10万円給付大阪の申請書類いつ届く?郵送の申請方法や届かない時の問い合わせ先!

10万円給付・定額給付金

10万円給付大阪市の申請開始日は?マイナンバーカードない人オンライン申請間に合う?

「10万円給付大阪市の申請開始日は?マイナンバーカードない人オンライン申請間に合う?」と題してお届けします。

10万円給付の申請書類発送に向けて、各自治体が動き始めています。

大阪府のように、人口の多い大都市圏では、申請書類がいつ届くのかという問い合わせが殺到しています。

郵送での申請方法や申請書類が届かない場合の問い合わせ先について気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、大阪府の10万円給付申請書類がいつ届くのか、郵送での申請方法はどのように行うのかについて詳しく解説していきます。

後半部分では、申請書類が届かない場合の問い合わせ先についても紹介していますので、是非参考にしてください。

 

10万円給付大阪市の申請開始日は?申請書類いつ届く?

総務省が出している特別定額給付金に関する各市町村ごとのデータによると、大阪市は現在準備中となっています。

その中でも大阪府千早赤阪村は、早速準備が進められており、5月1日中には全世帯に申請書が届くよう、町の委託スタッフを通じて申請書配達が行われています。

そのため、大阪府千早赤阪村をはじめとして準備の早い自治体であれば順次申請書が届き始めており、他の地域もこれを追いかける形で急いで準備作業に追われているようです。

他の地域の平均的な到着日に比べて、自分の住む自治体の申請書到着があまりに遅いと、不安になってしまいますよね。

自治体ごとに時間差をなるべくなくすためにも、遅くとも5月中には申請書が各世帯へ届けられているものと予想されます。

5月1日の最新情報で、大阪市が5月22日以降に順次、申請書を郵送していくと発表しました。

また、オンライン申請は5月中旬から受け付けると告知しています。

はっきりとした日程が発表されていないことから現在も審議中であり、大阪市町村のお住まいの地域の準備の進捗状況によって日付が前後するものと推測されます。

 

10万円給付の郵送やオンライン申請方法は?


原則として申し込み方法は、次の2通りあります。

郵送申請方式→市区町村から受給権者(世帯主)あてに郵送された申請書類を返送する。

オンライン申請方式→マイナポータルからマイナンバーカード を活用して電子申請する。

*マイナーポータルとは、政府が運営するオンラインサービスで、行政手続がワンストップでできるほか、行政機関からのお知らせを確認することができます。

②のオンライン申請方式が、マイナンバーカードを所持していれば、申請書がなくても申請できる方式ですね。

マイナンバーカードをお持ちであれば、オンライン申請を行うことができます。

総務省によると、オンライン申請で申請を行う場合、マイナンバーカードを所持していれば申請書が手元になくても申請できると発表しています。

参考 総務省HP https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html#gaiyo

実はそこで増えているのが、マイナンバーカードを持たない人が、今からカードを作成しようとする動きです。

今からでも間に合うのでしょうか。

 

10万円給付でマイナンバーカードない人はオンライン申請間に合う?


10万円給付の受け取りを早くしたいと考える人が多くいるのが現状ですが、今からマイナンバーカードを作成して、それから定額給付金の申請を行うことは可能です。

しかし、そのせいで駆け込みで窓口へ行く人が増えており、三密が懸念されているんです。

通常、1日の間でマイナンバーカードを申請する件数は2万5000件程度。

しかし定額給付金が発表された以降の4月20日には4万件近く、翌日には5万8000件以上と、膨大な伸びをみせており、明らかに定額給付金の申請のためにマイナンバーカードを作成しようとする人が増大していることがわかります。

ここで注意したいのが、定額給付金の申請には間に合うものの、今からマイナンバーカードを申請したところで郵送手続きの人より早くなるとは限らない、ということです。

というのも、マイナンバーカードの発行は窓口で申し込みを行ってから約1ヶ月もの期間を有するからなんです。

今からカードを作ろうと思っていた方は、窓口での三密の不安など、色々な条件を踏まえて考えた方が良いかもしれませんね。

 

10万円給付大阪市の支給日いつ?


大阪で現在支給日が発表されている地区を見ていくと、郵送申請の場合は、一番早い支給開始日が5月9日〜15日、一番遅い支給開始日は6月20日〜6月26日です。

オンライン申請の場合は、一番早い支給開始日が5月9日〜15日、一番遅い支給開始日は5月30日〜6月5日でした。

オンライン申請の方が支給受付が早い傾向にあります。

この状況を見ていく限りでは、最長でも6月下旬には、支給開始になるかと思われます。

また、5月1日現在発表されている内容で、大阪市はオンライン申請の受付後に早くて6月上旬から受け取りができるようになることを告知しています。

郵送で申請の場合は、オンラインより1~2週間後の6月中旬に支給が始まる見込みであると、新型コロナ対策本部会議にて説明しています。

ただし、支給開始日が早い自治体にお住まいだったとしても、肝心の申請手続きが済んでいなければ実際に受け取れる日は遅くなってしまいます。

まずは支給日が各自治体で確定される間、無事に申請ができるように申請手順を確認しておくことが大事です。

 

10万円給付の申請締め切りはいつまで?

申請の締め切りは、郵送申請方式の受付開始日から3か月以内です。参考:総務省HP

そのため、各自治体によっても締め切り日が異なってくる可能性があります。

細かい日時を確認していくのも大変ですので、申請書が届き次第、忘れないうちに手続きをしておいた方が良さそうですね。

 

10万円給付の申請書届かない時の問い合わせ先はどこ?


申請書が届かない時の問い合わせ先はこちらです。

電話番号:03-5638-5855
受付時間:9:00~18:30(土、日、祝日除く)

10万円給付に関する問い合わせは、こちらの電話番号でしか受け付けていません。参考:総務省公式

万が一申請書が届かなかった場合は、必ず上記の電話番号へお問い合わせするようにしましょう。

過去、2009年のリーマンショック時に配布された特別定額給付金の時には、宛先不明で申請書が返送されたケースもあります。

住んでいる住所が違う方は、新しい住所を届け出ているか今一度確認しておきましょう。

 

10万円給付大阪市の申請開始日は?マイナンバーカードない人オンライン申請間に合うかまとめ


今回は、大阪府の10万円給付申請書類がいつ届くのか、郵送での申請方法や届かない場合の問い合わせ先について、詳しく解説しました。

大阪府では、早くも10万円給付の申請書類の準備が進んでいる地域もありましたね。

いつ届くのか、郵送での申請方法について知りたいなどの問い合わせが日々殺到しています。

各自治体で申請書類や支給日発表の準備が進んでいますが、申請書類が到着するまでにご自身が利用したい申請方法を決めておきましょう。

申請方法は郵送とオンライン申請で、オンライン申請に必要なマイナンバーカードの申し込みを今から行う分には間に合います。

しかしカード発行までに1ヶ月を要するため、郵送による申請で受け取ることのできる日時には大差がない可能性や、お住まいの地区によっては郵送手続きより遅くなってしまう可能性もあります。

ご自身のご都合に合わせて申請方法を検討しておきましょう。

また、万が一申請書が届かない場合については、この記事で説明した問い合わせ先を参考にしてください。

全世帯に申請書を届けるために自治体職員の方も準備が整い次第動いていますので、焦らず落ち着いて行動するようにしましょう。

-10万円給付・定額給付金

© 2020 エンタメジャパン Powered by AFFINGER5