半沢直樹2最終回の裏切り者ネタバレは頭取で大和田と紀本常務は仲間?

半沢直樹

半沢直樹2黒幕の犯人は中野渡頭取?大和田と紀本常務は仲間かわかりやすく解説

半沢直樹2で、黒幕(犯人)は誰なのかをネタバレ考察します!

大和田か、それとも紀本常務か…と予想しながら見ている人も多いのではないでしょうか。

8月23日放送の回では、大臣みずから銀行に乗り込んで来た事で頭取の立場をも揺るがす事態に。

その責任者として、またひとり裏切り者があぶり出されました。

さらに銀行の情報を政府に流す者がいる事を確信した半沢。

「まずは この銀行に潜む とんでもない裏切り者をあぶりだす!」と宣言しました。

「とんでもない裏切り者をあぶり出す!」

それは大和田なのか紀本常務なのか…

ところがその予想を大きく覆し”頭取が裏切り者”だとしたら?

9月20日放送の回では頭取裏切り者説の核心に迫るような「伊勢志摩ステート」から箕部へのお金の流れが発覚?

この事から中野渡頭取と箕部幹事長のつながりに対する疑惑が確信に変わってしまいます!

「半沢直樹2黒幕の犯人は中野渡頭取?大和田と紀本常務は仲間かわかりやすく解説」と題し、ネタバレありで半沢直樹2に倍返しされる裏切り者を考察していきましょう。

頭取が黒幕(犯人)と考えられる理由もわかりやすくまとめて解説していますよ!

 

半沢直樹2黒幕の犯人は誰?大和田と紀本常務は仲間かわかりやすく解説

半沢直樹2でこれから明かされるであろう裏切り者。

誰だと予想していますか?

「大和田か、紀本常務か」と考える人が多いですよね。

ところが頭取なのではという声が急増しているんですよ!

裏切り者は誰なのか、根拠を含めて考察していきます。

 

黒幕犯人は誰?

半沢の態度を聞いた白井国土交通大臣みずから乗り込んで来る事態になり、金融庁検査に黒澤が現れましたね。

帝国航空についての提出書類に、数字の間違いがある事を指摘されてしまいます。

追い込まれた銀行のピンチを救うかたちとなったのが、曾根崎次長の「帝国航空側のミス」という発言でした。

ミスをしたとされる帝国航空の財務部長・山久でしたが、人員削減による社員の進退を保証すると言われウソの証言を求められていた事が発覚します!

このウソの証言をさせたのが曾根崎次長。

この時の裏切り者は曾根崎だった事がわかりました。

頭取をも窮地に追いやったとして厳しく叱責されます。

ところがこの曾根崎にさらに指示を出した人物がいるようなんです。

 

曾根崎を操る黒幕犯人とは?

半沢の録音により、曾根崎が山久にウソの証言を強要していた事が発覚した時です。

帝国航空への報告ミスは、当時の金融庁検査を乗り切るための意図的な改ざんなのでは?

そう考える半沢は、曾根崎ひとりでそんな大それた事はできないはずだと言います。

「誰の指示だ!」

そう詰め寄られて助けを求めるように誰かを見る曾根崎…

そして紀本と大和田に「今回の一件、本当に帝国側のミスなんだよね?」と尋ねられた時のことです。

「なんて言えばいいんだよ…何もかもあなたの指示でやったのに。」

こんな心の声が聞こえるシーンがありました。

半沢直樹で心の声が出るってめずらしいですよね。

この曾根崎の発言とリアクションで、これまでも予想の声が多かった”裏切り者の正体”についてさらに意見が分かれる事となりました。

 

黒幕犯人twitter予想は?

裏切り者について多いのが「大和田と紀本どっち?」と言う声ですよね。

ツイッターでも予想の声がたくさん上がっているのでご紹介します。

曾根崎が見てたのって紀本だよね?裏切りは紀本常務だろうけど、紀本の不正を知った大和田取がそれをネタに紀本を操って頭取の椅子を狙うのもありえる?

裏切りは大和田というのはミスリードで紀本のような気がしてきた。 東京中央銀行に紀本が戻ったのも政府と繋がっているからと予想。でも曾根崎に指示を出したのは大和田に見えたような??

原作だと紀本がクロだけどドラマはそれを裏切りそう。「あんたの指示」って言われたときうなずいた大和田が裏切り者だ!

悪は紀本に決まってる!大和田さんは直樹の味方!w

急に曾根崎をかばった紀本あやしい。黒幕を言おうとしたら土下座させた大和田もあやしい。あれ、どっちもクロ?

今まで大和田だと思っていたけど紀本に思えてきた、逆に紀本だと思ってたけであれは大和田だったのでは…?

と、さらに混乱する人が多かったようです。

そして「やっぱり裏切り者はあの人だ!」と大和田・紀本ではない人物に確信をもった人もいるようですよ。

それが、なんと中野渡頭取なんです。

 

半沢直樹2黒幕の犯人は中野渡頭取か?わかりやすく解説

実は裏切り者は頭取なのでは?という声が回を追うごとに増えています。

8月23日の放送終了後に一気に増える事となった頭取裏切り者説。

頭取なわけない!紀本か大和田に決まってる!と思っている人には不思議かもしれません。

その理由を見て行きましょう!

 

黒幕犯人は頭取?

8月23日放送回で分かった「帝国航空の再建当時に改ざんを行った者がいる」という事実。

これに対し半沢は「まずは この銀行に潜む とんでもない裏切り者をあぶりだす!」と公言しました!

ポイントはその当時の問題となった追加融資時点で誰がどのように関わっていたかですよね。

大和田は当時、この件に関してまったく関わりのない立場のはず。

紀本はニューヨーク支店にいたはず。

となると、このふたりが帝国航空の再建に関わっていたとは考えにくいですね。

そして曾根崎が「あなたの指示」と言ったのが目の前にいる相手とは限りません。

さらに曾根崎が念を押されても口を割る事ができない相手となると…?

 

大和田は気づいている?

紀本・大和田に帝国航空側のミスである事を再確認されたシーン。

「あなたの指示で…」と心の中で思う曾根崎に対し、大和田がうっすらうなずいているように見えます。

そして頭取の前で曾根崎が裏切りを暴露されたシーン。

誰に指示されたか問い詰められる曾根崎に「ただ?ただ?ただ?ただ?ただ?」と追い込むような態度をとります。

そして何も言わせず土下座に持って行きますよね。

これらがそのまま裏切り者=大和田と言うわけではなく「すべては頭取をお守りするため」というセリフにつながっているとしたら…?

紀本は気づいていないとしても、大和田は頭取が政府とつながり裏切っているとどこかで感づいているのだとしたら?

この大和田の言動が、頭取が裏切り者である事を証明しているように見えませんか?

 

箕部と中野渡頭取のつながり

さらに9月20日放送回で半沢が確信を持つ事になった”銀行の情報を誰が政府に流しているのか”について。

黒崎の言葉から伊勢志摩ステートから箕部への金の流れ問題が明らかとなりましたね。

箕部が安価で買った土地に伊勢志摩空港を誘致した事、そして伊勢志摩ステートから箕部に金が流れた事。

その証拠はあの手この手で隠され、それを追っていた半沢はあと一歩のところで箕部の手に渡ってしまった事を知ります。

箕部に証拠を渡したのはなんと中野渡頭取。

さらに頭取は、半沢に帝国航空の担当から外れるよう命令したんです。

政府とつながっていたのはやはり頭取だったのでは?という疑惑をさらに強める事になりましたね。

 

大和田と紀本常務は仲間?

大和田と紀本常務は仲間なのでは?という意見もたくさんありました!

ツイッターの声をまとめます。

半沢を推薦したのは大和田だし、何より銀行を裏切るタイプではなさそう。

巨大組織で生き残らなきゃいけない人たち(特にあとがない大和田)は私怨はあっても銀行を裏切りはしないはず。

紀本ってニューヨークにいたんだから黒幕設定には無理あるよね?大和田はなんなら一周まわって半沢の事すきだよね?笑

紀本か、大和田かってやたら「二択」を迫ってる時点でもうミスリードさそってるとしか思えない。

大和田ではない、紀本常務でもない、となると…と考える人も多いようですよ。

 

まとめ

「半沢直樹2黒幕の犯人は中野渡頭取?大和田と紀本常務は仲間かわかりやすく解説」と題してまとめて来ました!

これまでさまざまな悪事が暴かれ、裏切り者は裁かれて来ました。

半沢はついに「1000倍返しだ!」と宣言しています。

・帝国航空再建で改ざんを行った(指示した)のは頭取

・大和田、紀本常務はそもそも改ざんに関われなかった

・黒幕(犯人)は曾根崎が口に出せない人物

そして「頭取が箕部にとって不利益となる証拠隠滅に手を貸した」という事実。

これらがポイントとなるのではないでしょうか?

ギリギリまで真相について確信がもてないところがおもしろいですよね!

黒幕は大和田派、紀本常務派だった方も頭取があやしいかも…という視点で見るとさらに違った楽しみができるはずです。

半沢直樹2の犯人についてネタバレ考察して来ましたが、あなたは誰だと思いますか?

-半沢直樹
-, , ,

© 2020 動画ジャパン Powered by AFFINGER5