珈琲いかがでしょうドラマ最終回の結末ネタバレあらすじを解説!

珈琲いかがでしょう

珈琲いかがでしょうドラマ最終回の結末ネタバレあらすじを解説!

「珈琲いかがでしょうドラマ最終回の結末ネタバレあらすじを解説!」と題してお届けします!

注目のドラマ「珈琲いかがでしょう」の結末ラストが気になりますね。

ドラマの最終回、ラストで青山と志麻の身に何が起こるのか、移動珈琲店はどうなってしまうのか、結末のネタバレ解説です。

あらすじを知りたい人はぜひチェックしてくださいね!

 

珈琲いかがでしょうドラマ最終回のあらすじを解説!


青山を追いかけていた謎の男・平さんの目的は、青山にある住所を教えるためでした。

その住所には、”タコさん”と呼ばれたホームレスの男性の孫が住んでいるといいます。

実は青山は荒れた生活をしていた時にタコさんと出会って美味しい珈琲を淹れてもらったことがきっかけで、珈琲の道に進んでいたのです。

その後タコさんは亡くなられ、タコさんを奥さんと同じお墓に入れてあげたくて、青山は親族を探していました。

しかし、書かれていた住所はすでに空き地となり、情報が途絶えてしまった矢先、偶然に孫に出会います。

孫からタコさんの奥さん・幸子さんがまだ存命だということを知って、自宅を訪ねることが出来た青山。

幸子さんと話す中で、タコさんが話していた移動の珈琲販売店という夢は、幸子さんの夢だったこと。

そして、幸子さんの夢をタコさんが青山に話し、青山がその夢を実現させたという事実が明らかになりました。

その話を知った幸子さんは「タコさん一緒にお墓に入ろう」と涙しました。

幸子さんの家を訪れる前、平さんとは別に青山を追っていたヤクザの三代目が現れ、追っていた理由が判明します。

三代目は泣き虫でいじめられっ子だった時に青山と出会い、とても懐いていました。

しかし、青山が三代目の親である二代目と権田組組長を刺してしまい、さらに逃げてしまったことを恨んでいて、青山を追いかけていました。

最終回で三代目が知る事実とは…?

※結末ラストはこのあとご紹介します!

 

珈琲いかがでしょう最終回あらすじへの反応

最終回ネタバレを知るファンの声を見てみましょう。

最終話で泣けた、最後の結末が良かったという声が多いですね。

あらすじを見て来ましたが、このあとにどんな結末が待っているのかネタバレします!

 

珈琲いかがでしょうドラマ最終回の結末ネタバレを解説!

続いて、結末のネタバレです。

三代目が知った衝撃の事実、それは「青山は先代を刺した犯人ではない」と言う事。

一体どういう事なのか、結末をどうぞ。

 

結末ネタバレ


実は「二代目と権田組組長が三代目のことで諍いを起こし、お互いに刺して亡くなった」というのが真相でした。

たまたまその場に居合わせた青山は、組同士の報復合戦が起こって三代目が巻き込まれることを危惧して、罪を被ることに…。

三代目にとってこれまでずっと親の仇だと思っていたのが青山です。

真実を知った三代目は「うそだ…」と涙を流したのでした。

この最終巻の内容から、珈琲店のポットなどにタコがデザインされている理由が明らかになりました。

青山さんは珈琲と出会えた感謝や尊敬を込めて、タコのデザインを使っているのでしょうね。

また、青山さんが周りの人のことを考えて行動していることもよく分かるエピソードもありました。

衝撃的な展開ではあるものの、青山さんらしさも感じられました。

この結末については、こんな声がありました。

いい意味で裏切ってくれる

これまでの伏線回収がすごい!

伏線回収という気になる言葉が出てくる通り、想像以上の展開になっていますね。

ドラマ最終回でも同じあらすじ・結末になるのか楽しみですね!

 

まとめ

注目のドラマ「珈琲いかがでしょう」の結末ラスト。

最終話では予想以上の展開になり、青山さんが移動販売の珈琲店を始めた理由や青山さんの過去が明らかになっていく事が考えられます。

また青山さんがこれまでに出会った人々のその後と、新たな出会いも描かれるのではないでしょうか。

「珈琲いかがでしょう」は、一杯の珈琲でお客さんの悩み解決の糸口を見つけるというスタイルながら、社会の闇を的確にとらえて描かれているのも特徴です。

結末のネタバレやあらすじを紹介しましたが、どの話がドラマに採用されるのか、またはオリジナルストーリーが作られるのか、ドラマの最終回はどうなるかなど、気になる事がたくさんあって、待ち遠しくなりますね。

以上、「珈琲いかがでしょうドラマ最終回の結末ネタバレあらすじを解説!」と題してお届けしました。

-珈琲いかがでしょう
-, , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5