悩み解決!あなたに喜ばれる最新の役立つ情報を

エンタメジャパン

コロナで電車通勤や移動が怖い!乗りたくない人の感染対策|ドアと座席どっちが危険?

新型コロナウイルス

コロナ満員電車乗りたくない!電車通勤の怖いリスク|電車移動や座席で空いてる場所は?

更新日:

新型コロナウイルスでついに東京でも死者が出た事でますます危険を感じ、電車通勤や電車移動が必要だけどリスクが怖い、できることなら電車乗りたくない!

と不安を感じる人がさらに急増する事が予想されます。

電車通勤している人にとって、いくら予防法や感染対策に気を付けていても、多くの人が乗り降りする満員電車の通勤時間はやはり怖いですし、仕事以外でも電車移動は毎日の生活で避けられない移動手段です。

感染経路が分からない人がコロナで肺炎にかかってしまっている以上、

「コロナリスクが怖いから電車乗りたくない」

「新型コロナウイルスの肺炎の危険があるうちは電車移動を避けたい」

そう思う事は必然だと言えるのではないでしょうか。

それでも電車移動がどうしても避けられない人のために、各鉄道会社の感染対策と予防法、電車に乗るときにより危険な乗車位置は座席とドア付近のどっちなのか、その理由について解説します。

現在では政府が時差通勤を勧めるなど、なるべく空いてる時間に電車移動するように、どうしても必要でない限りは外出すら自粛するようにと通達がありましたよね。

外出を控えるのは難しいですが、感染リスクをできるだけ下げるために、満員電車に乗る時の場所はドア付近と座席付近ではどちらを選ぶべきなのでしょうか?

 

コロナ満員電車乗りたくない!電車通勤の怖いリスク|対策は?

感染経路が不明な感染者が出て来た事により、学校などでは休校や行事を変更する、登校時間を遅らせラッシュ時を避けると言った対策を講じる自治体が増えて来ました。

休めれば一番安全なのかもしれませんが、会社はそうも行かないですよね。

実際に電車通勤している人たちからは、電車が怖い!乗りたくない!と言った声が多く上がっていますが、だからと言って電車を避けた通勤や移動へとすぐに変更できる人ばかりではありませんよね。

各鉄道会社もできるだけ感染を防ぐべく、ホームページで感染防止について呼びかけています。

・マスクの着用をはじめとした対策を推進

・咳エチケットや手洗いなどの感染予防に加え、オフピーク通勤の推奨

・係員のマスク着用

・主要駅へアルコール消毒液の設置

・駅設備や電車内の定期的な消毒

このような対策は各社行っている事がホームページで掲載されています。

22日にはJR東日本の社員が感染確認された事もあり、首都圏の大手鉄道各社では乗客と接する駅員や乗務員に原則マスク着用の指示を出した事はニュースでも報道されましたよね。

咳エチケットに加え、時差通勤やテレワークなどをすすめるアナウンスやディスプレイを通勤中に見聞きした人も多いのではないでしょうか。

 

コロナ満員電車乗りたくない!電車通勤の怖いリスク|電車移動や座席で空いてる場所は?

電車に乗らざるを得ない人にとっては、危険は承知のうえでそれでも電車に乗らないと出勤できない!と悲痛な声も聞こえて来ます。

政府が勧める時差出勤ですが、平日の空いてる時間は通勤ピークがおさまる9時半過ぎからではないでしょうか。

逆に避けたい時間は8時前後で、9時になるとだいぶ混雑度は緩やかになってきますが、それでも人が多いのは変わりません。

9時半から10時を過ぎる頃には混雑が回避されて電車内の移動もできるため、近くに咳をしている人がいたり、人が多過ぎる車両だったらすぐに移動することもできますよね。

では、感染予防として車内で避けたい場所やおすすめの場所はどこなのでしょうか?

 

 

電車移動で危険な場所はどこ?

空気中に浮かぶ「エアロゾル」と言うとても小さな粒子によるウイルス感染があり得ると言う見解が出た事で、空気中にウイルスが漂っているのなら電車内での感染は避けられないのか?!と思った人も多いのではないでしょうか。

そこで気になるのが、危険な電車内でもより安全だと言える場所はどこなのか?と言う事ですよね。

結論から言うと、「ドア付近と座席付近ではドア付近の方が感染リスクが高く危険である」と言う事が実験により明らかとなりました。

その理由を詳しく解説して行きます。

 

コロナウイルス「パンデミック宣言」あなたが思うよりも危険な意味とは?

 

座席よりドア付近の方がリスク高い?

電車内でのウイルス拡散の研究により、ウイルスの拡散には空調が大きく影響する事が分かりました。

ウイルスは下に下がろうとする性質がありますが、満員電車など人が密集していると下がれないウイルスが空調の風にのって頭上の空間にたまって行く事になります。

その結果、目や鼻に触れる事となり感染するリスクが高まると言うのです。

では座席付近はどうでしょうか。

ドア付近に比べると、立っている人が少ないため感染リスクが低いと言えます。

さらに座席に座った場合、人数が制限されている事から立っている人よりも密集しません。

ウイルスが下へと落ちて行く隙間があるため人に触れにくく、そのためさらに感染リスクが下がる事になります。

座席に座る→座席付近で立つ→ドア付近と言う順でより危険度が上がると言う事がウイルスを使った実験により検証されました。

できるだけ人と人との間に空間ができる場所の方が、比較すると安全であると言う事ですね。

より感染リスクが低い乗車位置は座席付近である、と言う事はぜひ頭に入れておいてください。

コロナ対策でテレビ放映されたダチョウ抗体マスクに注文殺到?

 

コロナ満員電車乗りたくない!電車通勤の怖いリスク|電車移動や座席で空いてる場所は?まとめ

予想を上回る感染拡大に、電車通勤や電車移動のリスクが怖い、電車に乗りたくないと言う声が急増している新型コロナウイルス。

コロナの感染対策は各鉄道会社で推進しているものの、なかなか安心できるだけの予防法や感染対策はいまだ確率していません。

新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなる人は全世界で増え続け、その危険性はいくら感染対策をしていても怖いものがありますよね。

リスク怖いから電車乗りたくないと思っていても、電車通勤が必須で電車移動が避けられない人は、予防法として乗車位置に気を付けてみてください。

マスクはもちろんのこと、つり革にさわった後は消毒するなど、感染対策をできる限りする事で、少しでもコロナによる肺炎のリスクを下げられるように意識していきましょう!

コロナウイルス子供の外出禁止?子連れ出勤や外出先での対応ガイド!

-新型コロナウイルス

Copyright© エンタメジャパン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.