珈琲いかがでしょうドラマ最終回の結末ネタバレあらすじを解説!

珈琲いかがでしょう

珈琲いかがでしょうドラマ最終回の結末ネタバレあらすじを解説!

「珈琲いかがでしょうドラマ最終回の結末ネタバレあらすじを解説!」と題してお届けします!

ついに最終回の第8回目となった、ドラマ「珈琲いかがでしょう」がどんな結末ラストを迎えるのか気になりますね。

ドラマの最終回では青山と志麻の身に何が起こるのか、そして移動珈琲店はどうなってしまうのか、結末のネタバレ考察です。

最終回でキーマンとなる”ぼっちゃん”とは青山が手にかけた(とされる)組長の息子、現三代目に注目ですよ!

漫画とドラマの違いを含めたあらすじネタバレを知りたい人は、ぜひチェックしてくださいね!

 

珈琲いかがでしょうドラマ最終回のあらすじを解説!

「珈琲いかがでしょう」は一杯の珈琲で、お客さんの悩み解決の糸口を見つけるというスタイルですよね。

実は、社会の闇を的確にとらえて描かれているのが特徴とも言われているんですよ。

実際にドラマを見た人からは「知っている珈琲いかがでしょうと違う」という声も出ているのですが、実写ドラマではどんな結末を迎えるのかとても気になりますよね。

まずは最終回のあらすじネタバレから見ていきましょう。

第8回目タイトルは「暴力珈琲・ポップ珈琲」です。

先に最終回の結末が知りたい方は、ハンカチを用意してからこちらをどうぞ!

 

最終回あらすじ①

青山が珈琲の道に進むきっかけになったのは、荒れた生活をしていた時にタコさんと出会って美味しい珈琲を淹れてもらったことでした。

平は”タコさん”と呼ばれたホームレスの男性の孫の住所を教えるため、青山を追いかけていたんですよね。

実は亡くなったタコさんを奥さんと同じお墓に入れてあげたくて、ずっと親族を探していたのです。

しかし、教えられた住所はすでに空き地で情報が途絶えてしまった矢先、偶然にも孫と出会います。

孫からタコさんの奥さん・幸子さんがまだ存命だということを知り、青山は自宅を訪ねました。

そこに突如現れたのが三代目こと”ぼっちゃん”です。

 

最終回あらすじ②ぼくだけのとらもん

17にもなれば分別がつくだろ、と青山はぼっちゃんに容赦ない対応をします。

「お前が裏切ったのが悪いんだ!」と言う三代目に対し、実は二代目は最期まで息子を守ろうとしていた事が語られました。

いつも忙しく、自分に目もくれず、一切かかわってくれない父だと思っていた三代目。

ところが、青山から常に息子の近況を聞いていたんですね。

しかも「倅は俺の意思を継いでいける器がある」と、青山に対しては親バカ全開です。

そんな二代目の気持ちを守りたかったのが青山だったんです。

 

最終回あらすじ③とらもん取り合い

「他の誰かに組を任せるなんてできるか!なめるな!」

そう言う三代目に昔の姿を重ね合わせた青山は「すみません、三代目」と頭を下げました。

青山にとっては成長が頼もしく感じられたのでしょうね。

ところが、もう兄貴分を恨んでるフリしなくていいぞと言われたぺいから兄貴への愛が語られ始めます。

これには三代目も負けじと言い返します。

そこへまさかの垣根が割り込み、謎のマウント合戦が始まりました。

 

最終回あらすじ④さっちゃん

垣根の運転で青山とぺいを乗せた車は、”タコさんの親戚”の元へと向かいます。

青山が大事そうに持っていたのは、タコさんの喉仏の骨でした。

ちなみに、垣根さんはその昔「峠でならしていた」経験があるそうですよ…

納得ですね。

3人がたどりついた古民家では、孫と思しき女性が出て来ました。

おじいちゃんなんていませんと言い切っていたものの「珈琲」という言葉を聞き招き入れます。

家にいたのは年配の女性でした。

ゆっくりと美しい所作でその女性は珈琲を入れてくれます。

 

最終回あらすじ➄消えてしまったタコさん

「タコさんに珈琲の淹れかたを教えたのは私ですもの」

そう言った女性に、青山は例の骨を差し出します。

「きっとたくさんの珈琲がこの喉仏を通ったのでしょうね」と話す女性は、タコさんがポップに生きていた事を聞き、幼馴染であった事を教えてくれました。

病弱だったために離れで過ごす事が多かった女性・さっちゃんは、一回りも歳のはなれた地主のところへ嫁がされる事が決まってしまいました。

こまめに足を運び励まし続けていたのはタコさんです。

タコさんはプロポーズに成功し、2人は幸せに暮らし始めたんです。

2人の間には子供が産まれたのですが、さっちゃんの身体は悪くなっていく一方でした。

タコさんはお金を借りようとさっちゃんの実家へ頭を下げに行きますが、足蹴にされただけでした。

そしてそのまま、さっちゃんの前から姿を消してしまったんです。

 

最終回あらすじ⑥小粋でポップ

タコさんはひとりで逝ってしまった…

そう言われて、今度は青山がタコさんの事を語り始めます。

タコさんはいつも人に囲まれていて、決してひとりではありませんでした。

そして、「珈琲の移動販売店」というのはタコさんだけではなく、さっちゃんと2人の夢だった事が分かります。

一緒のお墓に入りましょうというさっちゃんは、喉仏の骨を砕くと珈琲に入れて飲みます。

これでタコさんはもう私の一部だ、と。

タコさんとさっちゃんの2人にとってはこれが「小粋でポップ」なのでしょうね。

青山の淹れた珈琲を「タコさんの珈琲の味がする」というさっちゃん

「おい、タコじじい…」そう言って一口珈琲を飲んだ青山でした。

 

エピローグ

立派に家業を継いだ三代目の姿もありました。

もっと立派になったらとらもんの店に行くんだと言う三代目、プロポーズするつもり(!?)のようですよ。

青山とぺいは、今日もタコさんマークの珈琲移動販売店で出店しています。

「珈琲ください」そう言って現れたのは垣根です。

「はい、喜んで」と答える青山でした。

 

珈琲いかがでしょうドラマ最終回の結末ネタバレを解説!

それでは、気になる最終回の結末ネタバレです。

三代目が知った衝撃の事実、それは「青山は先代を刺した犯人ではなかった」と言う事。

一体どういう事なのか、解説します。

 

結末ネタバレ

実は「二代目と権田組組長が三代目のことで諍いを起こし、お互いに刺して亡くなった」というのが真相でした。

青山はたまたまその場に居合わせただけだったんです。

二代目も権田組組長もどちらも自分が裏切り、さらに金を横領し逃げた事にしたのはもちろん他ならぬ三代目、そして息子を想う二代目の気持ちを守るためでした。

三代目はこれまでずっと、青山を親の仇だと思っていました。

ちなみに、意外にもこの事実に三平は気づいていたんですよ。

さらに皆さん気になっている青山の右手についても最終回の結末で分かりましたね。

 

右手の秘密は?

青山はの右手は、自らの手によって一連の事件の落とし前がつけられていました。

真相は「二代目が三代目を想う気持ちを守りたかったから」です。

しかもよく見ると、青山の右手に巻かれている布はタコさんがいつもかぶっていたあの布なんですよ。

この2本欠けたタコは「タコさんの意思を継ぐ自分自身」という意味なのでしょうね。

青山は珈琲と出会わせてくれたタコさんへの感謝や尊敬を込めて、色々なものにタコのデザインを使っている事も最終回で分かります。

三代目が報復合戦に巻き込まれないように罪を被った青山の行動は、なんとも青山らしさを感じるエピソードですよね。

 

青山と垣根の関係は?

2人の関係がどうなっていくのか気になっていた方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、2人の関係にこれと言った変化はありませんでした。

青山に興味津々な垣根ちゃんの一方通行な気持ちならなんとなく想像がつくキャラクターですよね。

では果たして青山はどうなのでしょうか。

実は、青山の過去の仕事である「清掃業」が実は大きな声では言えない仕事である事は垣根ちゃんにもバレてしまいます。

「気付いてますよね、垣根さん。俺が昔やってたのがまともな清掃業じゃないってこと」

ある時青山が垣根ちゃんにそう言うんです。

すると「はい」という答えが返って来ます。

さらに垣根ちゃんは言いました。

「でも今は珈琲屋さんです。昔のことはわからないですけど、今は素敵な珈琲屋さんです!」

これまでの仕事がかなりブラックだった事を明かし、巻き込んでしまった事を謝る青山は、当時出会った”タコさん”というホームレスの事を話し始めます。

「どうせなら小粋でポップに生きてえ」と明るく笑い珈琲を青山に教えたタコさんは、道端で最期を迎える事になってしまいました。

青山がこのタコさんの骨を奥さんと同じお墓に入れてあげたいという思いあっての「珈琲の移動販売店」だった事が分かるんです。

 

好きなのはどっち?

こう言った青山の過去を受け入れ、変わらず純粋な目で見つめ続ける垣根ちゃんに対する青山の気持ちが分かるのが三平の言葉です。

「脈がねえわ」

そうなんです、好意を寄せていたのはむしろ青山の方!

漫画では女性遍歴についてバラされそうになって尋常じゃない汗をかいたり、垣根ちゃんの誤解だったものの「私、生娘じゃないんで」という爆弾発言に倒れたり…

と、分かりやすいベタぼれっぷりを見せていきますよ。

ちなみに垣根ちゃんから何度か「好きです」という言葉が飛び出しますが、「青山さんの珈琲が」という意味だった、というオチです。

最終回のあともまだストーリーが続いて行くとしたら、垣根のようなタイプには直球ストレートしか効かなそうなので長期戦になりそうですね。

 

ドラマ結末の違いは?


実は元の「珈琲いかがでしょう」とは違う結末になるかもしれない、という声が広がっていたんです。

その理由がここまでで分かったドラマ版の違いです。

例えば垣根ちゃんのモットーが「義理と人情」だったのに対しドラマでは「丁寧と誠実」で、しかも「祖父ゆずり」のはずが「祖母ゆずり」になっていました。

「祖母ゆずり」に関しては、「任侠映画好きな祖父」という設定がドラマ向きに変更されているように感じられますね。

たしかに「祖母が書道教室の先生で~」という方がいいのかもしれません。

これを踏まえると、「指を2本落とした」という描写はなく想像に任せる…というぐらいのニュアンスになりそうです。

また、垣根ちゃんが後輩の馬場ちゃんに言い返したところも元のあらすじにはありませんよね。

実はこの「違い」がちょっと賛否が分かれた部分でもありました。

 

感想は面白い?つまらない?

タコさんとさっちゃんの愛、ぺいや三代目ぼっちゃんから青山への愛、垣根から青山の珈琲への愛、そして青山からタコさんへの愛や二代目、三代目への愛。

たくさんの愛のかたちが見える結末となりましたね。

珈琲いかがでしょうドラマ再放送いつから?全何回の何話でいつまでかも紹介!

 

まとめ

最終回は予想を上回る展開になり、青山が移動販売の珈琲店を始めた理由や知られざる意外な過去も明らかなりました。

ドラマの結末ネタバレやあらすじ考察を紹介しましたが、どんなあらすじがドラマ最終回に登場するのか注目していた方も多かったようですよ。

なんと最終回の開始時間前からツイッターでは「珈琲いかがでしょう」がトレンド入りしていたんです!

ドラマならではのアレンジが加えられている事が分かりましたので、結末への期待が集まっていたのですね。

以上、「珈琲いかがでしょうドラマ最終回の結末ネタバレあらすじを解説!」と題してお届けしました。

-珈琲いかがでしょう
-, , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2021 動画ジャパン Powered by AFFINGER5