ドクターX2021ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ考察と感想!

ドクターX

ドクターX2021ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ考察と感想!

「ドクターX2021ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ考察と感想!」と題してドラマ最終回をネタバレ考察します!

米倉涼子さん主演ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」が2021年に戻って来ると言われています。

今回はどんな終わり方になるのか、最終回のあらすじと結末を予想して行きましょう!

ドラマの感想は面白いのか、それともつまらないという声もあるのかリサーチします。

 

ドクターX2021ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ考察!

 

これまで「ドクターX ~外科医・大門未知子~」は6シーズンに渡りドラマ化されて来ました。

2012年 シーズン1
2013年 シーズン2
2014年 シーズン3
2016年 スペシャル
2016年 シーズン4
2017年 シーズン5
2019年 シーズン6

引用出展:Wikipedia

 

第1シーズンでは医師らしからぬいでたちで大学病院へと現れた大門未知子に驚かされた事に始まりましたよね。

「私、失敗しないので」という名言と共に、最終回での毒島(伊東四朗さん)との確執がハッキリとするかたちで最終回を迎えました。

第2シーズンでは、失敗確実といわれた数々の手術を成功させる事で、大門未知子の手腕が際立ちます。

そんな未知子が初めて手術に対してためらいを見せる姿が最終回で見られましたよね。

第3シーズンでは未知子はフリーランスになっていました。

ラストでは緊急搬送された患者と、あとから来た医学会の大物患者との間で未知子が板挟みになります。

黒須(ビートたけしさん)が助け船を出してくれるという意外な結末を見せたスペシャル版。

続く第4シーズンでは蛭間(西田敏行さん)が院長を務める大学病院で未知子が奮闘します。

そんななか、中国では財閥が日本の有能な医師を引き抜く計画を立てていました。

第5シーズンでは東帝大学病院の女性院長・まどか(大地真央さん)に呼び戻されます。

ところがラストで発覚したのは大門道子の余命3ヶ月という衝撃的すぎる事実でした。

そして前作第6シーズンでは、“孤高の天才外科医”として復活した大門未知子の姿が見られましたよね。

AIシステムの導入という現代的な問題に直面します。

2021年の第7シーズンではおそらくこの「AI」がキーワードとなりそうです。

 

最終回あらすじ

シリーズ7作目となる2021年の「ドクターX ~外科医・大門未知子~」では、AIに人間が劣る点が次々発覚しそうですね。

そんな中でも、「どうしても人間でないと対応できない問題」で未知子が活躍するのではないでしょうか。

 

ドクターX2021ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ考察と感想!

最終回の結末にどんな声が集まるのか、これまでのシリーズ作品への感想から予想して行きます!

大門未知子の名言がまた聞けるのが待ち遠しいですね!

まとめ

「ドクターX2021ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ考察と感想!」と題してまとめて来ました。

一匹狼として活躍して来た大門未知子でしたが、自身が病気になり余命を感じた事で、どことなく変わって来たような気がしませんか?

第7シーズンではどんな最終回あらすじになるのか、その結末考察も楽しいですよね。

ネタバレしても何度でも見たくなる未知子の名言が復活するのも楽しみです。

「ドクターX2021ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ考察と感想!」でした!

-ドクターX

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5