的な殺人事件の犯人を逮捕するチャンスに出会います。

猟奇的な殺人鬼・日高陽斗は、表向きは化学分野の研究者であり、ベンチャー企業のやり手の経営者です。

裏の顔は、サイコパスな殺人犯というわけです。

逮捕する大チャンスの矢先に2人の魂は入れ替わってしまうのです。

女性刑事・望月彩子とサイコな殺人鬼・日高陽斗の魂が入れ替わるあたりまでが1話なのではないでしょうか。

入れ替わってからの2人の関わりが物語になっていくのでしょうね。

正義と殺人鬼、男と女、価値観も性別も違う2人が入れ替わる先にはどんな真実が待ち受けているのでしょうか。

 

感想は面白い?

まだ1話は始まっていないので、1話が終わっての感想はまた放送が始まってからにしたいと思います。

ただ始まる前から、面白そうというコメントが多く見られましたよ。

高橋一生がサイコパスの殺人鬼なんて、名作の予感しかない

刑事と殺人鬼、天国と地獄が入れ替わる、どっちが天国でどっちが地獄になるんだろう。

楽しみにしていましょう。

 

天国と地獄サイコな2人1話ネタバレ考察!

「天国と地獄~サイコな2人~」の1話ネタバレですが、どんな風に入れ替わっていくのか考えるだけでも楽しいですよね。

2人は天国と地獄、行ったり来たりするのかなぁ。入れ替わる瞬間何回か見たい。

森下脚本ですね。今回の究極の愛がどんななのか、期待しています。

刑事の主人公の名前が月で、殺人鬼の方の名前に太陽が入っている。正義の方に太陽の字が付いていないのは面白そうな展開の予感ですね。

ファンの方も予想しながら、楽しく待っているようです。

このドラマ、入れ替わる2人だけではなく、その周りの人物も興味深い人が多いですよ。

女性刑事の同居人として、フリーターの渡辺陸がいます。

癒し的な存在のようですが、名前に陸が入っていると何か意味があるのかとつい思ってしまいます。

先輩の刑事は鋭い感で、何か異変に気付くようですが、真実を突き止めることは出来るのでしょうか。

 

まとめ

天国と地獄サイコな2人1話ネタバレあらすじ考察!感想は面白い?ということで紹介してきました。

あらすじやネタバレを見ると、余計に見たくなってしまうドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」ですね。

2人は入れ変わったままなのか、究極の愛とはどういうものなのか、始まるのを楽しみに待っていましょうね。

-ドラマ

© 2020 動画ジャパン Powered by AFFINGER5